検証 validate

イメージ検証ユーティリティ。 このコマンドラインユーティリティは、画像ファイルが有効であり、画像サービングで問題なく読み取れるかどうかを確認するために画像ファイルを検証します。

画像サーバーでソース画像としてファイルを利用できるようにするには、すべての非 PTIFF 画像ファイルが検証に合格する必要があります。 信頼性が低い可能性があるコピー操作の後は、PTIFF 画像を検証する必要があります。

使用方法 usage

validate *fileType* [ *オプション*] [ *sourceFile* [ … ]]

fileType

-jpeg | -ptif | -any

ソースファイルのタイプ。少なくとも 1 つを指定する必要があります(– any は、IC でサポートされている同じ画像ファイルタイプを許可します)。

オプション
その他のコマンドオプション(後述)。
sourceFile
画像ファイル。 なし、またはスペースで区切った複数の文字列。

戻り値 section-67a7cf7c53144fbb8f24b818f4a10901

成功した場合は 0 を返します。 エラーが発生した場合は、0 以外の値が返され、エラーの詳細がに送信されます。 stderr.

オプション section-9df8334b46cb4e90901505af59e4600e

-fileList listFile
イメージ ファイルのリストを含むテキスト ファイルを指定します。 ファイルごとに 1 レコード。 次の場合 -fileList 次を含む sourceFile を指定しないでください。
-readPixels
画像ファイル全体の検証を有効にします。 デフォルトでは、画像ヘッダーのみが検証されます。
-validatecolorprofile
埋め込みカラープロファイルが有効かどうかを確認します。 デフォルトでは、本文プロファイルはチェックされません。
-reject16BitPerComponent
画像コンポーネントあたり 16 ビットの画像を拒否します。 リモート ソース イメージを検証するときに Image Server によって常に指定されます。
-verbose
画像が無効な場合に詳細情報を出力します。
– サイレント
無効 stdout / stderr 出力。 ステータスのみが返されます。
-stopOnError
追加のファイルがまだ検証されていない場合でも、ファイル検証エラーが発生すると処理を終了します。 デフォルトでは、検証エラーが発生した場合に処理が続行されます
-version
このユーティリティのバージョン情報を返します。 を他のオプションなしで指定します。
recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49