テキストの配置 text-positioning

The text= レンダラーは、事前サイズのレイヤーに適用した場合(size=を指定した場合)、textPs=レンダラーとは根本的に異なるテキストを配置します。

自己サイズ設定 text=および textPs= 画層の外観と位置は同じです。

The textPs= 文字セルの上部をテキストボックスの上部に揃えます ( \vertalt) を含め、レンダリングされたテキストグリフの一部がテキストボックスの境界の外側に部分的に広がる場合でも同様です。 特定のフォントのレンダリングされたグリフが、テキストボックスの左右端を少し越えて突出する場合もあります。 レイヤーの長方形内にすべてのレンダリングテキストを含める必要があるアプリケーションの場合、RTF \marg* コマンドまたは textFlowPath= を使用して、テキストのレンダリング領域を調整できます。

これに対して、 text= 必要に応じて、レンダリングされたテキストを移動し、指定したテキストボックス内にレンダリングされたすべてのグリフが完全に収まるようにします。

While text= は、単純なアプリケーションで使用する方が若干簡単な場合があります。 textPs= では、フォント面やテキスト効果に関係なく、正確な位置を指定できます。

section-1b6bdf2ea34447528188ae4e1430ee71

次に、事前サイズのテキストの例を示します。 テキストのサイズ変更の動作が異なります。

Text= 常に上部に狭い余白を提供します:

テキストの配置の例 1 つの画像

/is/image/?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&text=\fs40Normal%20Normal%20Normal

textPs= テキストをテキストボックスの上端に合わせてレンダリングします。その結果、Arial®: ​などの一般的なフォントでも、少しクリップが発生します。

テキストの配置の例 2 つの画像

/is/image/?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&textPs=\fs40Normal%20Normal%20Normal

text= レンダリングされたテキストを自動的に下にシフトし、クリッピングを避けます。

テキストの配置の例:3 つの画像

/is/image?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&text=\fs40Normal%20{\up20Raised%20}Normal

textPs= 浮き出し部分を含むテキストを移動しないので、テキストがレイヤー 0: ​上にある場合は大幅なクリッピングが発生します。

テキストの配置の例 4 つの画像

/is/image?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&textPs=\fs40Normal%20{\up20Raised%20}Normal

上部の 10 pt(200 twips) の余白は、このテキストをクリッピングなしでレンダリングします。

テキストの配置の例 5 つの画像

/is/image?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&textPs=\margt200\fs40Normal%20{\up20Raised}%20Normal

特定のスクリプトフォントのレンダリングされたグリフが、テキストボックスの外側に大幅に拡張する場合があります。

テキストの配置の例 6 つの画像

/is/image?size=230,50&bgc=f0f0f0&fmt=png&textPs={\fonttbl{\f1\fcharset0%20FluffyFont;}}\f1\fs88%20fluffy%20font%20problems

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49