FullMatch fullmatch

カタログの一致オプション。

カタログエントリは、HTTPリクエストで*rootId*/ *imageId*のペアとして指定されます。 解析時に、*rootId*がカタログのattribute::RootId値と一致する場合にカタログが選択され、*imageId*catalog::Id値が一致すると、カタログレコードが識別されます。 カタログが見つかったが、*imageId*に一致するカタログエントリがない場合、サーバーは次の2つのいずれかを実行できます。

attribute::FullMatchが設定されていない場合、サーバは一致するカタログの属性を使用します。 この場合、*rootId*attribute::RootPath(このカタログで指定されていない場合はdefault::RootPath)で置き換えられます。

attribute::FullMatchが設定されている場合、一致するカタログがないかのように、サーバはカタログを完全に無視し、デフォルトのカタログ属性を使用して処理を進めます。 この場合、*rootId*はパスの一部のままです(default::RootPathの前に付きます)。

プロパティ section-25e021dbe6574d00aadd08a7fa0b6e81

フラグ。 デフォルトの動作の場合は0に、完全一致動作を有効にする場合は1に設定します。

初期設定 section-01c9ea1f1f1d4fd3b5f92799ec8383ff

default::FullMatchから継承されます(定義されていない場合または空の場合)。

関連項目 section-42da0ba53e0b4c089c62108785faf5a9

attribute::RootIdcatalog::Id

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49