画像カタログ image-catalogs

画像カタログの機能と構文については、この節で説明します。

画像カタログには次の機能があります。

  • 特定のメタデータおよび修飾子コマンドを使用して、画像の永続的な関連付けを許可します。

    画像カタログ内のエントリは、ショートカット表記を使用して参照されます。 *rootId/objId*です。 *rootId* は、画像カタログを識別し、 *objId* は、カタログ内のデータレコードを識別します。

  • 特定の要求属性のデフォルト (JPEGの品質や透かしを適用するかどうかなど ) を指定します。

  • フォント、ICC プロファイル、マクロ定義、要求テンプレートを管理します

特定の画像カタログが定義されていない場合でも、画像カタログのすべての機能は、デフォルトのカタログ ( default.ini) をクリックします。

次の場合 *rootId* リクエストの URL パスが一致する attribute::RootId 特定の画像カタログの場合、そのカタログがこのリクエストのメインカタログになります。 メインカタログには、要求全体のデフォルトの属性と設定が表示されます。 一致するものが見つからない場合は、代わりにデフォルトのカタログが使用されます。

以下の項目で識別されるカタログ src= または mask= コマンドは、現在の画層に次のカタログ属性とデータを提供します。

属性/データ
説明
attribute::DefaultExt
現在のレイヤー内のすべてのイメージファイルパスのデフォルトの拡張子
attribute::Expiration
のデフォルト catalog::Expiration カタログレコードが関係しない場合は、現在の画層の有効期限
attribute::Icc*
要求または現在のレイヤーに対する作業用 ICC カラープロファイル、レンダリングインテント、黒点補正フラグ
attribute::RootPath
現在の画層のすべてのソースファイルパスに使用
attribute::Resolution
のデフォルト catalog::Resolution のみ
catalog::Anchor
のデフォルト anchor= 現在の画層の値
catalog::Expiration
すべてのレイヤーの最小の有効期限値が、返信画像の有効期限値として使用されます
catalog::IccProfile
現在の画層のソース画像カラープロファイル
catalog::Map
現在の画層の画像マップデータ
catalog::MaskPath
のデフォルト mask= 現在の画層の
catalog::Modifier
現在の画層のプレフィックスコマンド ( catalog::Modifier は、同じレイヤーに対して指定されている場合、URL 内の同じコマンドで上書きできます )。
catalog::Path
現在の画層のソース画像ファイル
catalog::PostModifier
現在の画層の postfix コマンド ( catalog::Modifierのコマンド以外に catalog::PostModifier URL または catalog::Modifier)
catalog::Resolution
現在の画層のオブジェクト解像度

同じレイヤー内で、 src= および mask= は、同じ画像カタログを参照する必要があります(存在する場合)。

以下の項目で識別されたカタログ icc= コマンドは、カタログの ICC プロファイルテーブルからエントリを検索する目的でのみ使用します。 他のカタログ属性やデータは関係ありません。

もし *rootId* カタログに解決され、 *objId*catalog::Id このカタログでは、 *rootId/objId* は、次のようなカタログエントリに事実上置き換えられます。

src=attribute::RootPath/catalog::Path& mask=attribute::RootPath/catalog::MaskPath& anchor=catalog::Anchor& catalog::Modifier& catalog::PostModifier

関連項目 section-00e4f6b39cd14244bcce537a3f831259

画像カタログ参照, src=, mask=, anchor=

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49