レポートスイートを様々なスキーマと組み合わせる

The Analytics ソースコネクタ は、Adobe AnalyticsからAdobe Experience Platformにレポートスイートデータを取り込み、Real-time Customer Data PlatformやCustomer Journey Analytics(Customer Journey Analytics) などのAdobe Experience Platformアプリケーションで使用できるようにします。 Adobe Experience Platformに取り込まれる各レポートスイートは、個々のソース接続データフローとして設定され、各データフローは、Adobe Experience Platformデータレイク内のデータセットとして配置されます。 Analytics ソースコネクタは、レポートスイートごとに 1 つのデータセットを作成します。

Customer Journey Analyticsのお客様が 接続 を使用して、Adobe Experience PlatformデータレイクのデータセットをCustomer Journey AnalyticsAnalysis Workspaceに統合します。 ただし、1 つの接続内でレポートスイートを組み合わせる場合は、Adobe Experience Platformを使用してレポートスイート間のスキーマの違いを解決する必要があります データ準備 機能。 目的は、prop や eVar などのAdobe Analytics変数がCustomer Journey Analyticsで一貫した意味を持つようにすることです。

レポートスイート間のスキーマの違いが問題

Customer Journey Analyticsで使用する 2 つの異なるレポートスイートのデータをAdobe Experience Platformに取り込み、2 つのレポートスイートのスキーマに違いがあるとします。

レポートスイート A
レポートスイート B
eVar1 = 検索語句
eVar1 = ビジネスユニット
eVar2 = 顧客カテゴリ
eVar2 = 検索語句

簡潔にするために、両方のレポートスイートで定義されている eVar はこれらのみということにします。

さらに、次のアクションを実行するとします。

  • 取り込む Analytics ソース接続の作成(データ準備を使用しない) レポートスイート A をAdobe Experience Platformデータレイクに データセット A.
  • 取り込む Analytics ソース接続の作成(データ準備を使用しない) レポートスイート B をAdobe Experience Platformデータレイクに データセット B.
  • の作成 Customer Journey Analytics接続 呼び出し すべてのレポートスイート データセット A とデータセット B を組み合わせた
  • の作成 Customer Journey Analyticsのデータビュー 呼び出し グローバル表示 すべてのレポートスイート接続に基づいている

データセット A とデータセット B の間のスキーマの違いを解決するためにデータ準備を使用しない場合、グローバル表示データビューの eVar には、次の値が混在することになります。

Customer Journey Analyticsのグローバルビューデータビュー
eVar1 => 検索語句とビジネスユニットの混在
eVar2 => 顧客カテゴリと検索語句の混在

このような状況では、eVar1 と eVar2 について意味のないレポートが作成されることになります。

  • eVar フィールドには、様々な意味論的意味を含む値が混在します。
  • 検索語句は、eVar1 と eVar2 の間で分散されます。
  • 検索語句、ビジネスユニット、顧客カテゴリごとに異なるアトリビューションモデルを使用することはできません。

Adobe Experience Platform Data Prep を使用して、レポートスイート間のスキーマの違いを解決する

Experience Platformデータ準備機能は、Analytics ソースコネクタと統合されており、上記のシナリオで説明したスキーマの違いの解決に使用できます。 その結果、Customer Journey Analyticsデータビューで一貫した意味の eVar が生成されます。 (次に使用する命名規則は、必要に応じてカスタマイズできます。)

  1. レポートスイート A とレポートスイート B のソース接続データフローを作成する前に、 新しいスキーマを作成 ADOBE EXPERIENCE PLATFORM(  統合スキーマ (この例では)。 スキーマに次を追加します。

    table 0-row-1 1-row-1 2-row-1
    「Unified Schema」
    XDM ExperienceEvent クラス
    Adobe Analytics ExperienceEvent テンプレート」フィールドグループ
  2. スキーマに別のフィールドグループを追加するか、カスタムフィールドグループを作成してスキーマに追加します。ここでは、新しいフィールドグループを作成し、Unified Fields と呼ぶことにします。次に、この新しいフィールドグループに次のフィールドを追加します。

    table 0-row-1 1-row-1 2-row-1 3-row-1
    「Unified Fields」カスタムフィールドグループ
    検索語句
    ビジネスユニット
    顧客カテゴリ
  3. データフローで使用する Unified Schema を選択して、レポートスイート A のソース接続データフローを作成します。次のように、データフローにカスタムマッピングを追加します。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2
    レポートスイート A ソースフィールド 「Unified Fields」フィールドグループからの宛先フィールド
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar1 <path>.Search_term
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar2 <path>.Customer_category
    note note
    NOTE
    宛先フィールドの XDM パスは、カスタムフィールドグループの構造によって異なります。
  4. データフローで使用する Unified Schema を選択して、レポートスイート B のソース接続データフローを作成します。このワークフローでは、2 つのフィールドの記述子名が競合していることが表示されます。これは、eVar1 と eVar2 の記述子がレポートスイート B とレポートスイート A で異なっているからです。しかし、これは既にわかっていることなので、問題なく競合を無視でき、次のようにカスタムマッピングを使用できます。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2
    レポートスイート B ソースフィールド 「Unified Fields」フィールドグループからの宛先フィールド
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar1 <path>.Business_unit
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar2 <path>.Search_term
  5. 次に、 すべてのレポートスイート Customer Journey Analytics用の接続。データセット A とデータセット B を組み合わせます。

  6. の作成 グローバル表示 Customer Journey Analyticsのデータビュー。 元の eVar フィールドを無視して、「Unified Fields」フィールドグループからのフィールドのみを含めます。

    グローバル表示 Customer Journey Analyticsのデータビュー:

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2
    ソースフィールド データビューに含める?
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar1 ×
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar2 ×
    <path>.Search_term
    <path>.Customer_category
    <path>.Business_unit

これで、ソースレポートスイートの eVar1 および eVar2 が 3 つの新しいフィールドにマッピングされました。データ準備のマッピングを使用するもう 1 つの利点は、宛先フィールドが、意味のない eVar 名(eVar1、eVar2)ではなく、意味論的に意味のある名前(検索語句、ビジネスユニット、顧客カテゴリ)に基づいていることです。

NOTE
統合フィールドのカスタムフィールドグループと関連するフィールドマッピングは、いつでも既存の Analytics ソースコネクタのデータフローとデータセットに追加できます。 ただし、これは、将来のデータにのみ影響します。

単なるレポートスイート以上

データセットを様々なスキーマと組み合わせるデータ準備の機能は、Analytics レポートスイートを超えたものです。次のデータを含む 2 つのデータセットがあるとします。

データセット A = Analytics ソースコネクタを使用した Analytics レポートスイート
eVar1 => 顧客カテゴリ
データセット B = コールセンターデータ
Some_field => 顧客カテゴリ

データ準備を使用すると、Analytics データの eVar 1 の顧客カテゴリとコールセンターデータの Some_field の顧客カテゴリを組み合わせることができます。次に、その方法のひとつを示します。ここでも、命名規則は必要に応じて変更できます。

  1. Adobe Experience Platformでスキーマを作成します。 スキーマに次を追加します。

    table 0-row-1 1-row-1 2-row-1
    「Extended Schema」
    XDM Experience Event クラス
    Adobe Analytics Experience Event テンプレート」フィールドグループ
  2. 新しいフィールドグループを作成して、スキーマに追加します。フィールドグループにフィールドを追加します。

    table 0-row-1 1-row-1
    「Customer Info」カスタムフィールドグループ
    Customer_category
  3. データセット A のデータフローを作成し、スキーマとして Extended Schema を選択します。次のように、データフローにカスタムマッピングを追加します。

    table 0-row-2 1-row-2
    データセット A ソースフィールド 「Customer Info」フィールドグループからの宛先フィールド
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar2 <path>.Customer_category
  4. データセット B のデータフローを作成し、スキーマとして Extended Schema を選択します。次のように、データフローにカスタムマッピングを追加します。

    table 0-row-2 1-row-2
    データセット B ソースフィールド 「Customer Info」フィールドグループからの宛先フィールド
    <path>.Some_field <path>.Customer_category
  5. データセット A とCustomer Journey Analyticsセット B を組み合わせたデータ接続を作成します。

  6. 先ほど作成したCustomer Journey Analytics接続を使用して、Customer Journey Analyticsでデータビューを作成します。 元の eVar フィールドを無視して、「Customer Info」フィールドグループからのフィールドのみを含めます。

    Customer Journey Analyticsのデータビュー:

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2
    ソースフィールド データビューに含める?
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar1 ×
    _experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar2 ×
    <path>.Customer_category

データ準備とコンポーネント ID の比較

前述のように、データ準備を使用すると、複数の Adobe Analytics レポートスイートをまたいで異なるフィールドを一緒にマッピングできます。これは、複数のCustomer Journey Analyticsセットのデータを 1 つのデータ接続に組み合わせる場合にCustomer Journey Analyticsに役立ちます。 ただし、レポートスイートを別々のCustomer Journey Analytics接続に維持する場合で、これらの接続とデータビューをまたいで 1 組のレポートを使用する場合、Customer Journey Analyticsの基になるコンポーネント ID を変更すると、異なるスキーマでもレポートに互換性を持たせることができます。 詳しくは、コンポーネント設定を参照してください。

コンポーネント ID の変更はCustomer Journey Analyticsのみの機能で、リアルタイム顧客プロファイルおよび RTCDP に送信される Analytics ソースコネクタからのデータには影響しません。

recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79