ネストされた画像レンダリング要求 nested-image-rendering-requests

高度なアプリケーションでは、レンダリング操作の結果を、画像サービングから取得した画像と同様に、マテリアル画像として使用できます。

レンダリングリクエストは、 src= コマンドを次のように指定します。

…&src=ir{ *renderRequest*}&…

この ir トークンでは大文字と小文字が区別されます。

ネストされたリクエストに画像レンダリングのルートパスを含めることはできません ( 通常は http:// *server*/ir/render/') ですが、前処理ルールトークンを含めることができます。

ネストされたリクエストで ( リクエスト URL または catalog::Modifier または catalog::PostModifier):

  • fmt=
  • qlt=
  • icc=
  • iccEmbed=
  • printRes=
  • req=
  • bgc=

また、無視されます attribute::MaxPix および attribute::DefaultPix ネストされたレンダリング要求に適用されるマテリアルカタログの

ネストされた IR 要求の画像結果は、オプションで cache=on. デフォルトでは、中間データのキャッシュは無効になっています。 キャッシュは、中間画像が別のリクエストで妥当な期間内に再利用される場合にのみ有効にする必要があります。 標準のサーバー側キャッシュ管理が適用されます。 データはロスレス形式でキャッシュされます。

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49