レイヤーの指定

URLまたはcatalog::Modifierコマンドシーケンスで、layer=コマンドを使用してレイヤー定義シーケンス開始を終了し、別のlayer=コマンド、effect=コマンドまたはURLの末尾で終了します。

画層定義シーケンス内のすべてのコマンドが画層に関連付けられます。

layer=コマンドはレイヤー番号を指定します。0以上の整数である必要があります。 同じレイヤ番号を持つレイヤ定義シーケンス内のすべてのコマンドが、同じレイヤに適用されます。 同じコマンドが複数回発生した場合は、最後のインスタンスが使用されます。

このページ