静的コンテンツソースデータ

静的コンテンツソースデータファイルは、Platform Serverからのみアクセスされます。

静的コンテンツデータファイルのパスは、次のように解決されます。

PS::staticContent.rootPaths/attribute::StaticContentRootPath/static::Path

サーバは、絶対ファイルパスが確立されるまで、パスセグメントを右から左に結合します。

すべての *rootPath*セグメントは、空、相対、または絶対パスセグメントにすることができます。

*catalogPath* は、絶対パスまたは相対ファイルパス/名前です。requestPath は、相対ファイルパスまたは相対ファイル名にする必要があります。

PlatformServer.confには複数のPS::staticContent.rootPaths値を定義できます。 これにより、ソース・データ・ファイルを複数のファイル・システムに分散できます。 Platform Serverは、データファイルが見つかるまで、指定された順序で代替パスを試みます。

このページ