Adobe Experience Platform ドキュメント

このページでは、Adobe Experience Platform の基本を学んだり、トラブルシューティングを支援をしたり、機能を最大限に活用したりするうえで役に立つドキュメントが見つかります。

Adobe Experience Platform を使用すると、組織はあらゆるシステムの顧客データを一元化および標準化できます。次に、データサイエンスと機械学習を適用して、パーソナライズされた豊富なエクスペリエンスのデザインと配信を大幅に改善します。

詳しくは、次のリンク先にあるチュートリアル、ビデオ、Experience Platform ガイドをご覧ください。

ガイド

概要 lists-documentation-1

  • Experience Platform の概要
    Experience Platformを利用して、ガイド、ドキュメント、チュートリアルを使用して、パーソナライズされたエクスペリエンスをリアルタイムで顧客に提供する方法を説明します。
  • AI アシスタント
    AI アシスタント、そのニュアンスとユースケース、およびAdobe Experience PlatformとReal-time Customer Data Platformを使用してワークフローを迅速化する方法について説明します。
  • トラブルシューティングガイド
    よくある質問への回答、および Experience Platform の一般的なエラーのトラブルシューティングに関するガイドをご覧ください。
  • Experience Platform のアクセシビリティ
    すべての個人にアクセシブルで包括的な機能を提供する Experience Platform の取り組みについて説明します。

管理 lists-documentation-2

  • アラート
    アラートルールの定義方法など、Adobe Experience Platformでのアラートの概要を説明します。
  • サンドボックス
    サンドボックスの機能と、開発、テスト、アプリケーションのデプロイメントのための仮想環境への Platform インスタンスのパーティション化の仕組みを確認します。
  • アクセス制御
    Adobe Admin Console の製品プロファイルを使用して、ユーザー権限を管理します。ユーザーを製品とサンドボックスに割り当てる方法について説明します。
  • ライセンス使用状況
    Adobe Experience Platform でライセンス使用権限をより適切に管理するために使用できるベストプラクティスとツールについて説明します。
  • 統合タグ
    統合タグを使用すると、メタデータ分類を管理できます。 タグのカテゴリとタグを作成する方法を説明します。

アプリケーション lists-documentation-3

  • Real-Time Customer Data Platform(すべてのエディション)
    複数のエンタープライズソースから既知のデータや匿名データをまとめて顧客プロファイルを作成、それらのプロファイルからオーディエンスを作成し、それらのオーディエンスをサードパーティの宛先に活用します。
  • Journey Optimizer
    Adobe Journey Optimizer を使用して、カスタマージャーニー内の主な問題や課題を解決します。
  • Customer Journey Analytics
    Adobe Customer Journey Analytics と、Experience Platform のデータを使った Analysis Workspace の使用方法について説明します。
  • Mix Modeler
    Mix Modeler を使用してキャンペーンを測定し、すべてのチャネルをまたいで総合的に計画を最適化します。

データモデリング lists-documentation-4

  • スキーマ
    Experience Platform 内でエクスペリエンスデータモデル(XDM)システムの概要を探索し、クラスとスキーマフィールドグループを使用してエクスペリエンスデータを標準化する方法について説明します。

データ収集 lists-documentation-5

  • Adobe Experience Platform でのデータ収集
    Adobe Experience Platform Edge Network のクライアントサイドのデータ収集を有効にする方法と、使用するデータ収集テクノロジーについて詳しく説明します。
  • データストリーム
    Adobe Experience Platform でデータストリームを設定する方法を説明します。
  • タグ(Launch)
    Adobe Experience Platform のタグに関するドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Web SDK
    Experience Platform Web SDK のドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Mobile SDK
    Experience Platform Mobile SDK と Places サービスのドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Edge ネットワークサーバー API
    Experience Cloud サービスまたは Experience Platform Edge サービスを使用したデータ収集、パーソナライズ、広告およびマーケティングのユースケースには、Edge Network Server API を使用します。
  • Experience Platform Assurance
    Adobe Experience Platform Assurance を使用すると、モバイルアプリケーションでデータを収集したりエクスペリエンスを提供したりする方法を検査、配達確認、シミュレートおよび検証できます。
  • Experience Platform Debugger
    Chrome および Firefox 用の Adobe Experience Platform Debugger を使用して、Experience Platform の実装に関する問題を web ページで調べます。
  • イベント転送
    Platform Edge ネットワークを使用して、タグの実装を変更せずにタスクを実行できる、Adobe Experience Platform のイベント転送について説明します。

データの取得と管理 lists-documentation-6

  • カタログサービス
    データレイク内でデータ系統、メタデータ、ファイル説明、ディレクトリ、データセットを探索し、カタログサービスシステムについて詳しく説明します。
  • ダッシュボード
    カスタマイズ可能なダッシュボードを使用して、Experience Platform でデータを視覚化する方法について説明します。
  • データアクセス
    Experience Platform で、取り込んだデータセットを検索してアクセスします。
  • データ取得
    バッチまたはストリーミング取り込みを使用して、データを Experience Platform に取り込みます。
  • データ準備
    Adobe Experience Platform に取り込むデータを準備し、データのマッピング、変換、検証に役立つデータ準備の方法について説明します。
  • データフロー
    データフローと、様々なサービス間でデータフローを設定する方法について説明します。
  • データセット
    このドキュメントでは、Experience Platform のデータセットのおおまかな概要を説明します。
  • 監視
    Adobe Experience Platform Observability Insights の統計指標とイベント通知を使用して、Platform アクティビティを監視する方法を確認します。
  • ソース
    様々なソースからデータを取り込みます。 既に取り込んだデータの構造化、ラベル付けおよび拡張方法について説明します。

顧客データ lists-documentation-7

  • ID サービス
    デバイスやシステムをまたいで顧客 ID を結び付け、パーソナライズされたデジタルエクスペリエンスを提供します。
  • リアルタイム顧客プロファイル
    顧客データを結合し、複数のチャネルをまたいで顧客インタラクションの全体像を作り出します。
  • リアルタイム顧客プロファイルデータのガードレール
    Real-Time CDP機能を最適に使用するための、プロファイルデータとセグメント化のパフォーマンスとシステムで適用されるガードレールについて説明します。
  • セグメント化サービス
    Adobe Experience Platform で生成したセグメント定義または外部ソースを使用して、リアルタイム顧客プロファイルデータからオーディエンスを作成します。
  • Real-Time Customer Data Platform(すべてのエディション)
    複数のエンタープライズソースから既知のデータや匿名データをまとめて顧客プロファイルを作成、それらのプロファイルからオーディエンスを作成し、それらのオーディエンスをサードパーティの宛先に活用します。

ガバナンス、プライバシー、セキュリティ lists-documentation-8

  • データガバナンス
    ラベル、マーケティングアクション、ガバナンスポリシーを使用して、データ使用制限を適用します。
  • Privacy Service
    GDPR や CCPA などの法的プライバシー規制に準拠するための、顧客データリクエストを管理します。
  • データライフサイクル
    データのクレンジング、匿名データの削除およびデータの最小化のために、Experience Platform で個々のレコードを削除し、データセットの有効期限をスケジュールします。
  • 監査ログ
    監査ログを使用して、Adobe Experience Platform で誰が何のアクションを実行したかを確認する方法を説明します。

データサイエンスとクエリ lists-documentation-9

  • データサイエンスワークスペース
    機械学習を利用して、Adobe Sensei と JupyterLab Notebooks でモデルとレシピを開発、トレーニング、評価します。
  • インテリジェントサービス
    インテリジェントな AI サービスを利用して、マーケティングイベントデータからのスコアの生成、インサイトの発見、セグメントの作成を行います。
  • クエリサービス
    標準 SQL を使用して、Experience Platform でデータレイク内のデータをクエリします。

Activation lists-documentation-10

  • 宛先
    クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告などに使用する既知または不明なデータをアクティブ化します。

Audience Manager の拡張アクティベーション lists-documentation-11

ユースケース

インテリジェントな再エンゲージメント lists-documentation-12

Experience Platform のユースケース lists-documentation-13

チュートリアル tiles-tutorials-1

リリース情報 lists-release

開発者リソース lists-dev

関連リソース lists-resources-1