フォントの処理 font-handling

RTF 文字列で参照されるすべてのフォントは、デフォルトのカタログまたは現在の画像カタログのフォントマップファイルで使用できる必要があります。使用できない場合は、エラーが返されます。

斜体および太字テキストの最高品質は、対応するフォントファイルを登録することで達成されます。 使用できない場合、サーバは標準面から太字や斜体のフォントを合成できます。 ( 詳しくは、 attribute::SynthesizeFontStyles.

指定されたフォントの種類 attribute::DefaultFont は、RTF 文字列で明示的に何も指定されていない場合に使用されます。

画像サービングは、TrueType、OpenType®、Adobe Type1(Windows のみ)のフォントをサポートしています。

関連項目 section-6cb8a802aa044836bbe449d559093f3a

フォントマップリファレンス, attribute::SynthesizeFontStyles, attribute::DefaultFont

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49