派生フィールド

派生フィールドは、Adobe Customer Journey Analyticsのリアルタイムレポート機能の重要な側面になります。 派生フィールドを使用すると、カスタマイズ可能なルールビルダーを使用して、(多くの場合、複雑な)データ操作をその場で定義できます。その後、その派生フィールドをコンポーネント(指標またはディメンション)として次で使用できます ワークスペース または、派生フィールドをでさらにコンポーネントとして定義します データビュー.

派生フィールドを使用すると、Customer Journey Analytics外の他の場所でデータを変換または操作する場合と比較して、大幅な時間と労力を節約できます。 例: データ準備, Data Distillerまたは、独自の抽出変換読み込み(ETL)/抽出読み込み変換(ELT)プロセス内で使用します。

派生フィールドは以下で定義されます。 データビューは、ルールとして定義された一連の関数に基づいており、使用可能な標準フィールドやスキーマフィールドに適用されます。

例えば、次のようなユースケースがあります。

  • 収集した不適切なページ名の値を修正してページ名の値を修正する、派生ページ名フィールドを定義します。

  • 1 つ以上の条件(例:URL パラメーター、ページ URL、ページ名)に基づいて適切なマーケティングチャネルを決定する、派生マーケティングチャネルフィールドを定義します。

派生フィールドインターフェイス

派生フィールドを作成または編集する場合は、派生フィールドインターフェイスを使用します。

派生フィールドダイアログのスクリーンショット

名前
説明
1
セレクター
セレクター領域を使用して、関数、関数テンプレート、スキーマフィールド、または標準フィールドを選択してルールビルダーにドラッグ&ドロップします。
ドロップダウンを使用して、次のいずれかを選択します。
関数 関数 - リストが使用可能 関数,
関数テンプレートアイコン 関数テンプレート - リストが使用可能 関数テンプレート,
スキーマフィールドのアイコン スキーマフィールド - データセットカテゴリ(イベント、プロファイル、ルックアップ)から使用できるフィールドと、以前に定義した派生フィールドをリストします。
標準フィールドのアイコン 標準フィールド – 標準の使用可能フィールド(Platform データセット ID など)。 文字列および数値の標準フィールドのみがセレクターに表示されます。 関数が他のデータタイプをサポートしている場合、これらの他のデータタイプを持つ標準フィールドを、値またはルールインターフェイス内のフィールドに選択できます。
関数、関数テンプレート、スキーマおよび標準フィールドは、 検索アイコン 検索ボックス。
選択したオブジェクトリストをフィルタリングするには、次のオプションを選択します。 フィルターアイコン でのフィルターとフィルターの指定 フィールドのフィルター基準 ダイアログ。 を使用すると、フィルターを簡単に削除できます 閉じるアイコン 各フィルターに対して。
2
ルールビルダー
1 つ以上のルールを使用して、派生フィールドを順番に作成します。 ルールは関数の特定の実装なので、常に 1 つの関数にのみ関連付けられます。 ルールを作成するには、関数をルールビルダーにドラッグ&ドロップします。 関数タイプは、ルールのインターフェイスを決定します。
を参照してください。 ルールインターフェイス を参照してください。
関数は、ルールビルダーで既に使用可能なルールの先頭、末尾または間に挿入できます。 ルールビルダーの最後のルールによって、派生フィールドの最終的な出力が決定されます。
3
​フィールド設定​
派生フィールドに名前を付けて説明し、そのフィールドタイプを調べることができます。
4
​最終出力​
この領域には、過去 30 日間のデータと、ルールビルダーで派生フィールドに加えた変更に基づいて、出力値を即座に更新したプレビューが表示されます。

フィールドテンプレートウィザード

派生フィールドインターフェイスに初めてアクセスする場合は、 フィールドテンプレートから開始 ウィザードが表示されます。

  1. 作成しようとしているフィールドのタイプに最も近いテンプレートを選択します。
  2. 「」を選択します ​を選択​ ボタンをクリックして続行します。

派生フィールドダイアログには、選択したフィールドのタイプに必須または便利なルール(および関数)が入力されます。 参照: 関数テンプレート 使用可能なテンプレートについて詳しくは、こちらを参照してください。

ルールインターフェイス

ルールビルダーでルールを定義する場合は、ルールインターフェイスを使用します。

派生フィールドルールインターフェイスのスクリーンショット

名前
説明
A
ルール名
デフォルトでは、ルール名はです ルール X (X はシーケンス番号)。 ルールの名前を編集するには、名前を選択し、新しい名前を入力します(例:)。 Query Parameter.
B
関数名
ルール用に選択された関数名(例:) URL の解析. 関数が関数のシーケンスの最後にあり、最終的な出力値を決定する場合、関数名の後に ​ – 最終出力、例: URL の解析 – 最終出力.
関数に関する詳細をポップアップに表示するには、 ヘルプアイコン .
C
ルールの説明
オプションで、ルールに説明を追加できます。
を選択 詳細アイコン を選択してから、 ​説明を追加​ 説明を追加する ​説明を編集​ 既存の説明を編集するには、次の手順を実行します。
エディターを使用して説明を入力します。 ツールバーを使用して、テキストの書式を設定したり(スタイルセレクター、太字、斜体、アンダーライン、右、左、中央、カラー、番号リスト、箇条書きを使用)、外部情報へのリンクを追加したりできます。
説明の編集を終了するには、エディターの外側をクリックします。
D
関数領域
関数のロジックを定義します。 インターフェイスは、関数のタイプによって異なります。 のドロップダウン フィールド または 値 関数が想定する入力の種類に基づいて、使用可能なすべてのフィールドのカテゴリ (動作規則、標準フィールド、フィールド)を表示します。 または、スキーマと標準フィールド セレクターからフィールドをフィールドまたは値にドラッグ&ドロップすることもできます。 ドラッグされたフィールドがルックアップデータセットから派生している場合、ルックアップ関数は、定義した関数の前に自動的に挿入されます。
参照: 関数リファレンス サポートされる各関数の詳細情報について説明します。

派生フィールドの作成

  1. 既存のデータビューを選択するか、データビューを作成します。 参照: データビュー を参照してください。

  2. 「」を選択します ​ Components ​ データ ビューのタブです。

  3. を選択 ​派生フィールドを作成​ 左パネルから。

  4. 派生フィールドを定義するには、を使用します 派生フィールドを作成 インターフェイス。 参照: 派生フィールドインターフェイス.

    新しい派生フィールドを保存するには、を選択します。 ​保存​.

  5. 新しい派生フィールドがに追加されます 派生フィールド > コンテナ(の一部) ​スキーマフィールド​ データビューの左側のパネルで、

派生フィールドの編集

  1. 既存のデータビューを選択します。 参照: データビュー を参照してください。

  2. 「」を選択します ​ Components ​ データ ビューのタブです。

  3. を選択 ​スキーマフィールド​ タブ 接続 左側のペイン。

  4. を選択 ​派生フィールド > コンテナ。

  5. 編集する派生フィールドの上にマウスポインターを置いて、次を選択します 編集アイコン .

  6. 派生フィールドを編集するには、を使用します 派生フィールドを編集 インターフェイス。 参照: 派生フィールドインターフェイス.

    • を選択 ​保存​ 更新した派生フィールドを保存します。

    • を選択 ​キャンセル​ :派生フィールドに加えた変更をキャンセルします。

    • を選択 ​名前を付けて保存​ 派生フィールドを新しい派生フィールドとして保存します。 新しい派生フィールドの名前は、元のフィールドが編集されたのと同じです (copy) がに追加されました。

または、派生フィールドをデータビューのディメンションまたは指標のコンポーネントとして使用した場合は、次のようになります。

  1. コンポーネントを選択します。 コンポーネントは、派生フィールドとは異なる名前を持つ場合があることに注意してください。

  2. コンポーネントパネルで、 編集アイコン 派生フィールドの横の「スキーマフィールド名」の下

  3. 派生フィールドを編集するには、を使用します 派生フィールドを編集 インターフェイス。 参照: 派生フィールドインターフェイス.

    • を選択 ​保存​ 更新した派生フィールドを保存します。

    • を選択 ​キャンセル​ :派生フィールドに加えた変更をキャンセルします。

    • を選択 ​名前を付けて保存​ 派生フィールドを新しい派生フィールドとして保存します。 新しい派生フィールドの名前は、元のフィールドが編集されたのと同じです (copy) がに追加されました。

派生フィールドの削除

  1. 既存のデータビューを選択します。 参照: データビュー を参照してください。

  2. 「」を選択します ​ Components ​ データ ビューのタブです。

  3. を選択 ​スキーマフィールド​ タブ 接続 ペイン。

  4. を選択 ​派生フィールド > コンテナ。

  5. 削除する派生フィールドの上にマウスポインターを置いて、次を選択します 編集アイコン .

  6. が含まれる 派生フィールドを編集 インタフェース、選択 削除.

    A コンポーネントを削除 削除を確認するダイアログが表示されます。 データビューの外部の派生フィールドに外部参照が存在する可能性があることを考慮してください。

    • を選択 ​続行​ をクリックして、派生フィールドを削除します。

または、派生フィールドをデータビューのディメンションまたは指標のコンポーネントとして使用した場合は、次のようになります。

  1. コンポーネントを選択します。 コンポーネントは、派生フィールドとは異なる名前を持つ場合があることに注意してください。

  2. コンポーネントパネルで、 編集アイコン 派生フィールドの横の「スキーマフィールド名」の下

  3. が含まれる 派生フィールドを編集 インタフェース、選択 削除.

    A コンポーネントを削除 削除を確認するダイアログが表示されます。 データビューの外部の派生フィールドに外部参照が存在する可能性があることを考慮してください。

    • を選択 ​続行​ をクリックして、派生フィールドを削除します。
NOTE
派生フィールドは、Customer Journey Analyticsの接続レベルで管理されます。 その接続に関連付けられたいずれかのデータビューの派生フィールドに加えられた変更は、関連付けられたすべてのデータビューに適用されます。

関数テンプレート

特定のユースケースの派生フィールドをすばやく作成するために、関数テンプレートを使用できます。 これらの関数テンプレートは、派生フィールドインターフェイスのセレクター領域からアクセスすることも、 フィールドテンプレートから開始 ウィザード。

マーケティングチャネル

このテンプレートは、 Url の解析 および 条件の場合 は複数回を関数して URL から適切な値を取得します。 次に、これらの値に対してロジックが適用され、URL が特定のマーケティングチャネルに関連付けられます。

詳細

テンプレートを使用するには、テンプレートのルールの一部としてリストされている各関数に対して正しいパラメーターを指定する必要があります。 参照: 関数リファレンス を参照してください。

マーケティングチャネルテンプレートルールビルダーのスクリーンショット

関数リファレンス

NOTE
次を持っている必要があります: 選択 この節で説明する機能を使用するには、パッケージ以降を使用します。 使用しているCustomer Journey Analyticsパッケージが不明な場合は、管理者に問い合わせてください。

サポートされている各関数について、次の点で詳細を確認してください。

  • 仕様:

    • 入力データタイプ:サポートされるデータのタイプ
    • input:入力に使用可能な値
    • 含まれる演算子:この関数でサポートされる演算子(ある場合)、
    • 制限事項:この特定の関数に適用される制限事項
    • 出力。
  • 次のような使用例

    • 派生フィールドを定義する前のデータ。
    • 派生フィールドの定義方法
    • 派生フィールドを定義した後のデータ。
  • 制約(該当する場合)。

NOTE
ルックアップ関数の名前をに変更しました 分類. を参照してください。 分類 関数を使用すると詳細情報が得られます。

Case When

1 つ以上のフィールドから定義された条件に基づいて、条件を適用します。 これらの条件は、条件のシーケンスに基づいて、新しい派生フィールドの値を定義するために使用します。

詳細

仕様 casewhen-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 制限事項 出力
  • 文字列
  • 数値
  • 日付
  • 次の場合, Else If コンテナ:

      • ルール
      • 標準フィールド
      • フィールド 条件 (選択した値のタイプに基づいて、含まれる演算子を参照してください)
  • 次に、値を以下のように設定, それ以外の場合は、値を次のように設定:

      • ルール
      • 標準フィールド
      • フィールド

文字列

  • 次と等しい
  • が次のいずれかの語句に等しい
  • フレーズを含む
  • いずれかの語句を含む
  • すべての語句を含む
  • 次の語句で始まる
  • 任意の語句で始まる
  • 次の語句で終わる
  • 任意の語句で終わる
  • 次と等しくない
  • が次のいずれの語句にも等しくない
  • このフレーズを含まない
  • いずれの語句も含まない
  • が次のすべての語句を含まない
  • 次で始まらない
  • いずれの語句でも開始しない
  • 次で終わらない
  • いずれの語句も含まない
  • 設定済み
  • 未設定

数値

  • 次と等しい
  • 次と等しくない
  • 次より大きい
  • 次よりも大きいか等しい
  • 次より小さい
  • 次よりも小さいか等しい
  • 設定済み
  • 未設定

日付

  • 次と等しい
  • 次と等しくない
  • が次よりも後
  • が次以降
  • 次より前
  • が次以前
  • 設定済み
  • 未設定
  • 派生フィールドごとに 5 つの関数
  • 200 演算子 派生フィールドごとに。 単一のオペレーターの例としては、「参照ドメインに google が含まれる」などがあります。
新しい派生フィールド

ユースケース 1 casewhen-uc1

カスケードロジックを適用してマーケティングチャネルフィールドを適切な値に設定することで、様々なマーケティングチャネルを識別するルールを定義する必要があります。

  • リファラーが検索エンジンからのリファラーで、ページにクエリ文字列値がある場合 cid 次を含む ps_マーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 ペイド検索.
  • リファラーが検索エンジンからのファイルで、ページにクエリ文字列が含まれていない場合 cidマーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 自然検索.
  • ページにクエリ文字列値がある場合、次のように指定します cid 次を含む em_マーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 電子メール.
  • ページにクエリ文字列値がある場合、次のように指定します cid 次を含む ds_マーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 広告を表示.
  • ページにクエリ文字列値がある場合、次のように指定します cid 次を含む so_マーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 ペイドソーシャル.
  • リファラーがの参照ドメインからの場合 twitter.com, facebook.com, linkedin.com、または tiktok.comマーケティングチャネルはとして識別される必要があります。 自然社会.
  • 上記のルールのいずれも一致しない場合、マーケティングチャネルはと識別される必要があります。 その他のリファラー.

サイトが次のサンプルイベントを受け取った場合、以下を含みます リファラー および ページ URLこれらのイベントは、次のように識別する必要があります。

table 0-row-4 1-row-4 2-row-4 3-row-4 4-row-4 5-row-4 6-row-4 1-align-center 6-align-center 11-align-center 16-align-center 21-align-center 26-align-center 31-align-center layout-auto
Event Referrer Page URL Marketing Channel
1 https://facebook.com https://site.com/home Natural Social
2 https://abc.com https://site.com/?cid=ds_12345678 Display
3 https://site.com/?cid=em_12345678 Email
4 https://google.com https://site.com/?cid=ps_abc098765 Paid Search
5 https://google.com https://site.com/?cid=em_765544332 Email
6 https://google.com Natural Search

前のデータ casewhen-uc1-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 layout-auto
Referrer Page URL
https://facebook.com https://site.com/home
https://abc.com https://site.com/?cid=ds_12345678
https://site.com/?cid=em_12345678
https://google.com https://site.com/?cid=ps_abc098765
https://google.com https://site.com/?cid=em_765544332
https://google.com

派生フィールド casewhen-uc1-derivedfield

新しいを定義します Marketing Channel 派生フィールド。 を使用します 条件の場合 両方のコンポーネントの既存の値に基づいての値を作成するルールを定義するための関数 Page URL および Referring URL フィールド。

関数の使い方に注意してください URL の解析 値を取得するルールを定義するには Page Url および Referring Url 次の前 条件の場合 ルールが適用されます。

ルール 1 の場合のケースのスクリーンショット

後のデータ casewhen-uc1-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 layout-auto
Marketing Channel
Natural Social
Display
Email
Paid Search
Email
Natural Search

ユースケース 2 casewhen-uc2

内でいくつかの異なるバリエーションの検索を収集しました Product Finding Methods ディメンション。 検索と参照の全体的なパフォーマンスを理解するには、結果を手動で組み合わせることに多くの時間を費やす必要があります。

サイトは、に対して次の値を収集します Product Finding Methods ディメンション。 最後に、これらの値はすべて検索を示します。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 layout-auto
収集された値 実際の値
search p13n_no search
search p13n_yes search
search refine p13n_no search
search refine p13n_yes search
search redirect p13n_yes search
search-redirect search

前のデータ casewhen-uc2-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1 8-row-1 9-row-1 layout-auto
Product Finding Methods
search p13_no
search p13_yes
browse
search refine p13_no
search refine p13_yes
browse
search redirect p13_yes
search-redirect
browse

派生フィールド casewhen-uc2-derivedfield

を定義します Product Finding Methods (new) 派生フィールド。 次を作成します 条件の場合 ルールビルダーのルール。 これらのルールは、古いのすべてのバリエーションにロジックを適用します。 製品の検索方法 のフィールド値 search および browse の使用 フレーズを含む 条件。

ルール 2 の場合のケースのスクリーンショット

後のデータ casewhen-uc2-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1 8-row-1 9-row-1 layout-auto
Product Finding Methods (new)
search
search
browse
search
search
browse
search
search
browse

ユースケース 3 casewhen-uc3

旅行会社として、記帳済トリップのバケット・トリップ期間をレポートして、トリップのバケット長をレポートできるようにします。

前提:

  • 組織が、旅行期間を数値フィールドに収集しています。
  • 1~3 日の期間を「」というバケットにバケット化します。short trip'
  • 期間を 4~7 日のバケットと呼ばれるバケットに入れようとします。medium trip'
  • 8 日以上の期間を「」というバケットにバケット化しようとしていますlong trip'
  • 132 回の旅行が 1 日間の期間で予約されました
  • 2 日間で 110 回の旅行が予約されました
  • 3 日間で 105 回の旅行が予約されました
  • 99 回の旅行が 4 日間にわたって予約された
  • 92 回の旅行が 5 日間にわたって予約された
  • 6 日間で 85 回の旅行が予約されました
  • 7 日間で 82 回の旅行が予約されました
  • 78 回の旅行が 8 日間にわたって予約された
  • 9 日間で 50 回の旅行が予約されました
  • 44 回の旅行が 10 日間にわたって予約された
  • 38 回の旅行が 11 日間にわたって予約された
  • 31 回の旅行が 12 日間にわたって予約された

目的のレポートは次のようになります。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right layout-auto
Trip Duration Type Bookings
medium trip 358
short trip 347
long trip 241

前のデータ casewhen-uc3-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1 8-row-1 9-row-1 10-row-1 11-row-1 12-row-1 1-align-right 3-align-right 5-align-right 7-align-right 9-align-right 11-align-right 13-align-right 15-align-right 17-align-right 19-align-right 21-align-right 23-align-right 25-align-right
Trip Duration
1
12
3
6
4
8
6
2
1
2
21
8

派生フィールド casewhen-uc3-derivedfield

を定義します Trip Duration (bucketed) 派生フィールド。 次を作成します 条件の場合 ルールビルダーのルール。 このルールは、古いをバケット化するロジックを適用します 旅の期間 フィールド値を次の 3 つの値に変換します。 short trip, medium trip、および long trip.

ルール 3 の場合のケースのスクリーンショット

後のデータ casewhen-uc3-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1 8-row-1 9-row-1 10-row-1 11-row-1 12-row-1
Trip Duration (bucketed)
short trip
long trip
short trip
medium trip
medium trip
long trip
medium trip
short trip
short trip
short trip
long trip
long trip

詳細情報

Customer Journey Analyticsでは、Adobe Experience Platformのに倣って、ネストされたコンテナ構造を使用します XDM (エクスペリエンスデータモデル)。 参照: コンテナ および フィルターコンテナ を参照してください。 このコンテナモデルは、本質的に柔軟性がありますが、ルールビルダーを使用する際にいくつかの制約を課します。

Customer Journey Analyticsでは、次のデフォルトのコンテナモデルを使用します。

{width="50%"}

次の制約が適用され、次の場合に適用されます 選択 および 設定 値。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 1-align-center 4-align-center 7-align-center 10-align-center layout-auto
制約
A ユーザーが設定する値 選択 同じ範囲内で 次の場合, Else If コンストラクト(使用 および または または)内のルールは、同じコンテナから生成され、任意のタイプ(文字列)にすることができます 文字列 、数値 数値 など)。
依存関係 A のスクリーンショット
B すべての値 set ルール全体は、同じコンテナから得られ、同じ型または同じ型の派生値を持つ必要があります。
依存関係 B のスクリーンショット
C 指定した値 選択 間 次の場合, Else If ルール内の構成要素 do ではない 同じ容器から生まれて行わなければならない ではない 同じタイプにする必要があります。
依存関係 C のスクリーンショット

分類

新しい派生フィールドで対応する値に置き換えられる値のセットを定義します。

詳細
note note
NOTE
この関数は、最初は Lookup という名前でしたが、別の機能を持つ Lookup 関数に対応するために、Classify という名前に変更されました。

仕様 classify-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 制限事項 出力
  • 文字列
  • 数値
  • 日付
  • 分類するフィールド:

    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
  • 値がと等しい場合 および 値を次の値に置換:

    • 文字列
  • 元の値を表示

    • ブール値
該当なし
  • 派生フィールドごとに 5 つの関数
  • 200 演算子 派生フィールドごとに。 のすべてのエントリ 値が元の値と等しい場合 値を新しい値に置換 は操作と見なされます。
新しい派生フィールド

ユースケース 1 classify-uc1

のキー列を含む CSV ファイルがあります hotelID と、に関連付けられた 1 つ以上の追加の列 hotelID: city, rooms, hotel name.
を収集しています Hotel ID あるディメンションで、を作成したい場合 Hotel Name から派生したディメンション hotelID を CSV ファイル内に記述します。

CSV ファイルの構造とコンテンツ

table 0-row-4 1-row-4 2-row-4 3-row-4 4-row-4 3-align-right 8-align-right 13-align-right 18-align-right 23-align-right layout-auto
hotelID city rooms hotel name
SLC123 Salt Lake City 40 SLC Downtown
LAX342 Los Angeles 60 LA Airport
SFO456 San Francisco 75 Market Street
AMS789 Amsterdam 50 Okura

現在のレポート

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right layout-auto
Hotel ID 製品表示
SLC123 200
LX342 198
SFO456 190
AMS789 150

目的のレポート

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right layout-auto
Hotel Name 製品表示
SLC Downtown 200
LA Airport 198
Market Street 190

前のデータ classify-uc1-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 layout-auto
Hotel ID
SLC123
LAX342
SFO456
AMS789

派生フィールド classify-uc1-derivedfield

を定義します Hotel Name 派生フィールド。 を使用します 分類 の値を分類できるルールを定義する関数 ホテル ID フィールドに移動し、新しい値で置き換えます。

分類する値の一部として定義していない元の値を含める場合(例:ホテル ID AMS789)、必ず選択してください 元の値を表示. これにより、値が分類されていないにもかかわらず、AMS789 が派生フィールドの出力の一部になります。

分類ルール 1 のスクリーンショット

後のデータ classify-uc1-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 layout-auto
Hotel Name
SLC Downtown
LA Airport
Market Street

ユースケース 2 classify-uc2

複数のページのわかりやすいページ名の代わりに URL を収集しました。 この値の混在コレクションにより、レポートが中断されます。

前のデータ classify-uc2-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1 layout-auto
Page Name
Home Page
Flight Search
http://www.adobetravel.ca/Hotel-Search
https://www.adobetravel.com/Package-Search
Deals & Offers
http://www.adobetravel.ca/user/reviews
https://www.adobetravel.com.br/Generate-Quote/preview

派生フィールド classify-uc2-derivedfield

を定義します Page Name (updated) 派生フィールド。 を使用します 分類 既存の値を分類できるルールを定義する関数 ページ名 フィールドに入力し、更新された正しい値で置き換えます。

分類ルール 2 のスクリーンショット

後のデータ classify-uc2-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 6-row-1 7-row-1
Page Name (updated)
Home Page
Flight Search
Hotel Search
Package Search
Deals & Offers
Reviews
Generate Quote

詳細情報 classify-moreinfo

分類ルールインターフェイスでは次の追加機能を使用できます。

  • すべてのテーブル値をすばやくクリアするには、 削除 すべてのテーブル値をクリア.
  • 「値が等しい場合」の元の値と「値を次の値に置き換える」の新しい値を含む CSV ファイルをアップロードするには、次を選択します CSV CSV をアップロード.
  • アップロードする元の値と新しい値を含む CSV ファイルを作成するためのテンプレートをダウンロードするには、以下を選択します Download CSV テンプレートをダウンロード.
  • ルールインターフェイスに入力された元の値と新しい値をすべて含む CSV ファイルをダウンロードするには、以下を選択します Download CSV 値をダウンロード.

連結

フィールド値を、定義済みの区切り文字を使用して単一の新しい派生フィールドに結合します。

詳細

仕様 concatenate-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 制限事項 出力
  • 文字列
  • 値:

    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
    • 文字列
  • 区切り文字:

    • 文字列
該当なし 派生フィールドごとに 2 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース concatenate-uc

現在、出発地と目的地の空港コードを別のフィールドとして収集しています。 2 つのフィールドを取り込み、ハイフン(–)で区切られた単一のディメンションに結合する場合。 そのため、接触チャネルと宛先の組み合わせを分析して、予約された上位のルートを特定できます。

前提:

  • 起源と宛先の値は、同じテーブルの別々のフィールドに収集されます。
  • ユーザーは、値の間に区切り文字「–」を使用することを決定します。

次の予約が発生すると仮定します。

  • お客様 ABC123 様がソルトレイクシティ(SLC)とオーランド(MCO)間のフライトを予約
  • お客様の ABC456 がソルトレイクシティ(SLC)とロサンゼルス(LAX)間のフライトを予約
  • お客様 ABC789 がソルトレイクシティ(SLC)とシアトル(SEA)間のフライトを予約
  • お客様 ABC987 がソルトレイクシティ(SLC)とサンノゼ(SJO)間のフライトを予約
  • お客様 ABC654 がソルトレイクシティ(SLC)とオーランド(MCO)間のフライトを予約

目的のレポートは次のようになります。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right layout-auto
接触チャネル/移動先 Bookings
SLC-MCO 2
SLC-LAX 1
SLC 海 1
SLC-SJO 1

前のデータ concatenate-uc-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right layout-auto
複製元 宛先
SLC MCO
SLC LAX
SLC
SLC SJO
SLC MCO

派生フィールド concatenate-derivedfield

新しいを定義します 接触チャネル – 移動先 派生フィールド。 を使用します 連結 を連結するためのルールを定義する関数 オリジナル および 宛先 を使用したフィールド - 区切り文字.

連結ルールのスクリーンショット

後のデータ concatenate-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 layout-auto
接触チャネル – 移動先
(派生フィールド)
SLC-MCO
SLC-LAX
SLC 海
SLC-SJO
SLC-MCO

検索と置換

選択したフィールド内のすべての値を検索し、それらの値を新しい派生フィールド内の別の値に置き換えます。

詳細

仕様 findreplace-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 制限事項 出力
  • 文字列
    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
  • すべてを検索, すべてを以下で置換:

    • 文字列

文字列

  • すべてを検索, すべてを以下で置換
派生フィールドごとに 5 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース findreplace-uc

外部マーケティングチャネルレポートに対して、不正な形式の値(など)を受け取っています email%20 marketing の代わりに email marketing. これらの不正な値によりレポートが破損するため、メールのパフォーマンスを確認するのが難しくなります。 置換する email%20marketing (を使用) email marketing.

元のレポート

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right layout-auto
External Marketing Channels Sessions
email marketing 500
email %20marketing 24

優先するレポート

table 0-row-2 1-row-2 2-align-right 5-align-right
External Marketing Channels Sessions
email marketing 524

前のデータ findreplace-uc-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 layout-auto
External Marketing
email marketing
email%20marketing
email marketing
email marketing
email%20marketing

派生フィールド findreplace-uc-derivedfield

を定義します。 Email Marketing (updated) 派生フィールド。 を使用します 検索と置換 すべての出現箇所を検索して置換するルールを定義する関数 email%20marketing (を使用) email marketing.

検索と置換ルールのスクリーンショット

後のデータ findreplace-uc-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 5-row-1 layout-auto
External Marketing (updated)
email marketing
email marketing
email marketing
email marketing
email marketing

ルックアップ

ルックアップデータセットのフィールドを使用して値をルックアップし、新しい派生フィールドまたは追加のルール処理のための値を返します。

詳細

仕様 lookup-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • 数値
  • 日付
  • 参照を適用するフィールド:

    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド データセットを検索
    • データセット

    一致するキー

    • ルール
    • フィールド
  • 戻す値

    • ルール
    • フィールド
該当なし 派生フィールドごとに 3 つの関数 次のルールでさらに処理するための新しい派生フィールドまたは値

ユースケース lookup-uc

Adobe Targetを通じて表示されるパーソナライズされたバナーを顧客がクリックしたときに収集されたアクティビティ ID を使用して、アクティビティ名を参照したいと考えています。 アクティビティ ID とアクティビティ名を含む Analytics for Target (A4T)アクティビティでルックアップデータセットを使用する。

A4T ルックアップデータセット lookup-uc-lookup

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 layout-auto
アクティビティ Id アクティビティ名
415851 MVT テストカテゴリページ
415852 Luma - Campaign Max 2022
402922 ホーム ページ バナー

派生フィールド lookup-uc-derivedfield

を定義します。 Activity Name 派生フィールド。 を使用します 参照 関数を使用すると、で指定された、収集したデータから値を検索するルールを定義することができます。 参照を適用するフィールド フィールド(例: ActivityIdentifier)に設定します。 からルックアップデータセットを選択します データセットを検索 リスト(例: New CJA4T Activities)に設定します。 次に、識別子フィールドを選択します(例: ActivityIdentifier)から 一致するキー リストおよび返されるフィールド 返す値 リスト(例: ActivityName)に設定します。

Lowercase ルールのスクリーンショット

詳細情報

を素早く挿入できます 参照 ルールビルダー内の関数。1 つ以上の他の関数が既に含まれています。

  1. を選択 スキーマフィールド セレクターから。
  2. を選択 スキーマフィールドのアイコン 参照データセット.
  3. ルックアップデータセットを選択し、ルックアップに使用するフィールドを見つけます。
  4. 関数に使用可能な入力フィールドのいずれかにルックアップフィールドをドラッグ&ドロップします(例:Case When)。 有効な場合、というラベルの付いた青いボックス +追加 ​を使用すると、フィールドをドロップして、ルックアップフィールドをドロップした関数の前にルックアップ関数を自動的に挿入できます。 挿入されたルックアップ関数は、すべてのフィールドの関連する値に自動的に設定されます。
    参照ドラッグ

小文字

フィールドの値を小文字に変換して、新しい派生フィールドに格納します。

詳細

仕様 lowercase-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • 数値
  • 日付
  • フィールド:
    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
該当なし 派生フィールドごとに 2 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース lowercase-uc

適切なレポートを作成するために、収集されたすべての製品名を小文字に変換したいと考えています。

前のデータ lowercase-uc-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right 20-align-right layout-auto
収集された製品名 製品表示
テニスラケット 35
テニスラケット 33
テニスラケット 21
野球バット 15
野球バット 12
野球バット 10

派生フィールド lowercase-uc-derivedfield

を定義します Product Names 派生フィールド。 を使用します 小文字 値を変換するルールを定義する関数 収集された製品名 フィールドを小文字に変換して、新しい派生フィールドに保存します。

Lowercase ルールのスクリーンショット

後のデータ lowercase-uc-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 layout-auto
製品名 製品表示
テニスラケット 89
野球バット 37

フィールドを結合

2 つの異なるフィールドの値を新しい派生フィールドに結合します。

詳細

仕様 merge-fields-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • 数値
  • 日付
  • フィールド:
    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
該当なし 派生フィールドごとに 5 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース merge-fields-uc

チャネルをまたいでジャーニーを分析する目的で、ページ名フィールドと問い合わせ理由フィールドから構成されるディメンションを作成したいと考えています。

前のデータ merge-fields-uc-databefore

table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3 2-align-right 3-align-right 6-align-right 7-align-right 10-align-right 11-align-right 14-align-right 15-align-right layout-auto
ページ名 セッション 訪問者
ヘルプページ 250 200
ホームページ 500 250
製品詳細ページ 300 200
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3 2-align-right 3-align-right 6-align-right 7-align-right 10-align-right 11-align-right 14-align-right 15-align-right layout-auto
通話理由 セッション 訪問者
注文に関する質問 275 250
注文を変更する 150 145
順序付けに関する問題 100 95

派生フィールド merge-fields-uc-derivedfield

を定義します Cross Channel Interactions 派生フィールド。 を使用します フィールドを結合 から値を結合するルールを定義する関数 ページ名 フィールドと 通話理由 フィールドに移動し、それを新しい派生フィールドに保存します。

結合フィールドルールのスクリーンショット

後のデータ merge-fields-uc-dataafter

table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3 4-row-3 5-row-3 6-row-3 2-align-right 3-align-right 6-align-right 7-align-right 10-align-right 11-align-right 14-align-right 15-align-right 18-align-right 19-align-right 22-align-right 23-align-right 26-align-right 27-align-right layout-auto
クロスチャネルインタラクション セッション数 訪問者
ホームページ 500 250
製品詳細ページ 300 200
注文に関する質問 275 250
ヘルプページ 250 200
注文を変更する 150 145
順序付けに関する問題 100 95

詳細情報 merge-fields-moreinfo

結合フィールドルール内で同じタイプのフィールドを選択する必要があります。 例えば、日付フィールドを選択した場合、結合する他のすべてのフィールドは日付フィールドである必要があります。

結合フィールドに対する制約のスクリーンショット

正規表現による置換

正規表現を使用してフィールドの値を新しい派生フィールドに置き換えます。

詳細

仕様 regex-replace-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • 数値
  • フィールド:
    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
  • 正規表現:
    • 文字列 出力形式:
    • 文字列
  • 大文字と小文字を区別
    • ブール値
該当なし 派生フィールドごとに 1 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース regex-replace-uc

URL の一部を取得し、それを一意のページ識別子として使用してトラフィックを分析します。 を使用します [^/]+(?=/$|$) URL の末尾を取得する正規表現および $1 出力パターンとして使用します。

前のデータ regex-replace-uc-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 layout-auto
ページ URL
https://business.adobe.com/products/analytics/adobe-analytics-benefits.html
https://business.adobe.com/products/analytics/adobe-analytics.html
https://business.adobe.com/products/experience-platform/customer-journey-analytics.html
https://business.adobe.com/products/experience-platform/adobe-experience-platform.html

派生フィールド regex-replace-uc-derivedfield

を作成します Page Identifier 派生フィールド。 を使用します 正規表現の置換 の値を置換するルールを定義する関数 参照 URL を使用したフィールド 正規表現 件中 [^/]+(?=/$|$) および 出力形式 件中 $1.

正規表現置換ルールのスクリーンショット

後のデータ regex-replace-uc-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1
ページ識別子
adobe-analytics-benefits.html
adobe-analytics.html
customer-journey-analytics.html
adobe-experience-platform.html

詳細情報

Customer Journey Analyticsでは、Perl 正規表現構文のサブセットを使用します。 次の式がサポートされています。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 7-row-2 8-row-2 9-row-2 10-row-2 11-row-2 12-row-2 13-row-2 14-row-2 15-row-2 16-row-2 17-row-2 18-row-2 19-row-2 20-row-2 21-row-2 22-row-2 23-row-2 24-row-2 25-row-2 26-row-2 27-row-2 28-row-2 29-row-2
説明
a 単一の文字 a
a|b 単一の文字 a または b
[abc] 単一の文字 ab または c
[^abc] ab または c を除く任意の単一の文字。
[a-z] az の範囲の任意の単一の文字。
[a-zA-Z0-9] azAZ または数字 09 の範囲の任意の単一の文字。
^ 行の先頭に一致します。
$ 行の末尾に一致します。
\A 文字列の開始。
\z 文字列の終わり。
. 任意の文字に一致します。
\s 空白文字。
\S 空白以外の文字。
\d 数字。
\D 数字以外。
\w 文字、数字、アンダースコア。
\W 単語以外の文字。
\b 単語の境界。
\B 単語の境界以外の文字。
\< 単語の始まり。
\> 単語の終わり。
(...) 囲まれている内容をすべてキャプチャ。
(?:...) マーキングのないキャプチャ。出力文字列で一致を参照できないようにします。
a? 0 または 1 個の a
a* 0 個以上の a
a+ 1 個以上の a
a{3} 厳密に 3 個の a
a{3,} 3 個以上の a
a{3,6} 3 ~ 6 個の a

出力形式では、目的の文字列出力を実現するために、これらのシーケンスを何回でも、どのような順序でも使用できます。

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 layout-auto
出力プレースホルダーシーケンス 説明
$& 式全体に一致したものを出力します。
$n n 番目のサブ式に一致したものを出力します。 例: $1 最初のサブ式を出力します。
$` 最後に見つかった一致の終わり(前に一致が見つからなかった場合は、テキストの始まり)から、現在の一致の始まりまでのテキストを出力します。
$+ 正規表現で最後にマークされたサブ式に一致するものを出力します。
$$ 文字列文字 "$" を出力します。

Split

フィールドから新しい派生フィールドに値を分割します。

詳細

仕様 split-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • 数値
  • フィールド:
    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
  • メソッド:
    • 左から
    • 右から
    • 配列に変換 区切り文字の場合:
    • 文字列
  • インデックスの場合:
    • 数値
該当なし 派生フィールドごとに 5 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース 1 split-uc1

音声アプリの応答を、1 つのディメンションで区切られたリストに収集します。 リスト内の各値を、応答レポート内で一意の値にする必要があります。

前のデータ split-uc1-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right layout-auto
音声アプリの応答 イベント
それは素晴らしく、完璧に理にかなっていて、他の人に推薦します 1
それは素晴らしく、やや混乱していて、他の人に推奨されます 1
それは素晴らしくなく、非常に混乱していて、他の人に勧められません 1

派生フィールド split-u1-derivedfield

を作成します Responses 派生フィールド。 を使用します SPLIT を使用してルールを定義する関数 配列に変換 値を AEM の 音声アプリの応答 を使用したフィールド , as the 区切り文字.

分割ルール 1 のスクリーンショット

後のデータ split-uc1-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 7-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right 20-align-right 23-align-right layout-auto
応答 イベント
素晴らしかった 2
他のユーザーにをレコメンデーションします 2
それは素晴らしくなかった 1
完全に理解した 1
やや混乱させる 1
非常に混乱させる 1
他のユーザーにお勧めしません 1

ユースケース 2 split-uc2

音声アプリの応答を、1 つのディメンションで区切られたリストに収集します。 リストの最初の値からの応答を、独自のディメンションに変換します。 リストの最後の値を、独自のディメンションに配置する必要があります。

前のデータ split-uc2-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right layout-auto
応答 イベント
それは素晴らしく、完全に理にかなっていて、他の人に勧められるでしょう 1
それは素晴らしく、やや混乱していて、他の人に推奨されます 1
それは素晴らしくなく、非常に混乱していて、他の人に勧められません 1

派生フィールド split-u2-derivedfield

を作成します First Response 派生フィールド。 を使用します SPLIT 最初の値をから取得するルールを定義する関数 回答 応答の左側からのフィールド , を区切り文字として使用します。

分割ルールのスクリーンショット – 最初の値

を作成します Second Response から最後の値を取得するための派生フィールド 回答 フィールドを作成するには、右側から「From」、区切り文字として「1」、インデックスとして「1」を選択します。

分割ルールのスクリーンショット – 最後の値

後のデータ split-uc2-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right layout-auto
最初の応答 イベント
素晴らしかった 2
それは素晴らしくなかった 1
table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right layout-auto
2 番目の応答 イベント
他のユーザーにをレコメンデーションします 2
他のユーザーにお勧めしません 1

トリミング

フィールド値の先頭または末尾の空白、特殊文字または文字数を新しい派生フィールドにトリミングします。

詳細

仕様 trim-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • フィールド

    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド
  • 空白をトリミング

  • 特殊文字をトリミング

    • 特殊文字の入力
  • 左からトリミング

    • 送信元

      • 文字列の開始

      • 位置

        • 位置#
      • 文字列

        • 文字列値
        • 索引
        • 文字列を含めるフラグ
    • 設定値

      • 文字列の終了

      • 位置

        • 位置#
      • 文字列

        • 文字列値
        • 索引
        • 文字列を含めるフラグ
      • 長さ

  • 右からトリミング

    • 送信元

      • 文字列の終了

      • 位置

        • 位置#
      • 文字列

        • 文字列値
        • 索引
        • 文字列を含めるフラグ
    • 設定値

      • 文字列の開始

      • 位置

        • 位置#
      • 文字列

        • 文字列値
        • 索引
        • 文字列を含めるフラグ
      • 長さ

該当なし 派生フィールドごとに 1 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース 1 trim-uc1

製品データは収集しますが、そのデータには、フラグメントレポート用の非表示の空白文字が含まれています。 余分な空白を簡単にトリミングしたい場合

前のデータ trim-uc1-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right layout-auto
製品 ID イベント
"prod12356 " 1
"prod12356" 1
" prod12356" 1

派生フィールド trim-u1-derivedfield

を作成します Product Identifier 派生フィールド。 を使用します TRIM ルールを定義する関数 空白をトリミング から 商品 ID フィールド。

分割ルール 1 のスクリーンショット

後のデータ trim-uc1-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-align-right 5-align-right layout-auto
商品識別子 イベント
"prod12356" 3

ユースケース 2 trim-uc2

収集されたページ名のデータで、ページ名の末尾に誤った特殊文字が含まれています。この特殊文字は削除する必要があります。

前のデータ trim-uc2-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right layout-auto
名前 イベント
ホームページ# 1
ホーム ページ? 1
ホームページ % 1
ホームページ& 1
ホームページ/ 1

派生フィールド trim-u2-derivedfield

を作成します Page Name 派生フィールド。 を使用します TRIM ルールを定義する関数 特殊文字をトリミング から 名前 を使用したフィールド 特殊文字 #?%&/.

分割ルールのスクリーンショット – 最初の値

後のデータ trim-uc2-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-align-right 5-align-right layout-auto
ページ名 イベント
ホームページ 5

ユースケース 3 trim-uc3

storeID を含むデータを収集します。 storeID には、最初の 2 文字として略語の US 状態コードが含まれます。 レポートでその状態コードのみを使用したい場合。

前のデータ trim-uc3-databefore

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 7-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right 20-align-right 23-align-right layout-auto
storeID イベント
CA293842 1
CA423402 1
UT123418 1
UT189021 1
ID028930 1
または 234223 1
NV22342 1

派生フィールド trim-u3-derivedfield

を作成します Store Identifier 派生フィールド。 を使用します TRIM ルールを定義する関数 右から切り捨て この storeID 文字列の末尾から位置までのフィールド 3.

分割ルールのスクリーンショット – 最初の値

後のデータ trim-uc3-dataafter

table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 2-align-right 5-align-right 8-align-right 11-align-right 14-align-right 17-align-right layout-auto
ストア識別子 イベント
CA 2
UT 2
ID 1
OR 1
NV 1

URL の解析

プロトコル、ホスト、パス、クエリパラメーターなど、URL の様々な部分を解析します。

詳細

仕様 urlparse-io

table 0-row-5 1-row-5 layout-auto
入力データタイプ 入力 含まれる演算子 上限 出力
  • 文字列
  • フィールド:

    • ルール
    • 標準フィールド
    • フィールド

    オプション:

    • プロトコルを取得
    • ホストを取得
    • パスを取得
    • クエリ文字列値を取得
      • クエリパラメーター:
        • 文字列
    • ハッシュ値を取得
該当なし 派生フィールドごとに 5 つの関数 新しい派生フィールド

ユースケース 1 urlparse-uc1

マーケティングチャネルのルールセットの一部として、参照 URL の参照ドメインのみを使用できます。

前のデータ urlparse-uc1-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 layout-auto
Referring URL
https://www.google.com/
https://duckduckgo.com/
https://t.co/
https://l.facebook.com/

派生フィールド urlparse-uc1-derivedfield

を定義します Referring Domain 派生フィールド。 を使用します URL の解析 からホストを取得するルールを定義する関数 参照 URL フィールドに移動し、それを新しい派生フィールドに保存します。

URL 解析ルール 1 のスクリーンショット

後のデータ urlparse-uc1-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 4-row-1 layout-auto
Referrer Domain
www.google.com
duckduckgo.com
t.co
l.facebook.com

ユースケース 2 urlparse-uc2

の値を使用する cid 内のクエリ文字列のパラメーター Page URL 派生トラッキングコードレポートの出力の一部として。

前のデータ urlparse-uc2-databefore

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 layout-auto
Page URL
https://www.adobe.com/?cid=abc123
https://www.adobe.com/?em=email1234&cid=def123
https://www.adobe.com/landingpage?querystring1=test&test2=1234&cid=xyz123

派生フィールド urlparse-uc2-derivedfield

を定義します Query String CID 派生フィールド。 を使用します URL の解析 内のクエリ文字列パラメーターの値を取得するルールを定義する関数 ページ URL フィールド、指定する cid クエリパラメーターとして使用します。 出力値は新しい派生フィールドに保存されます。

Url 解析ルール 2 のスクリーンショット

後のデータ urlparse-uc2-dataafter

table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1 layout-auto
Query String CID
abc123
def123
xyz123

制限事項

派生フィールド機能全般に次の制限が適用されます。

  • 派生フィールドのルールを定義する際には、(標準フィールドを除く)最大 10 個の異なるスキーマフィールドを使用できます。
    • この最大 10 個の異なるスキーマフィールドから、最大 3 個のルックアップスキーマまたはプロファイルスキーマフィールドのみを使用できます。
  • Customer Journey Analytics接続ごとに最大 100 個の派生フィールドを設定できます。

関数の制限事項の概要

関数
制限事項
Case When
  • 派生フィールドごとに関数が 5 つの場合
  • 200 演算子 派生フィールドあたり
分類
  • 派生フィールドごとに 5 つの分類関数
  • 200 演算子 派生フィールドあたり
連結
  • 派生フィールドごとに 2 つの関数を連結
検索と置換
  • 派生フィールドごとに 2 つの検索と置換関数
ルックアップ
  • 派生フィールドごとに 5 つのルックアップ関数
小文字
  • 派生フィールドごとに 2 つの小文字の関数
フィールドを結合
  • 派生フィールドごとに 2 つの結合フィールド関数
正規表現による置換
  • 派生フィールドごとに 1 つの正規表現置換関数
Split
  • 派生フィールドごとに 5 つの分割関数
トリミング
  • 派生フィールドごとに 1 つの Trim 関数
URL の解析
  • 派生フィールドごとに 5 つの URL 解析関数

演算子

Case When 関数内の If または Else If 構成内の演算子は、条件と 1 の値。 条件に値を追加するたびに、演算子の数が加算されます。

例えば、以下の条件では、13 個の演算子を使用しています。

サンプル演算子

Classify 関数の演算子は、 値が元の値と等しい場合 値を新しい値に置換.

例えば、以下の分類ルールでは、3 つの演算子を使用します。

分類ルール 1 のスクリーンショット

詳細情報

Trim および Lowercase は、のコンポーネント設定で既に使用できる機能です。 データビュー. 派生フィールドを使用すると、これらの関数を組み合わせて、より複雑なデータ変換をCustomer Journey Analyticsで直接実行できます。 例えば、 Lowercase イベント フィールドで大文字と小文字を区別しないようにするには、次を使用します Lookup 小文字のルックアップキーのみを持つルックアップデータセットに対して、新しい小文字フィールドを一致させます。 または、次を使用できます Trim 設定前に文字を削除するには Lookup 新しいフィールドで、をクリックします。

派生フィールドでの参照およびプロファイルフィールドのサポートにより、イベントの参照とプロファイル属性に基づいてデータを変換できます。 これは、ルックアップまたはプロファイルデータセットにアカウントレベルのデータが含まれている B2B シナリオで特に役立ちます。 また、このサポートは、ルックアップデータ(キャンペーン情報やオファータイプなど)やプロファイルデータ(メンバー層やアカウントタイプなど)の共通フィールドでデータを操作する場合に役立ちます。

派生フィールドの背景情報については、を参照してください。

recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79