pathAttr pathattr

パス上のテキスト属性。

pathAttr= *direction*[, *startPos*[, *endPos*]]

方向
標準 | 逆
startPos
パス上のテキストの開始位置(実際の 0.0...1.0)
endPos
パス上のテキストの終了位置(実際の 0.0...<2.0)。

最初のパス頂点の近くでテキストを描画する場合は norm を指定し、最後の頂点の近くでテキストを描画する場合は reverse を指定します。

startPos および endPos を使用すると、パス上でテキストを描画する場所を調整できます。 0.0 はパス内の最初の頂点に、1.0 は最後の頂点に対応します。中間値は、最初と最後の頂点間のパスに沿った距離を表します。

プロパティ section-80f266da4e2549d89f022a3f9ff4584d

レイヤー属性。 レイヤーに textPs= コマンドと textPath= コマンドが含まれていない場合は無視されます。

startPos は、0 以上 1.0 未満である必要があります。endPos は、開いたパスに適用される場合は startPos 以上 1.0 以下、閉じたパスに適用される場合は(startPos + 1.0)以下である必要があります。

初期設定 section-3e757970885c45e7b6100e78dc08626f

pathAttr=norm,0,1

関連項目 section-b869745de1da4ef996dfda4af39ed14d

textPath= , textPs=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49