resMode

再サンプリングモード wid=、hei=またはscl=で指定されたサイズにレンダリングイメージを拡大・縮小する際に使用する再サンプリング/補間アルゴリズムを選択します。

resMode=bilin|bicub|sharp2|bisharp"

ビリン

標準バイリニア補間を選択します。 最も高速な再サンプル法です。ただし、いくつかのエイリアシングアーチファクトが多少目に付きます。

二頭の

バイキュービック補間を選択します。 バイリニア補間よりもCPU使用率が高くなりますが、エイリアシングアーチファクトが少ないシャープな画像が得られます。

sharp2

修正ランチョス窓関数を補間アルゴリズムとして選択します。 バイキュービック法よりも多少シャープな結果になる場合があり、CPU使用率は高くなります。

シャープ は、 sharp2に置き換えら れました。これは、エイリアシングアーチファクト(Moiréとも呼ばれる)を引き起こす可能性が低いものです。

ビシャープ

Adobe Photoshopで「バイキュービックシャーパー」と呼ばれる画像サイズを縮小するためのAdobe Photoshopのデフォルトリサンプラーを選択します。

プロパティ

リクエスト内の任意の場所で発生する可能性があります。 最終的な画像の拡大/縮小が適用されない場合は無視されます。

初期設定

attribute::ResMode

関連項目

attribute::ResMode , wid=, hei=, scl=

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now