カスタム変数 custom-variables

requests と vignette::Modifier 文字列の query 部分には、ユーザ定義変数を含めることができます。

$ name = value

name — 変数名。 英字、数字、安全な文字の組み合わせで構成することができます ( $.

value — 変数を設定する値(文字列)。

変数は、上記の構文を使用して、他のサーバーコマンドと同様に定義されます。 変数を参照する前に、変数を定義する必要があります。 で定義される変数 vignette::Modifier は URL リクエストで参照することも、逆に参照することもできます。

NOTE
value は、安全な HTTP 送信を目的として、1 パスで URL エンコードする必要があります。 次の場合は二重エンコーディングが必要です value は、HTTP を介して再送信されます。 この状況は、 value は、ネストされた外部リクエストに置き換えられます。

変数は、変数名を埋め込むことで参照されます ( 先頭と末尾に $) をコマンド値の任意の場所に配置します。 例えば、 = コマンド名とその後の & またはリクエストの終わり。 サーバは、このような $ name$string. 置換は $ name$ コマンド名(コマンドの等号の前)とリクエストのパス部分。

カスタム変数はネストできません。 次のいずれかの $ name$ 範囲 string は置換されません。 例えば、要求フラグメントなどです。 $var2=apple&$var1=my$var2$tree&text=$var1$ 解決済み text=my$var2$tree.

$ は予約文字ではありません。リクエストで別の場合に発生する可能性があります。 例: src=my$texture$file.tif は有効なコマンドです ( マテリアルカタログのエントリまたはテクスチャファイルが my$texture$file.tif が存在する )、 wid=$number$ がではないのは、 wid= には数値引数が必要です。

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49