イメージレンダリングHTTPプロトコル基本構文

この節では、Dynamic MediaイメージレンダリングHTTPプロトコルの基本的な構文を説明します。

項目

定義

リクエスト

http:// server/ir/render[/ vignette ] [ ? 修飾子 ]

server

server_address [ : port ]

ビネット

ビネット指定子(相対ファイルパスまたはビネットカタログエントリ)

修飾子

modifier *[ & modifier ]

修飾子

command | { $ macro $ } | { . comment }

command

{ cmdName | { $ var } [ = value ]

macro

コマンドマクロの名前。

コメント

コメント文字列(サーバーでは無視されます)。

cmdName

コマンドまたは属性の名前。

var

カスタム変数の名前。

value

コマンドまたは変数の値。

server、、 cmdNamemacro​およびは大文字と小文字が区別されま var せん。サーバーは、大文字と小文字を区別し、他の文字列値もすべて保持します。

サーバー識別子

イメージレンダリングへのすべてのHTTP要求には、「/ir/render」ルートコンテキストが必要です。

コメント

コメントはリクエスト文字列のどこにでも埋め込むことができ、ピリオド(.)で識別します。 コマンド区切り文字(&)の直後。 コメントは、次に(エンコードされていない)コマンドセパレータが出現すると終了します。 この機能は、タイムスタンプ、データベースIDなど、画像サービングで使用されない情報を要求に追加する場合に使用します。

HTTPデコード

画像レンダリングは、最初に、受信要求から​object​と​modifiers​を抽出します。 object は、個別にHTTPデコードされるパス要素に分割されます。modifiers​文字列は​command= value​ペアに区切られ、value​はコマンド固有の処理の前にHTTPデコードされます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now