clipPath clippath

レイヤクリップのパス 現在の画層のクリップパスを指定します。

clipPath= *pathDefinition*

clipPathE= *pathName**[, *pathName*]

pathDefinition
Path data.
pathName
レイヤーソース画像に埋め込まれたパスの名前(ASCII のみ)。

レイヤの中で、が定義した領域の外側にある部分 clipPath= は透明にレンダリングされます。

*pathName* は、レイヤーソース画像に埋め込まれたパスの名前です。 パスは、画像コンテンツとの相対的な位置揃えを維持するために、自動的に変換されます。 複数の *pathName* が指定されている場合、サーバはイメージをこれらのパスの交点にクリップします。 任意 *pathName* がソース画像に見つかりませんでしたが、無視されます。

NOTE
では、ASCII 文字列のみがサポートされています。 *pathName*.

*pathDefinition* では、レイヤーのピクセル座標に明示的なパスデータを指定できます。

次の場合 size= が指定され、0,0 ではない場合、レイヤーのサイズが事前設定されます。 この場合、パス座標はレイヤーの長方形の左上隅を基準にして配置され、 origin= またはデフォルト値。 レイヤーの長方形の外側のパスの領域はすべて透明のままです。

次の場合 size= を指定しない場合、レイヤーはパスのサイズが決まる範囲で自己サイズ調整されたと見なされます。 次の場合 origin= を指定しない場合、パス座標空間の (0,0) がデフォルトになります。 このワークフロープロセスは、レイヤー 0 の原点を基準にパス座標を指定することを効果的に可能にします。

NOTE
scale=, rotate=、および anchor= ソリッドカラーレイヤーのセルフサイズに対しては、コマンドは使用できません。

*pathDefinition* は、 d= SVGの属性 <path> 要素を使用します。ただし、値を区切る際には、スペースの代わりにコンマが使用されます。 *pathDefinition* には、1 つ以上の閉ループサブパスを含めることができます。

次のパスコマンドは、 *pathDefinition*:

コマンド
名前
説明
M x,y
絶対移動
x,y で新しいサブパスを開始します。
m x,y
移動相対
L *{ x,y}
絶対線
現在の位置から x,y の間に線を描きます。
l *{ x,y}
lineto 相対
C *{ x1,y1,x2,y2,x,y}
絶対的な
現在の位置から x,y にベジエ曲線を描画します。x1,y1 は曲線の始点の制御点、x2,y2 は曲線の終点の制御点です。
c *{ x1,y1,x2,y2,x,y}
curveto relative
Z | z
closepath
現在のサブパスを直線で閉じます。

大文字のコマンドは、座標値が絶対ピクセル位置(レイヤーの長方形の左上を基準とする)にあることを示します。 ピクセルオフセットは、現在の位置に対する小文字のコマンドに従います。

'm'または'M'は常に新しいサブパスを開始します。 「Z」または「z」が最後に指定されていない場合、サブパスは(直線で)自動的に閉じられます。

サブパスが相対移動 ('m') で始まる場合、次のいずれかに対する相対パスになります。

  • 前のサブパスの開始点(「z」または「Z」で閉じた場合)。
  • 前のサブパスの終点(明示的に閉じられなかった場合)。
  • 0,0(最初のサブパスの場合)

プロパティ section-d4127db0dac54e3cbd44f7ea1e001960

レイヤー属性。 現在の画層または合成画像に適用されます ( layer=comp. エフェクトレイヤーでは無視されます。

修飾子 clipPathE= は、指定した名前のパスがレイヤソース画像内に見つからない場合、またはレイヤソースが画像でない場合は無視されます。

初期設定 section-076c35ea37fa4a44ada253b4c2dec1dd

なし(レイヤーの追加のクリップなし)。

関連項目 section-dd8110fb6f5c45eba6284c5ec5f49056

clipXpath= , textFlowPath= , extend=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49