rs rs

レンダリングの詳細設定。 現在の選択範囲のレンダリング時に適用する詳細なレンダリング設定を指定します。

rs= *val*

val
レンダリング設定文字列。

レンダリングの外観を微調整するために使用します。 レンダリング設定文字列を作成するには、ビネットオーサリングツール (Dynamic Media Image Authoring パッケージの一部 ) のレンダリング機能を使用します。

プロパティ section-9a2b2228789046658cb80eddf343af75

材料属性。

初期設定 section-f4751476c3134f16ac6283d6f0c46e47

catalog::RenderSettings をクリックします。

section-47e4811882574441a4d517e42a35f352

画像オーサリングで何らかの実験を行った後、アンシャープマスク (USM) によって、特定のアプリケーションおよびマテリアルに対して適切な量のシャープが提供されると判断されます。 USM を設定するレンダリング設定文字列が rs= このマテリアルで使用するコマンド:

…&rs=U2V20W50X2&…

関連項目 section-930116e735024a008c994547ba36ee40

catalog::RenderSettings

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49