検証 validate

画像の検証ユーティリティ。 このコマンドラインユーティリティは、画像ファイルを検証して、画像ファイルが有効であり、画像サービングによって簡単に読み取れることを確認します。

PTIFF 以外のすべての画像ファイルが検証を受け取った後で、ファイルがソース画像として画像サービングで使用できるようにする必要があります。 PTIFF 画像は、信頼性の低いコピー操作の後に検証する必要があります。

使用方法 usage

validate *fileType* [ *options*] [ *sourceFile* [ … ]]

fileType

-jpeg | -ptif | -any

ソースファイルタイプ。少なくとも 1 つを指定する必要があります( —any を使用すると、IC でサポートされる同じ画像ファイルタイプが許可されます)。

options
その他のコマンドオプション(以下を参照)。
sourceFile
画像ファイル。 なし(または複数)(スペースで区切る)。

戻り値 section-67a7cf7c53144fbb8f24b818f4a10901

成功した場合は 0。 エラーが発生した場合は、ゼロ以外の値が返され、エラーの詳細が stderr.

オプション section-9df8334b46cb4e90901505af59e4600e

-fileList listFile
画像ファイルのリストを含む別のテキストファイルを指定します。 1 ファイルにつき 1 レコード。 次の場合 -fileList が含まれている場合、 sourceFile は指定できません。
-readPixels
画像ファイル全体の検証を有効にします。 デフォルトでは、画像ヘッダーのみが検証されます。
-validatecolorprofile
埋め込まれたカラープロファイルが有効かどうかを確認します。 デフォルトでは、プロファイル本文はチェックされていません。
-reject16BitPerComponent
画像コンポーネントあたり 16 ビットの画像を拒否します。 リモートソースイメージを検証する際に Image Server で常に指定されます。
-verbose
画像が無効な場合は、詳細情報を出力します。
-silent
無効 stdout / stderr 出力。 ステータスのみが返されます。
-stopOnError
追加のファイルがまだ検証されていない場合でも、ファイルの検証エラーが発生すると処理を終了します。 デフォルトでは、検証エラーが発生した場合も処理は続行されます
-バージョン
このユーティリティのバージョン情報を返します。 他のオプションは指定しないでください。
recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49