整列 align

テクスチャレンダリングの整列。 選択したビネットオブジェクトで定義された原点のどれを使用するかを指定します。

align=0|1|2|3|4|5|6

0
初期設定(中央一致)の原点です。
1
連続一致の接触チャネル。
2
ランダムな整列。
3.6
ユーザ定義の接触チャネル。

レンダラーは、テクスチャをオブジェクトに適用し、テクスチャのアンカーポイント ( anchor=) は、指定した原点と一致します。

各オブジェクトは、最大で 6 つの原点 (0、1、3、4、5、6) を定義できます。 次の場合、 align 値が指定されていますが、対応する原点がビネットオブジェクトによって定義されていません。既定の (center-match) 原点が使用されます。

align=2 ランダムテクスチャの整列を指定します ( この場合、 anchor= は事実上無視されます。

ほとんどの場合、アパレル生地の場合は、隣接するオブジェクト間のテクスチャの整列を管理するために、表皮材に使用されます。

プロパティ section-350fadc87dcf4812a8a02d1c3d6697a0

材料属性。 壁、キャビネット、アプライアンス、窓のカバーフレームオブジェクトが選択されている場合、またはマテリアルが繰り返し可能なテクスチャでない場合は無視されます。

初期設定 section-3231c2854bae4477836b626ac208dd34

catalog::Alignmentマテリアルがカタログエントリに基づいている場合は、0 (中央一致)。

関連項目 section-945d1ce275df487d9d564d4043156c79

catalog::Alignment , anchor=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49