textPath textpath

テキストパス。 textPs=で提供されるテキストのベースラインとして使用するパスを指定します。

textPath= pathDefinition

pathDefinition
Path data.

詳しくは、 clipPath= 追加情報 ( pathDefinition.

NOTE
次と異なる clipPath=を指定した場合、サブパスの末尾に「z」または「Z」が指定されていない場合、テキストパスは自動的に閉じられません。

pathDefinition には複数のサブパスを含めることができます。 指定した順序でサブパスにテキストがレンダリングされます。

RTF コマンド \ql, \qc, \qr, \li、および \ri を使用して、レンダリングしたテキストをパスに沿って配置できます。

プロパティ section-068137df436c46b9b55d271eb60e7285

テキストレイヤー属性 ( textPs= のみ )。 他の画層では無視されます。 適用先 layer=0 指定されている場合 layer=comp. 次の場合は無視 textPs= が存在する。

画層に textPath= および textFlowPath=.

初期設定 section-697b1f2cfc43498080a31327e6eb173d

なし(標準のテキストレンダリング用)。

関連項目 section-3050d8f47e1d4f5c9b474dece45ea93d

textPs= , clipPath=, textFlowPath=, テキストレイヤー

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49