コンテンツデータフォルダー content-data-folders

コンテンツデータフォルダに対して、次のサーバ設定を使用します。

IS::RootPath — 画像データのルートフォルダ section-5c57569514bb4d00b19de31d2e137e3b

画像、フォント、ICC プロファイルを含む、すべてのソースデータの場所。 ファイルの絶対パスまたはファイルの相対パスを指定できます。 install_folder ​セミコロンで区切られます。 空の場合、 install_folder はデフォルトのルートです。 複数の値を指定して、複数のファイルシステムに画像データを配分できます。 Image Server は、要求されたファイルが見つかるまで、指定された順序でルートパスを試みます。

PS::staticContent.rootPath — 静的コンテンツデータのルートフォルダ section-a4f5b6942b7b4abdbf825b1f2e932cfe

静的コンテンツソースデータの場所で、 /is/static コンテキスト。 ファイルの絶対パスまたはファイルの相対パスを指定できます。 install_folder ​セミコロンで区切られます。 空の場合、 install_folder はデフォルトのルートです。

複数の値をセミコロンで区切って指定し、複数のファイルシステムに静的コンテンツを配信できます。 通常、次と同じ値に設定します。 IS::RootPath.

The Platform Server は、要求されたファイルが見つかるまで、指定された順序でルートパスを試みます。

NOTE
デフォルトでは、このフィールドは意図的に存在しない場所 (install_folder/static) を使用して、静的コンテンツサービスを効果的に無効にします。

IS::SaveDirectory — ファイルルートフォルダを保存 section-1c517f8d49ce4cb8b9013e520bf309c9

のルートパス attribute::SavePath ( 次で使用: req=saveToFile) をクリックします。 Image Server には、イメージファイルを作成するサブフォルダーの作成アクセス権が必要です。

recommendation-more-help
a26166cd-f2f4-45ce-996d-96a0f0d6cf49