効果 effect

[ 効果レイヤ ] を選択します。 効果レイヤを選択し、現在のレイヤに関連付けられている要求文字列の新しいレイヤセグメントを開始します。

effect= *n*

n
エフェクトレイヤー番号(整数は 0 に等しくありません)。

新しいセグメント内のすべてのコマンドが、指定したエフェクトレイヤに適用されます。 エフェクトレイヤセグメントは次の layer= または effect= コマンドを使用するか、リクエストの最後に置き換えます。

n は、外側のレイヤー効果(親レイヤーの背後の効果)の場合は 0 より小さい値、内側のレイヤー効果(親レイヤー内の効果)の場合は 0 より大きい値にする必要があります。 エフェクトレイヤー番号は、連続する必要はありません。

同じ親レイヤーに複数のエフェクトレイヤーがある場合、エフェクトレイヤー番号は z 順序を指定します。 高い番号のレイヤーは、下の番号のレイヤーの上に配置されます。

エフェクトレイヤーは次の場所にアタッチできます: layer=comp.

プロパティ section-e11f795deff345779ce280a82cf221ca

エフェクトレイヤーコマンド。 値 n は 0 にはできません。

初期設定 section-84bbe1cfe7a94040827c994323ac59d4

なし

section-adf2fd8edb184803a2603d7b9a6db6da

…&layer=5&src=/myCat/myImage&size=200,200&effect=-1&$shadow$&…

関連項目 section-573273e9e0e64103a5764075f5e50180

layer=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49