画像カタログサービス image-catalog-service

画像カタログサービス用に、次のサーバ設定を使用します。

CS::catalog.rootPath — 画像カタログフォルダ section-02d107f157384b18835f884f24fea3aa

画像カタログフォルダの場所 ( ここで、 catalog.ini ファイルを指定する必要があります )。 ファイルの絶対パスまたは install_folder. サーバはこのフォルダを継続的に監視し、( .ini ファイルサフィックス ) が検出されたか、既存のメインカタログファイルの最終変更時刻が変更された場合に検出されます。

CS::catalog.cacheRoot — カタログキャッシュフォルダ section-73e499c3a5974f1aa4251e70272ff503

カタログシステムキャッシュのルートフォルダー。 を PS::cache.rootPaths. この設定を変更する前に、フォルダーを手動で作成する必要があります。

CS::catalog.modificationWaitTime — カタログファイルの解析遅延 section-7348065bcc124cb68ea947bf1b9b0845

カタログサービスが待機する時間(ミリ秒)。 catalog.ini ファイルは、セカンダリカタログファイルが読み込まれるまで変更されます。 この遅延により、すべてのセカンダリカタログファイルが最新の状態に保たれてから、カタログサービスによって読み込みが試行されます。 整数値(ミリ秒)。

CS::catalog.refreshInterval — カタログファイルのチェック頻度 section-517fefc1d8784777a1026abec8630d58

カタログサービスが画像カタログの変更を確認する頻度。 整数値(ミリ秒)。

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49