を使用したオンデマンド取り込みのフロー実行の作成 Flow Service API

フロー実行は、フロー実行のインスタンスを表します。 例えば、時間別のフローの午前 9:00、午前 10:00、午前 11:00 に実行するようにスケジュールされている場合、フロー実行の 3 つのインスタンスが存在します。 フロー実行は、特定の組織に固有です。

オンデマンド取り込みでは、特定のデータフローに対するフロー実行を作成できます。 これにより、ユーザーは、サービストークンを使用せずに、指定されたパラメーターに基づいてフロー実行を作成し、取り込みサイクルを作成できます。 オンデマンド取り込みのサポートは、バッチソースに対してのみ使用できます。

このチュートリアルでは、オンデマンド取り込みを使用し、 Flow Service API.

はじめに

NOTE
フロー実行を作成するには、まず、1 回の取り込み用にスケジュールされたデータフローのフロー ID が必要です。

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • ソース:Experience Platform を使用すると、データを様々なソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。
  • サンドボックス:Experience Platform には、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスが用意されています。

Platform API の使用

Platform API を正常に呼び出す方法について詳しくは、Platform API の概要のガイドを参照してください。

テーブルベースのソースに対するフロー実行の作成

テーブルベースのソースのフローを作成するには、 Flow Service 実行を作成するフローの ID と、開始時間、終了時間、デルタ列の値を提供する際の API。

TIP
テーブルベースのソースには、広告、分析、同意および環境設定、CRM、顧客の成功、データベース、マーケティングの自動化、支払い、プロトコルの各ソースカテゴリが含まれます。

API 形式

POST /runs/

リクエスト

次のリクエストは、フロー ID のフロー実行を作成します 3abea21c-7e36-4be1-bec1-d3bad0e3e0de.

NOTE
必要なのは、 deltaColumn 最初のフロー実行を作成する際に使用します。 その後 deltaColumn の一部としてパッチを適用します copy 流れの中の変換であり、真理の源として扱われます。 変更を試みた場合 deltaColumn フロー実行パラメーターを通じた値は、エラーを引き起こします。
curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/runs' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Content-Type: application/json'
  -d '{
      "flowId": "3abea21c-7e36-4be1-bec1-d3bad0e3e0de",
      "params": {
          "startTime": "1663735590",
          "windowStartTime": "1651584991",
          "windowEndTime": "16515859567",
          "deltaColumn": {
              "name": "DOB"
          }
      }
  }'
パラメーター
説明
flowId
フロー実行が作成されるフローの ID。
params.startTime
オンデマンドフローの実行が開始される予定時間。 この値は UNIX 時間で表されます。
params.windowStartTime
データの取得元となる最も早い日時。 この値は UNIX 時間で表されます。
params.windowEndTime
データが取得されるまでの日時。 この値は UNIX 時間で表されます。
params.deltaColumn
デルタ列は、データをパーティション化し、新しく取り込んだデータを履歴データから分離するために必要です。 注意: deltaColumn は、最初のフロー実行を作成する場合にのみ必要です。
params.deltaColumn.name
デルタ列の名前。

応答

正常な応答は、新しく作成されたフロー実行の詳細(一意の実行を含む)を返します id.

{
    "items": [
        {
            "id": "3fb0418e-1804-45d6-8d56-dd51f05c0baf",
            "etag": "\"1100c53e-0000-0200-0000-627138980000\""
        }
    ]
}
プロパティ
説明
id
新しく作成されたフロー実行の ID。 次のガイドを参照してください: フロー仕様の検索 を参照してください。
etag
フロー実行のリソースのバージョン。

ファイルベースのソースに対するフロー実行の作成

ファイルベースのソースのフローを作成するには、 Flow Service 実行を作成するフローの ID を指定する際の API と、開始時間および終了時間の値。

TIP
ファイルベースのソースには、すべてのクラウドストレージソースが含まれます。

API 形式

POST /runs/

リクエスト

次のリクエストは、フロー ID のフロー実行を作成します 3abea21c-7e36-4be1-bec1-d3bad0e3e0de.

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/runs' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Content-Type: application/json'
  -d '{
      "flowId": "3abea21c-7e36-4be1-bec1-d3bad0e3e0de",
      "params": {
          "startTime": "1663735590",
          "windowStartTime": "1651584991",
          "windowEndTime": "16515859567"
      }
  }'
パラメーター
説明
flowId
フロー実行が作成されるフローの ID。
params.startTime
オンデマンドフローの実行が開始される予定時間。 この値は UNIX 時間で表されます。
params.windowStartTime
データの取得元となる最も早い日時。 この値は UNIX 時間で表されます。
params.windowEndTime
データが取得されるまでの日時。 この値は UNIX 時間で表されます。

応答

正常な応答は、新しく作成されたフロー実行の詳細(一意の実行を含む)を返します id.

{
    "items": [
        {
            "id": "3fb0418e-1804-45d6-8d56-dd51f05c0baf",
            "etag": "\"1100c53e-0000-0200-0000-627138980000\""
        }
    ]
}
プロパティ
説明
id
新しく作成されたフロー実行の ID。 次のガイドを参照してください: フロー仕様の検索 を参照してください。
etag
フロー実行のリソースのバージョン。

フロー実行の監視

フロー実行が作成されたら、フロー実行を通じて取り込まれるデータを監視して、フロー実行、完了ステータス、エラーに関する情報を確認できます。 API を使用してフロー実行を監視するには、 API でのデータフローの監視. Platform UI を使用してフロー実行を監視するには、 監視ダッシュボードを使用したソースデータフローの監視.

recommendation-more-help
337b99bb-92fb-42ae-b6b7-c7042161d089