継ぎ手のコピー copy-fitting

textPs=は独自のコピーフィッティングアルゴリズムを実装し、テキスト領域を最適に埋めるようにフォントサイズを自動的に調整し、オーバーフローを回避しながら下部の余分なスペースを最小限に抑えます。

コピーの合わせは、個々のテキストスパンに対しても、段落単位で、テキストレイヤー全体に対して一括して有効にし、制御できます。

最小フォントサイズを次の値で指定: \fs 最大フォントサイズを \copyfit. 同じ RTF 文字列で、任意の数の範囲を使用できます。 すべての範囲のサイズは比例的に変化するので、希望のフォントサイズ比率が維持されます。

\copyfit は文字書式設定コマンドと見なされ、次のようなスコープルールを持ちます。 \fs および \b.

コピー継ぎ手は、次を指定すると無効になります: \copyfit 指定されたサイズ以下のサイズを持つ \fs.

行数の制限 section-e5aee0f039e04842afc3d6884ed681ac

フォントサイズの範囲を指定する以外に、コピーフィッティングアルゴリズムの動作は、 \copyfitlines または \copyfitmaxlines コマンド:アルゴリズムが生成する行数を制限します。 どちらのコマンドも、行数パラメータまたは 0 を受け取り、コピーフィット領域の行数を制限しないようにします。

\copyfitlines は、指定した行数に収まらない場合に、追加の行にテキストをオーバーフローさせることを許可します。 コピーサイズに合わせてテキストセグメントの明示的な改行は常に有効です。

\copyfitmaxlines 常に、指定された制限を超える余分な出力行を切り捨てます。 明示的な改行が存在する場合でも、指定した数の行を超えることはありません。 このリリースの画像サービングでは、N-1 以下 \line マーカーは、コピーサイズされたテキストスパンに存在する場合があります。 この制限を超えた場合の動作は未定義です。

section-f4ddbbfade444560be30a813d90c2c1b

次の例では、テキスト本文に、 $A$, $B$、および $C$.

範囲全体でフォントサイズ間の同じ比率を維持します。

{\fs10\copyfit100 $A${\fs20\copyfit200 $B$}$C$}

$B$ は常に、テキストの残りの部分の 2 倍の大きさでレンダリングされます。 多くのテキストが指定されている場合、 $A$ および $C$ を使用してレンダリングされます。 \fs10 および $B$ 次を使用 \fs20. テキストが少ない $A$ および $C$ use \fs100 および $B$ \fs200.

少量のテキストしか描画しない場合は、一般的な大きなフォントサイズに収束します。

{\copyfit100\fs10 $A${\fs20 $B$}$C$}

範囲の最も小さい端に $B$ を使用してレンダリングされます。 \fs202 倍の大きさ $A$ および $C$ 時刻 \fs10. すべてのテキストが \fs100 (50 ポイント)範囲の反対側の端。

レンダリングするテキストが多い場合は、一般的な小さいフォントサイズに収束します。

{\fs10\copyfit100 $A${\copyfit200 $B$}$C$}

すべてのテキストは、範囲の小さい端に\fs10 を使用して描画されます。 $A$ および $C$ を使用してレンダリングされます。 \fs100 および $B$ 次を使用 \fs200.

内側のテキストスパンのコピーの適合を無効にします:

{\fs10\copyfit100 $A${\fs50\copyfit0 $B$}$C$}

フォントサイズ: $A$ および $C$ は、10 ~ 100 の間で異なる場合があり、 $B$ を使用して常にレンダリングされます。 \fs50.

縦方向のスペースが多い場合でも、出力を 1 行に制限します。ただし、1 行に収まるように指定されたテキストが多すぎる場合は、追加の行にオーバーフローすることを許可します。 \fs10:

{\fs10\copyfit100 \copyfitlines1 $A$}

縦のスペースが多い場合でも、出力を 1 行に制限します。 指定したテキストが 1 行に収まらない場合は、 \fs10 切り捨てられます。

{\fs10\copyfit100 \copyfitmaxlines1 $A$}

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49