画像の変換を表示 view-transform-for-images

イメージが req=img リクエストは、次の値を考慮して、合成イメージから派生します。 wid=, hei=, fit=, scl=, rgn=, attribute::DefaultPix, attribute::MaxPix、および合成画像のサイズ。

次の場合 wid= および hei= が指定され、 scl= ではなく、合成画像は、 wid= および hei=. 表示方向の縦横比が合成画像の縦横比と異なる場合、拡大/縮小された合成画像は、 align= 値を指定する場合は、それ以外の場合は中央揃えにします。 画像データで覆われていないスペースは、 bgc= または、指定されていない場合は、 attribute::BkgColor.

次の場合 scl= を指定すると、合成イメージはその尺度係数で拡大・縮小されます。 次の場合 wid= および/または hei= を指定した場合、拡大/縮小された画像は次のように切り抜かれます。 wid= および/または hei= または必要に応じて余分なスペースを追加します。 align= は、画像を切り抜く場所または余分なスペースを追加する場所を指定し、余分なスペースは bgc= または attribute::BkgColor.

どちらでもない場合 wid=, hei= nor scl= を指定し、合成画像の幅または高さが次の値を超えた場合に、 attribute::DefaultPixを指定した場合、合成画像は拡大/縮小され、 attribute::DefaultPix. それ以外の場合は、合成画像は拡大・縮小せずに使用されます。

これ以上拡大・縮小せずにビュー画像が返されるようにするには、 scl=1.

次の場合 rgn= が指定された場合、返信画像は適切に切り抜かれ、最終的な返信画像のサイズに達します。 このサイズは、 attribute::MaxPix (定義されている場合)。返信画像のサイズがどちらのサイズよりも大きい場合は、エラーが生成されます。

次の場合 fmt= には、アルファを含まないデータを指定します。返信画像の透明な領域は、 bgc= または attribute::BkgColor.

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49