Customer Journey Analytics - ドキュメントのアップデート

Customer Journey Analytics ドキュメントには、初回リリース以降に次の更新が行われました。

2024

機能
説明
2024年6月
AI アシスタント
追加済み 詳細を見る Customer Journey Analytics用の AI アシスタントで。
B2B ルックアップ用のデータセットの変換
サポート方法に関するドキュメントを追加しました b2B データに対するユーザーベースの検索 (アカウント、商談、マーケティングリスト、キャンペーンを含む)、B2B ルックアップデータセットの変換が必要です。
派生フィールド関数と関数テンプレート
追加の派生フィールド関数(Math, 次または前)および 関数テンプレート.
2024年5月
Target の統合
追加済み Adobe統合節への記事 target とCustomer Journey Analyticsの統合方法については、を参照してください。
組織ポリシーの制約を使用しながらCustomer Journey AnalyticsレポートをGoogle Cloud Platform に書き出す場合に必要な情報です

Adobeが所有するGoogle Cloud Platform 組織 ID をに追加しました クラウドの書き出し場所の設定 Google Cloud Platform へのCustomer Journey Analyticsレポートの書き出しに関するドキュメント。

この情報は、Google Cloud Platform で組織ポリシーの制約を使用している組織にのみ必要です。

プロジェクトへのコンポーネントの追加に関するドキュメント
Analysis Workspace のプロジェクトに様々なタイプのコンポーネントを追加する方法について、一般情報を追加しました。
データ書き出しの使用例
を説明する一連の新しい記事 データ書き出しのユースケース Experience PlatformとCustomer Journey Analytics機能を使用してこれらのユースケースを実装する方法
Adobe Analytics から Customer Journey Analytics へのアップグレードに関する新しいドキュメント

Adobe Analytics から Customer Journey Analytics にアップグレードする組織の場合、組織の現在の Adobe Analytics 実装と長期目標に基づいて、複数のアップグレードオプションと多くの考慮事項があることに留意する必要があります。

次の内容に対する理解を深めるのに役立つ、新しいドキュメントリソースが利用できるようになりました。

  • 存在する様々なアップグレードパス
  • 組織の現在の Adobe Analytics 実装に基づいて利用可能なアップグレードパス
  • 各アップグレードパスのメリットとデメリット
  • 各アップグレードパスの段階的なガイダンス
  • 履歴データの処理に関する考慮事項
  • その他

詳しくは、Customer Journey Analytics へのアップグレードを参照してください

カスタム日付範囲に関するドキュメントを更新
現在の製品の機能とデザインに一致させるために、カスタム日付範囲の作成に関連するスクリーンショットと手順を更新しました。
Dimensionに関する概要
に関する情報を追加しました 寸法.
ソースコネクタの例
方法を説明する際に使用できるソースコネクタの例を追加しました ソースコネクタの使用 データの取り込み用。
2024年4月
統計的手法の予測
を説明する記事を追加しました 予測サービスで使用される統計的手法.
基数の高いディメンションに対して完全なテーブル書き出しを推奨する情報を追加しました
に箇条書きを追加しました 基数の高いディメンションのベストプラクティス カーディナリティの高いディメンションに対して完全テーブル書き出しを使用することをお勧めします。
モバイルスコアカードのインテリジェント キャプションに関するドキュメントを追加しました
インテリジェントキャプション は、アナリストの助けを借りずに、アナリスト以外のユーザーがデータをよりよく理解するのに役立ちます。
Adobe Product Analytics機能に関する新しいドキュメント
2024年3月
「使用場所」列に関する使用状況情報は、2023年9月以降のみ使用可能です。
プロジェクトのランディングページの​ 使用場所 ​列に関する使用状況情報は、2023年9月までしか遡らないことを明確にしました。
プロジェクトのみのワークスペースコンポーネントの権限強化に関するドキュメントを追加しました
プロジェクトを他のユーザーと共有すると、それらのユーザーは以下を編集できます クイックフィルター および共有プロジェクトに埋め込まれた、その他のプロジェクト専用コンポーネント。
2024年2月
プロジェクト共有ドキュメントの更新

方法に関する情報を追加しました 自分と共有されているプロジェクトを表示する.

また、個々または複数のプロジェクトの共有に関する情報も整理しました。

クラウド書き出し場所を設定する際に、Azure SAS と Azure RBAC にファイルをアップロードするための権限要件を追加しました
次の場合に Azure SAS と Azure RBAC にファイルをアップロードするための正確な権限要件を追加しました クラウド書き出しアカウントの設定 および クラウドの書き出し場所の設定.
クラウド書き出しの場所を設定する際に、Amazon S3 ロール ARN および GCP バケットにファイルをアップロードするための権限要件を追加しました
次の場合にAmazon S3 ロール ARN およびGoogle Cloud Platform バケットにファイルをアップロードするための正確な権限要件を追加しました クラウドの書き出し場所の設定.
製品管理者が常にすべてのテーブルをエクスポートするためのアクセス権を持っていることを明確にしました

製品管理者の役割を割り当てられたユーザーが、デフォルトでAnalysis Workspaceからすべてのテーブルを書き出すためのアクセス権を持つことを明確にするために、次の変更を加えました。

Adobe Analyticsからのコンポーネント移行中にセグメントが再作成されることを明確にしました
が含まれる Adobe Analytics ユーザー向けユーザーガイドを使用する場合、コンポーネントの移行プロセスの一環としてAdobe Analyticsでセグメントが自動的に再作成され、手動で再作成する必要がないことを明確にしました。
スキップされたレコードの詳細
接続のスキップされたレコードの詳細機能に関するドキュメントを追加しました。 詳しくは、接続の詳細を参照してください。
2024年1月
予測
のドキュメントを追加しました 予測は、フリーフォームテーブルおよび折れ線グラフでサポートされる任意の時間精度(時間別、日別、週別、月別、年別)で標準指標または計算指標を予測する、Analysis Workspaceの新しい機能です。
フルテーブルを書き出す際のアカウントと場所の追加に関するドキュメントを更新しました

新しいアカウントまたは場所を設定する際のマイナーインターフェイスの更新を反映するように、ドキュメントを更新しました。 Analysis Workspaceからの完全なテーブルの書き出し.

新品 アカウントを追加 オプションが アカウント ドロップダウンメニュー。 この 場所を追加 以前は横のボタンとして使用できたオプション 場所名 ドロップダウンメニューがメニュー自体の中で使用できるようになりました。

Adobe Analyticsから移行する際の新しいコンポーネントの移行情報
に情報を追加しました Adobe Analyticsからの進化 新しいを参照する コンポーネントの移行 Adobe Analytics管理ガイドに記載されている機能。
特定の情報は管理者のみが利用できることを明確化
で説明されている「前回の使用」列と「使用された場所」列を示す情報を追加しました 計算指標マネージャー および フィルターマネージャー は、システム管理者のみが使用できます。
データセットのエクスポートに必要な権限
の説明を追加しました 必要な権限 で、データセットをクラウド宛先に書き出します。
接続の管理
が更新されました 接続の管理 お客様からのフィードバックに基づいた記事。
派生フィールド
関数の概要を追加しました 制限事項 次の数を決定する方法の説明 演算子 関数で使用されます。

2023年

機能
説明
2023年12月
データセンター
Customer Journey Analyticsに関する記事を追加しました ホスティングの場所.
ガードレール
記事一覧Customer Journey Analyticsを追加しました ガードレール.
通貨換算の更新
方法に関するドキュメントを明確にしました。 通貨換算の設定.
異常値検出ドキュメントの更新

異常値検出のドキュメントは、以前は Virtual Analyst に関する節に記載されていました。 次の変更を行いました。

  • Virtual Analyst という用語はドキュメントから削除しました。
  • 異常値検出に関する節は、Analysis Workspace の節のすぐ下に移動しました。
2023年10月
派生フィールドを使用した目標/ターゲットの設定
追加済み ユースケース 目標/ターゲットを設定し、これらに関するレポートを作成するために、派生フィールドを使用する方法を説明する記事。
完全なテーブルをクラウドに書き出す

数百万の Workspace 行を含んだ完全なテーブルのクラウド宛先への書き出しに関するドキュメントを追加しました。

完全なテーブルを書き出すと、Workspace 内で設計されたデータテーブルを 1 回限りまたは予定どおりに配信でき、連結されたテーブルで、最大 5 つの分類、5 つの指標、フィルター、計算指標をすべてサポートします。これは、Adobe Analytics のデータウェアハウスレポートの進化版で、現在のデータウェアハウスでは利用できない、リクエストの多い新機能が多数追加されています。

詳しくは、Customer Journey Analytics レポートをクラウドに書き出しを参照してください。

レポートアクティビティマネージャー

レポートアクティビティマネージャーに関するドキュメントを追加しました。

レポートアクティビティマネージャーでは、組織内の各接続のレポート処理能力を確認できます。管理者はレポートの使用状況を詳細に把握できるため、ピーク時のレポート作成時の容量に関する問題を容易に診断および修正できます。

次の新しい記事が追加されました。

管理ページの新しい列
で利用できるようになったドキュメント化された新しい列 計算指標マネージャー および フィルターマネージャー.
Adobe Analytics との比較
さんがを追加しました 概要ページ Customer Journey AnalyticsとAdobe Analyticsの違いの比較と理解に関する概要です。
その他の派生フィールド機能
新しいのドキュメントを更新しました Lookup 関数。
2023年9月
メディア再生滞在時間パネルの記事の構造を更新しました。

メディア再生滞在時間というフォルダーを削除し、フォルダーの内容を 1 つの記事であるメディア再生滞在時間パネルに統合しました。

この変更は、その他のパネルのドキュメントに沿ったものになります。

その他の派生フィールド機能
新しい Lowercase 関数および Trim 関数と、Classify 関数に追加したその他の CSV 機能に関するドキュメントを更新しました。
地域データ収集
FAQ を更新し、Customer Journey Analytics を使用する際の地域データ収集に関する情報を追加しました。
2023年8月
メディア再生滞在時間パネル
読みやすさを向上させるために、メディア再生滞在時間パネルのコンテンツを更新しました。
Report Builder の機能強化
スケジュールされたタスクをダウンロードするための情報を提供するために、ワークブックのスケジュール設定のコンテンツを更新しました。開始日をディメンションとして使用するための情報を提供するために、データブロックの作成のコンテンツを更新しました。
スケジュールされたプロジェクトの管理に関するコンテンツの移動
Analytics コンポーネントガイドにスケジュールされたプロジェクトという新しい記事を作成しました。このコンテンツは、以前は Analytics ツールガイドのプロジェクトのスケジュールという記事に記載されていました。
Adobe Customer Journey Analytics の機能のサポート
新しい方法でサポート ​の表に、Adobe Analytics と比較した Customer Journey Analytics のセッション機能に関する詳細情報を追加しました。詳細情報
Adobe Analytics からの進化
派生フィールドのマーケティングチャネル関数テンプレートへの参照を含めて、マーケティングチャネルの(再)設定 ​の節を更新しました。詳細情報
モバイルアプリケーションおよびその他のプラットフォームのデータ取り込みクイックスタートガイド
Customer Journey Analytics でモバイルアプリケーションやその他のプラットフォーム(デスクトップアプリケーション、コンソール上のゲーム、セットトップボックスや IoT デバイス上のアプリケーションなど)からデータを取り込んで使用する方法を説明するデータ取り込みクイックスタートガイドを追加しました。詳細情報
2023年7月
セッション設定
このデータビュー設定に関するトピックを追加しました。詳細情報
Adobe Product Analytics
Adobe Product Analytics は、Customer Journey Analytics でクロスチャネルのデータやインサイトを操作する新しい方法です。これらの新機能により、製品チームは、ガイド付き分析ワークフローを通じて、製品エクスペリエンスに関するデータとインサイトをセルフサービスで提供できるようになります。
派生フィールド
派生フィールドを使用すると、カスタマイズ可能なルールビルダーを使用して、(多くの場合、複雑な)データ操作をその場で定義できます。
プロファイルデータやルックアップデータへのルックアップサポートの拡張
プロファイルデータセットまたはルックアップデータセット内のフィールドのルックアップとしてデータセットを追加できるようになります。これまでは、イベントデータセットのみがサポートされていました。詳細情報
Report Builder の機能強化
Edge Network位置情報のルックアップ
データストリーム設定 では、統一された地理データを提供する地理検索サービスをどのようにして提供するのでしょうか。
2023年6月
クロスチャネル分析とステッチ
ステッチを有効にするための変更と、ステッチを使用してクロスチャネル分析を向上させる方法をさらに明確にするための変更が今後見込まれるので、クロスチャネル分析機能に関連するドキュメントを編集して、クロスチャネル分析を Customer Journey Analytics の機能およびユースケースとして、また、ステッチをそれを実現するための重要な機能として取り上げています。
Power BI および Tableau から Customer Journey Analytics データビューへのアクセス
Customer Journey AnalyticsBI 拡張機能を使用すると、Customer Journey Analyticsで定義したデータビューへの SQL アクセスが可能になります。 詳細情報
Adobe Journey Optimizer データビュー
Customer Journey Analytics 管理者は、「AJO データビュー (サンドボックス名)」というタイトルの、Customer Journey Analytics のいくつかの追加データビューにアクセスできます。詳細情報
通貨換算
通貨換算のサポートに関するドキュメントを更新しました。
計算指標の更新

現在の Customer Journey Analytics 機能と整合させるために、計算指標のドキュメントで次の更新を行いました。

  • Customer Journey Analytics で利用可能なデフォルトの計算指標のリストを更新しました
  • 様々な計算指標に関する記事のスクリーンショットと手順を更新しました
2023年5月
ディープリンク(モバイルアプリ)ドキュメント
ユーザーが、アプリ内のスコアカードプロジェクトに直接アクセスできるスコアカードへのリンクを送信できるようにします。詳細情報
Report Builder の「セルからデータビューを選択」に関するドキュメント
この機能を使用すると、ユーザーはセルからデータブロックのデータビューを選択できます。詳細情報
Analytics ダッシュボードアプリ(モバイルアプリ)の更新されたホーム画面に関するドキュメント
更新された新しいホーム画面では、すべてのスコアカードが、統合された 1 つのスコアカードリストに表示されます。詳細情報
最適化の更新
Customer Journey Analytics のパフォーマンスの最適化に関する記事を更新しました
Analysis Workspace の概要
より一般的な概要情報と関連コンテンツへのリンクを含むように、Analysis Workspace の概要の概要を更新しました。
プロジェクトの作成
Analysis Workspace でプロジェクトの作成を行う方法を詳しく説明する新しい記事を作成しました。
左側のパネルでのコンポーネントの並べ替え
左側のパネルでのコンポーネントのリストの並べ替えに関する情報を追加しました。詳しくは、コンポーネントの概要の「コンポーネントリストの検索、フィルタリング、並べ替え」の節を参照してください。
フリーフォームテーブルからの動的ディメンションを含む行の削除
「x」アイコンを使用して、動的ディメンションを含む特定の行をすばやく削除する方法に関する情報を追加しました。テーブルのフィルタリングと並べ替えの「テーブルから特定の行をすばやく除外する」の節を参照してください。
パネル内にビジュアライゼーションを追加するボタン
Analysis Workspace の各パネルの下部にある、ビジュアライゼーションをすばやく追加できる新しいボタンに関する情報を追加しました。詳しくは、ビジュアライゼーションの概要の「パネルへのビジュアライゼーションの追加」の節を参照してください。
インテリジェントキャプションドキュメント
折れ線グラフのビジュアライゼーションの自然言語による要約を使用して、ユーザー向けのストーリーテリングを強化します。
派生フィールド
派生フィールド機能のドキュメントを追加しました。
2023年4月
フィルターをディメンションとして使用する方法に関するビデオ

フィルターをディメンションとして使用する方法に関するビデオを更新しました。

このビデオは、フィルターの作成ページからリンクされています。

次に、Analysis Workspace でフィルターをディメンションとして使用のビデオへの直接リンクを示します。

フィルタードキュメント

フィルタービルダーを使用する方法に関する記事を追加しました。

フィルターの作成フィルターの概要のドキュメントを合理化しました。

実験パネルのドキュメントの更新
非ランダム化ディメンションの解釈に関する節を追加しました。
プロジェクトフィルター(アドホックおよびクイックフィルター)
プロジェクトフィルターに関するドキュメントを簡素化し、重複する情報を削除しました。アドホックフィルターの作成手順は、クイックフィルターの作成手順と統合しました。
2023年3月
意思決定管理データの統合
Customer Journey Analytics での Adobe Journey Optimizer 意思決定管理データの統合方法を説明するコンテンツを追加しました。
モバイルスコアカードでのデータストーリーの作成
データストーリーは、中心的なテーマや指標に基づいて作成された、サポート対象データポイント、ビジネスコンテキスト、関連指標のコレクションです。
更新された機能のサポート
Customer Journey Analytics 機能のサポートを更新して、Customer Journey Analytics で使用でき AA では使用できないかサポートされていない機能の一覧表を追加しました。
デフォルトの計算指標
アドビが提供するデフォルトの計算指標を説明するコンテンツを追加しました。
データ要素

データ要素の概要表示編集監視など、データ要素に関する新しいドキュメントを追加しました。

コンポーネント説明の追加の情報を、データ要素機能を説明するために更新しました。

プロジェクトのリンク共有(ログインは不要)

Analysis Workspace へのアクセス権を持たないユーザーとプロジェクトの読み取り専用リンクを共有する方法を説明するために、既存のドキュメントを更新しました。

ユーザードキュメントの更新内容には、プロジェクトの共有共有可能なリンクの作成が含まれています。

環境設定に管理者向けのオプションを追加しました。

2023年2月
Customer Journey Analytics と BI ソリューションの比較
Customer Journey Analytics と一般的な BI ソリューションの比較に関する新しいドキュメントです。
Audiences ドキュメントの更新
待ち時間に関する考慮事項に関する新しい節です。
Audiences ドキュメントの更新
オーディエンスを作成すると、新しい Customer Journey Analytics オーディエンスごとに Experience Platform ストリーミングセグメントが作成されます。
Workspace のカレンダーと日付範囲
内容を更新して、相対的な日付範囲、数式計算の更新およびカレンダー UI の変更について説明しました。パネルを基準とする相対的な日付範囲についてを参照してください。
モバイルスコアカード
比較日付範囲の表示/非表示を切り替える方法について説明する新しい節をドキュメントに追加しました。Customer Journey Analytics の比較日付範囲の表示を参照してください。
2023年1月
テーブルのフィルタリングと並べ替え
テーブルのフィルタリングと並べ替えに関する記事の内容を更新しました(手順の追加や使用可能なオプションの説明など)。この記事の名前を「テーブルのページネーション、フィルタリングおよび並べ替え」から変更しました。
データ取り込みクイックスタートガイド
Customer Journey Analytics でのデータの取り込みと使用の方法に関する新しい節をドキュメントに追加しました。
Workspace フォルダー
フォルダー管理の専用ページ。
Workspace ユーザー環境設定
多くの追加のユーザー環境設定が環境設定で使用できるようになりました。
Workspace プロジェクトの自動保存
内容が更新されて、プロジェクトの保存に自動保存機能の説明が含まれるようになりました。
ランディングページ
CJA のランディングページが更新されました。
ワークブックのスケジュール設定
Report Builder でワークブックのスケジュールを設定する方法について説明する専用ページを追加しました。
プロファイルおよびルックアップデータセットでのオブジェクト配列のサポート
オブジェクトの配列の使用および Adobe Experience Platform オーディエンスの取り込みを更新して、プロファイルデータセットとルックアップデータセットでのオブジェクト配列のサポートを反映しました。

2022

日付
アップデートの内容
2022年12月
2022年12月16日(PT)
Customer Journey Analytics データ使用状況の測定と管理に関する新しいトピック。
2022年10月
2022年10月
スケジュール済みプロジェクトのパスワード保護に関する新しいトピック。この機能は、HIPAA 対応をサポートしています。
2022年10月
顧客管理キーに関する新しいトピック。この機能は、HIPAA 対応をサポートしています。
2022年10月
Customer Journey Analytics 監査ログに関する新しいトピック。
2022年10月
主要な指標の概要ビジュアライゼーションに関する新しいトピック。
2022年10月
データビューの日付と日時の機能に関する新しい節
2022年10月
モバイルアプリ:カスタム詳細ビューに関する新しいトピック。
2022年10月
Customer Journey Analytics 機能のサポートトピックを更新しました。
2022年9月
2022年9月
Google Analytics データの Customer Journey Analytics への移行に関する新しいユースケース。
2022年9月
Workspace の複合グラフに関する新しいトピック。
2022年9月
Workspace の実験パネルに関する新しいトピック。
2022年8月
2022年8月
Analytics ソースコネクタのクロス地域サポートに関する Adobe Experience Platform の記事。
2022年8月
Customer Journey Analytics のアクセス制御に関する記事の大幅な更新。
2022年8月
Customer Journey Analytics でのデータガバナンスラベルおよびポリシーのサポートに関する新しい記事。
2022年8月
Analytics ソースコネクタを通じて渡された Analytics データに関する用語の比較に関する新しい記事。
2022年8月
に関する新しいドキュメント リアルタイム顧客プロファイルへのオーディエンス公開.
2022年7月
2022年7月
メディア再生滞在時間パネルに関するドキュメント。
2022年7月
メディア同時視聴者数パネルに関するドキュメント。
2022年7月
初回セッションのレポートドキュメント。
2022年6月
2022年6月
AAID、ECID、AACUSTOMID および Analytics ソースコネクタに関する新しい記事。
2022年6月
Adobe Analytics 処理ルール、VISTA および分類と Analytics ソースコネクタのデータ準備の比較に関する新しい記事。
2022年6月
についての新しい記事 仮想レポート環境とサンドボックス環境.
2022年6月
Adobe Analytics と Customer Journey Analytics のレポート機能におけるデータ処理の比較に関する新しい記事。
2022年6月
についての新しい記事 レポートスイートと様々なスキーマの組み合わせ.
2022年6月
についての新しい記事 モバイルスコアカードでの注釈の共有.
2022年6月
Customer Journey Analytics の Analytics ラボに関する新しい記事。
2022年6月
に関する新しい節 ルックアップキーおよびルックアップ値としての数値フィールドの使用のサポート.
2022年6月
「」に対する更新 フロービジュアライゼーションワークフロー.
2022年5月
2022年5月
Customer Journey Analytics での接続の作成に関する記事の大幅な更新。
2022年5月
Customer Journey Analytics の Report Builder におけるデータブロックの管理方法に関する新しい記事。
2022年5月
Adobe Experience Platform オーディエンスの Customer Journey Analytics への取り込みに関する新しい記事。
2022年4月
2022年4月
ディメンションの部分文字列に関するドキュメント。
2022年4月
Adobe Analytics ユーザー向けの Customer Journey Analytics ユーザーガイド(新規)。
2022年3月
2022年3月
Customer Journey Analytics Annotations API ドキュメント(新規)。
2022年3月
ワークスペースでの注釈に関するドキュメント(新規)。
2022年3月
接続サイズの予測に関するコンテンツの大幅な更新。
2022年2月
2022年2月
Adobe Analytics から Customer Journey Analytics に移行する管理者を対象とした新しいガイド:Adobe Analytics から Customer Journey Analytics への進化
2022年1月
2022年1月
Customer Journey Analytics でのバインディングディメンションと指標の使用の新しいユースケース
2022年1月
バインディングディメンションと指標、および新しい最初の事例と最後の事例の配分設定に関する新機能のドキュメントを追加しました
2022年1月
Adobe Analytics データと Customer Journey Analytics の Analytics データの比較に関する新しい記事

2021

日付
アップデートの内容
2021年11月
2021年11月
接続の詳細ページの「スキップされたレコード」のドキュメントを更新しました。
2021年10月
2021年10月
Customer Journey Analytics の Report Builder のドキュメント。
2021年10月
Customer Journey Analytics 監査ログ API ドキュメント
2021年10月
ドキュメント化した Analytics ダッシュボードのビジュアライゼーション
2021年10月
接続データ保持のためのローリングウィンドウ(相対期間)のドキュメント。
2021年9月
2021年9月
指標の重複排除ドキュメント
2021年9月
レポートでの夏時間のサポート
2021年9月
顧客カレンダードキュメント
2021年9月
ブール値フィールドドキュメント
2021年9月

データビューのコンポーネント設定を個々のファイルに分割しました。

2021年9月
Customer Journey Analytics におけるレポートスイートの結合の影響に関する新しい節。
2021年8月
2021年8月
Customer Journey Analytics の機能強化された接続エクスペリエンスに関する新しい節。
2021年8月
データビューディメンションの大文字と小文字の区別 に関する新しい節を追加しました。
2021年6月
2021年6月
ワークスペースの 以前のプロジェクトバージョン に関する新しいドキュメントを追加しました。
2021年4月
2021年4月
永続性 に関する新しいトピックを追加しました。
2021年4月
ワークスペースでのスケジュール済みプロジェクトのサポートに関する新しいドキュメントを追加しました。
2021年4月
強化されたデータビューエクスペリエンス に関する新しいトピックを追加しました。
2021年4月
Google Analytics データの取り込みデータの分析 に関する新しいトピックを追加しました。
2021年4月
ワークスペースの予定レポートに関するトピックを追加しました。
2021年4月
Customer Journey Analytics の高基数ディメンションに関する新しいトピック。
2021年3月
2021年3月
Analytics ダッシュボード(モバイルアプリ)のサポートに関するトピックを追加しました。
2021年3月
ワークスペースの ユーザーの環境設定 に関する新しいトピックを追加しました。
2021年2月
2021年2月
Adobe Experience Platform でのマーケティングチャネルディメンション の使用に関する新しいトピックを追加しました。
2021年2月
新しい Customer Journey Analytics API ドキュメントを公開しました。
2021年1月
2021年1月
データセットへの標準検索の追加に関する新しいトピックです。

2020

日付
アップデートの内容
2020年11月13日(PT)
についての新しいトピック クロスチャネル分析を使用すると、データセットの人物 ID のキーを変更でき、複数のデータセットをシームレスに組み合わせることができます。
2020年11月13日(PT)
コールセンターと web データの読み込み に関する新しいユースケースを追加しました。
2020年11月10日(PT)
FAQ に対するデータコンポーネントの削除の影響に関する節を追加しました。
2020年11月2日(PT)
Customer Journey Analytics 機能のサポート」ページを更新しました。
2020年11月
接続の バックフィル制限の削除 に関する内容を追加しました。
2020年10月7日(PT)
組み合わせイベントデータセット に関するトピックを追加しました。
2020年9月15日(PT)
データの取り込み に関するトピックを追加しました。
2020年9月2日(PT)
ユーザー権限 に関する節を更新しました。
2020年8月7日(PT)
B2B のユースケース - ルックアップデータセットに関する新しいトピックを追加しました。
2020年7月
ユーザー ID の「ID マップ」オプション に関する情報を追加しました。
2020年7月
オブジェクト配列 または「データ階層」に関する新しいトピックを追加しました。
2020年4月14日(PT)
接続の作成」トピックの最新 UI を更新しました。
2020年2月27日(PT)
Customer Journey Analytics 機能のサポートを更新しました。
2019年12月
Customer Journey Analytics ドキュメントの最初のドラフト
recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79