ソースデータ source-data

画像サービングソースデータファイルには、画像ファイルとマスクファイル、フォント、ICC プロファイルが含まれます。

すべてのソースデータファイルは、Image Server からアクセスできる必要があります。 画像サービングには、データファイルの場所を指定するための様々な代替手段が用意されています。

*install_folder*/ *rootPath*/ *filePath*

rootPath
IS::RootPath/attribute::RootPath
filePath
catalogPath|requestPath
catalogPath
catalog::Path|catalog::MaskPath|icc::ProfilePath|font::FontPath|font::MetricsPath
requestPath
画像サービング HTTP 要求で指定された相対的な画像ファイルパスと名前

サーバは、絶対ファイルパスが確立されるまで、パスセグメントを右から左に結合します。

すべて *rootPath* セグメントは、空、相対または絶対パスセグメントのいずれかです。

*catalogPath* は、絶対または相対ファイルパス/名前です。 *requestPath* は、相対ファイルパスまたはファイル名である必要があります。

Multiple IS::RootPath の値は、ImageServerRegistry.xml(または管理インターフェイスを介して)で定義できます。 これにより、ソース・データ・ファイルを複数のファイル・システムに分散させることができます。 Image Server は、データファイルが見つかるまで、指定された順序で代替パスを試みます。

任意の種類の新しいデータファイルは、サーバーを停止することなく、いつでも追加できます。

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49