フィット fit

応答の画像フィットモード。 尺度係数の計算方法を指定します。この値は、 wid=および hei=および scl=で応答サイズが指定されていない場合に、合成画像を応答画像に合わせて拡大縮小するために使用されます。

fit= *mode*, *アップスケール*

mode
fit|constrain|crop|wrap|stretch|hfit|vfit
アップスケール
0 | 1

以下のモードオプションの説明では、 xScale は、合成画像の幅と応答画像の幅の比率です。 yScale は、合成画像の高さと応答画像の高さの比率です。

パラメータ
定義
フィット
合成イメージを拡大/縮小し、 wid= および hei= 空白を最小限に抑え、切り抜きをおこないません。 応答画像のサイズが wid= および hei= . より小さい xScale および yScale が適用されます。
制約する
次のように合成画像を拡大・縮小します。 フィット それは、と割り当てられた空間に収まるように wid= および hei= が返されますが、実際の応答画像は、 wid= および hei= 空白を避けるため。 より小さい xScale および yScale が適用されます。
切り抜き
最小限の切り抜きと空白を含めずに、応答画像全体を埋めるように合成画像を拡大・縮小します。 より大きい xScale および yScale が適用されます。
まとめる
次のように合成画像を拡大・縮小します。 切り抜き 応答画像全体をカバーするように設定しますが、実際の応答画像は、 wid= および hei= 切り抜きを避けるため。 より大きい xScale および yScale が適用されます。
ストレッチ
合成画像を x と y で個別に拡大/縮小し、切り抜きや空白を含めずに、応答画像全体を埋めます。 通常、これにより画像の縦横比が変更されます。 xScale は水平方向の拡大/縮小に使用され、 yScale 垂直方向の拡大/縮小に使用します。
hit
適用 xScale 画像を水平方向にきつく合わせ、切り抜きや空白が上部や下部に表示されるようにします。 特殊なアプリケーションに役立ちます。
vfit
適用 yScale 左右に切り抜きや空白が生じやすく、画像を縦にぴったりと合わせる。 特殊なアプリケーションに役立ちます。

設定 upscale を「1」に設定するか、「0」に設定して制限します*xScale*および yScale を 1:1 に制限します。 アップスケーリングが無効になっている場合、複合画像が応答画像より小さい場合は、空白が追加で存在する可能性があります。

切り抜きと空白はデフォルトで中央揃えになり、位置は align=. 空白の塗りの色と不透明度は、 bgc=.

プロパティ section-6d7a5a7e18434bca9bc2fdb236af8909

属性を表示します。 現在の画層設定に関係なく適用されます。 少なくとも 1 つの wid= または hei= また、を指定する必要があります。指定しない場合は、エラーが返されます。両方の wid= および hei= は、フィットモードが説明どおりに動作するように指定する必要があります。 次の場合にエラーが返されます。 req=tmb も指定されます。

初期設定 section-3a553b4b29ef447a8331d6954f3f06da

fit=fit,0

関連項目 section-788f7e168da64fc5abf29d971a598b01

wid= , hei=, scl=, align=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49