Customer Journey Analytics ガイド

このテクニカルドキュメントガイドでは、Customer Journey Analytics のセルフサポートを提供します。Customer Journey Analytics を使用すると、任意のチャネル(オンラインとオフラインの両方)から顧客データを Adobe Experience Platform に取り込むことができます。また、Analysis Workspace を使用すると、既存のデジタルデータと同様にこのデータを分析することもできます。

Customer Journey Analytics を使用すると、共通の顧客 ID に基づいて Analysis Workspace のオンラインデータとオフラインデータの接続方法を制御し、顧客データ全体でアトリビューション、フィルター、フロー、フォールアウトなどを実行できます。

新着情報

Customer Journey Analytics 製品およびドキュメントにおける、最新の機能強化の概要を説明します。機能、改善点、修正の包括的なリストについては、詳細なリリースノートを参照してください。最新の変更内容を常に把握するには、ドキュメントの更新ページにアクセスしてください。

AI アシスタント

AI アシスタントは、概念の理解、問題のトラブルシューティング、情報の検索など、実務担当者が迅速にタスクを実行できる対話型エクスペリエンスです。 また、エキスパートでないユーザーでも専門的なタスクを実行できるため、全体的な作業の質が向上します。

画像

B2B ルックアップ

接続の設定の一環として、特定の B2B ルックアップスキーマのデータセットを変換して、B2B データに対するユーザーベースの検索をより適切にサポートできます。

画像

派生フィールド

新しい派生フィールド関数(数学、次または前)と追加の関数テンプレート(バウンス、わかりやすいデータセット名、ホリデーシーズン、毎月の目標、シンプルなボット検出など)が使用できるようになりました。

画像

BI 拡張機能*

BI 拡張機能を使用すると、Customer Journey Analytics で定義したデータビューへの SQL アクセスが可能になります。お気に入りの BI ツールを使用して、Customer Journey Analytics ユーザーが Analysis Workspace プロジェクトで使用するのと同じデータビューに基づいて、レポートとダッシュボードを作成できるようになりました。

画像

*BI 拡張機能を使用するには、Select パッケージ以上が必要です。

予測

予測は、標準指標または計算指標を、サポートされている任意の時間精度(時間単位、日単位、週単位、月単位、年単位)で予測する Analysis Workspace 機能です。予測は、時系列関連のデータに対してのみ使用できます。

i画像

新しいドキュメント

以下の場所で新しいドキュメントの節を利用できるようになりました。

  • Adobe Analytics から Customer Journey Analytics へのアップグレード方法。
  • データの書き出しのユースケースと、必要な Experience Platform およびカスタマージャーニー機能。

このドキュメントやその他のドキュメントの更新については、「詳細情報」を選択してください。

i画像

基本について学ぶ

まず、以下のリンクの資料を読んで、Customer Journey Analytics の機能を理解してください。

オンラインデータ以外
Customer Journey Analytics と Adobe Analytics の比較、共有される機能、Analytics データの使用方法について説明します。

データの取り込みと使用
データを Experience Platform に取り込み、Customer Journey Analytics での分析とレポートに使用するために必要なオプションについて説明します。

ガイド付き分析
ワークフローを使用して、お客様の製品エクスペリエンスに関するデータとインサイトを取得する方法について説明します。ガイド付き分析による製品分析...

Analysis Workspace
Analysis Workspace を使用して、アトリビューション、フロー図とフォールアウト図、ディメンションの分類などの基本分析とアドバンス分析を実行します。

ドキュメントの参照

Customer Journey Analytics と Adobe Analytics の比較方法について説明します。また、ソリューションにデータを取り込み、そのデータと結果として得られる分析とレポートを準備、表示、分析、民主化する方法についても説明します。

その他のリソース

常に最新情報を入手、コミュニティに貢献し、Customer Journey Analytics エクスペリエンスを向上させましょう。
Adobe Analytics コミュニティにアクセスして、実務担当者と機能について語り合いましょう。今すぐコミュニティに参加
recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79