アンカー

画像アンカー(ホットスポット) 繰り返し可能なテクスチャまたはデカールマテリアルのテクスチャアンカーポイント(ホットスポット)を指定します。

anchor= * *, *xy*

anchorN= * *, *xnyn*

x y

ソース画像の左上隅からのピクセルオフセット(整数、整数)。

xn, yn

ソース画像の中心からの正規化されたオフセット(実数、実数)。

繰り返し可能なテクスチャがビネットオブジェクトに適用され、テクスチャのアンカーポイント(anchor=)がオブジェクトのテクスチャの原点に配置されます。

デカール画像がビネットオブジェクトに適用され、デカールのアンカーポイントがオブジェクトのデカールの原点に配置されます。 デカールの位置は、pos=コマンドを使用してさらに調整できます。

anchorN=0,0 は、画像アンカーをソース画像の中央に配置します。anchorN=-0.5,-0.5 また anchor=0,0 は、が左上隅、 anchorN=0.5,0.5 がソース画像の右下隅にあります。

プロパティ

マテリアル属性align=2の場合、またはマテリアルが繰り返し可能なテクスチャ、壁紙、デカールでない場合は無視されます。

初期設定

catalog::Anchor(マテリアルがカタログエントリに基づく場合)。それ以外の場合は、繰り返し可能なテクスチャや壁紙の場合はanchor=0,0(画像の左上隅)、デカールの場合はanchorN=0,0(画像の中央)を使用します。

関連項目

catalog::Anchoralign=

このページ