ソース接続アカウントを削除

Adobe Experience Platformのソースコネクタは、外部ソースのデータをスケジュールに従って取り込む機能を提供します。 このチュートリアルでは、 ソース ワークスペース。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

UI を使用したアカウントの削除

ヒント

ソースアカウントを削除する前に、まず、ソースアカウントに関連付けられている既存のデータフローを削除する必要があります。 既存のデータフローを削除するには、 UI でのソースデータフローの削除.

にログインします。 Adobe Experience Platform 次に、 ソース 左側のナビゲーションバーから ソース ワークスペース。 この カタログ 画面には、アカウントおよびデータフローを作成できる様々なソースが表示されます。 各ソースには、関連付けられている既存のアカウントとデータフローの数が表示されます。

選択 アカウント にアクセスするには アカウント ページ。

catalog-accounts

既存のアカウントのリストが表示されます。 このページには、ソース、ユーザー名、関連するデータフロー、作成日など、既存のアカウントに関する並べ替え可能な情報のリストが表示されます。 を選択します。 ファネルアイコン を左上に配置して並べ替えます。

dataflows-list

並べ替えパネルは、使用可能なソースのリストを含む画面の左側に表示されます。 並べ替え機能を使用して、複数のソースを選択できます。

アクセスするソースを選択し、削除するアカウントをメインインターフェイスのアカウントのリストから探します。 この例では、選択したソースは Azure Blob Storage アカウント名は blobTestConnector. 並べ替えパネルから複数のソースを選択する場合、リストは作成日順に並べ替えられるので、最近作成されたアカウントが最初に表示されます。

削除するアカウントを選択します。

dataflows-sort

この プロパティ パネルが画面の右側に表示され、選択したアカウントに関する情報が含まれます。

省略記号 (...) をクリックします。 ポップアップパネルが表示され、次のオプションが表示されます。 データを追加, 詳細を編集、および 削除. 選択 削除 をクリックしてアカウントを削除します。

dataflows-sort

最終確認ダイアログボックスが表示されます。次の項目を選択します。 削除 をクリックしてプロセスを完了します。

次を削除します。

次の手順

このチュートリアルでは、 ソース ワークスペースを使用して、既存のアカウントを削除します。

を使用してこれらの操作をプログラムで実行する手順については、 Flow Service API( フローサービス API を使用した接続の削除

このページ