データ管理ライセンス使用権限のベストプラクティス

Adobe Experience Platform は、お客様のデータをリアルタイムに更新される堅牢な顧客プロファイルに変換し、AI によるインサイトを利用して、あらゆるチャネルにわたって適切なエクスペリエンスを提供できるようにするオープンシステムです。様々なタイプ、量、履歴のデータをソースを使用して Experience Platform に取り込み、そのデータをセグメント化やパーソナライゼーション、分析、機械学習などのユースケースに対応させることができます。

Platform は、作成できるプロファイルの数や取り込めるデータの量を設定したライセンスを提供します。任意のデータのソース、量または履歴を取り込めるので、データ量が増加するに従って、ライセンス使用権限を超過する可能性があります。

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform でのライセンス使用権限をより適切に管理するために、従うべきベストプラクティスと使用できるツールの概要を説明します。

Adobe Experience Platform データストレージについて

Experience Platformは、主に data lake とプロファイルストアの 2 つのデータリポジトリで構成されています。

data lake は、主に次のような目的で使用されます。

  • Experience Platform へのデータのオンボーディングのためのステージング領域として機能させる。
  • すべての Experience Platform データのための長期間のデータストレージとして機能させる。
  • データ分析およびデータサイエンスなどのユースケースを有効にする。

プロファイルストア は、顧客プロファイルを作成する場所であり、主に次のような目的で使用されます。

  • リアルタイムエクスペリエンスをサポートするために使用されるプロファイルのデータストレージとして機能させる。
  • セグメント化、アクティベーション、パーソナライゼーションなどのユースケースを有効にする。
NOTE
data lake へのアクセスは、購入した製品 SKU によって異なります。製品 SKU について詳しくは、アドビ担当者にお問い合わせください。

ライセンス使用状況 license-usage

Experience Platform のライセンスを取得すると、SKU によって異なるライセンス使用権限が提供されます。

Addressable Audience - Experience Platform で契約により許可される顧客プロファイルの合計数(既知のプロファイルと匿名プロファイルの両方を含む)。

Profile Richness - Experience Platform におけるお客様のプロファイルデータの平均サイズ。リッチネスパックを購入することで、Profile Richness 使用権限を増やすことができます。

Profile Richness 指標は、購入したライセンスによって異なります。Profile Richness では、2 つの計算方法を利用できます。

  • Adobe Real-time Customer Data Platform内に保存された任意の時点のすべての実稼動データ(つまり、リアルタイム顧客プロファイルと ID サービス)の合計を、Addressable Audience で割る。
  • 任意の時点における Platform 内に保存されたすべてのデータ(data lake、リアルタイム顧客プロファイルおよび ID サービスを含みますが、これらに限定されません)と、過去 12 か月間に Platform を介して(内に保存するのではなく)ストリーミングしたデータの合計を、Addressable Audience で割ります。

これらの指標の可用性と各指標の具体的な定義は、お客様の組織が購入したライセンスによって異なります。

ライセンス使用状況ダッシュボード

Adobe Experience Platform UI には、組織の Platform ライセンス関連データのスナップショットを表示できるダッシュボードが用意されています。ダッシュボードのデータは、スナップショットが作成された特定の時点とまったく同じ内容を表示します。スナップショットは、データの近似値でもサンプルでもなく、ダッシュボードは、リアルタイムに更新されていません。

詳しくは、Platform UI でのライセンス使用状況ダッシュボードの使用に関するガイドを参照してください。

データ管理のベストプラクティス

次の節では、データをより良く管理するために従うべきベストプラクティスについて説明します。

データの把握

Adobe Experience Platform では、すべてのデータが同じわけではありません。データには、密だが価値が低いものもあれば、疎だが価値が高いものもあります。生成されるとすぐに価値を失うデータもあれば、数年とは言わないまでも、数か月にわたって価値が高いデータもあります。

データの価値を把握する際に考慮すべき 3 つのディメンションがあります。

ディメンション
説明
ボリューム
取り込まれたデータの量と合計を表します。
Web クリック数 - 量は多く、忠実度は中程度です。価値が急速に低下する可能性があります。
期間
取り込まれたデータが価値を維持し続ける時間の長さを表します。
オフライン購入 - 量や忠実度は中程度ですが、長期間にわたって価値が高い可能性があります。
忠実度
データがいかに豊富な情報を持っているかを表わします。
顧客アカウント - 量は少ないが、忠実度は高いです。顧客の有効期間を超えて価値がある可能性があります。

データ管理ツール data-management-tools

データ使用量がライセンス使用権限の制限内に収まるようにするには、主に 2 つのシナリオを考慮する必要があります。

どのデータを Platform に取り込むか?

データは、Platform の 1 つまたは複数のシステム(data lake またはプロファイルストア)に取り込むことができます。 これは、様々なユースケースに対する様々なデータが両方のシステムに存在する可能性があることを意味します。例えば、履歴データを data lake に保持し、プロファイルストアには保持しない可能性があります。 プロファイル取り込みのためのデータセットを有効にすることで、どのデータをプロファイルストアに送信するかを選択できます。

NOTE
data lake へのアクセスは、購入した製品 SKU によって異なります。製品 SKU について詳しくは、アドビ担当者にお問い合わせください。

どのデータを保持するか?

データ取り込みフィルターと有効期限ルールの両方を適用して、ユースケースに適さなくなったデータを削除できます。 通常、行動データ(Analytics データなど)は、レコードデータ(CRM データなど)よりも大幅に多くのストレージを消費します。例えば、多くの Platform ユーザーは、レコードデータに比べて、行動データだけでプロファイルの最大 90%を占めています。したがって、行動データを管理することは、ライセンス使用権限の範囲内でコンプライアンスを確保するために重要です。

ライセンス使用権限の範囲内で使用するために活用できるツールが多数あります。

ID サービスとアドレス可能なオーディエンス identity-service

アドレス可能なオーディエンスは顧客プロファイルの合計数を参照するので、ID グラフはアドレス可能なオーディエンスの使用権限の合計にはカウントされません。

ただし、ID グラフの制限は、ID の分割が原因で、アドレス可能なオーディエンスに影響を与える可能性があります。 例えば、最も古い ECID がグラフから削除された場合、ECID は、偽名プロファイルとしてリアルタイム顧客プロファイルに引き続き存在します。 この動作を回避するには、 偽名プロファイルデータの有効期限を設定します。 詳しくは、ID サービスデータのガードレールを参照してください。

取り込みフィルター ingestion-filters

取り込みフィルターを使用すると、ユースケースに必要なデータのみを取り込み、不要なすべてのイベントをフィルターで除外できます。

取り込みフィルター
説明
Adobe Audience Manager ソースフィルタリング
Adobe Audience Manager ソースAudience Managerを作成すると、接続データをすべて取り込むのではなく、どのセグメントおよび特性を data lake およびリアルタイム顧客プロファイルに取り込むかを選択できます。 詳しくは、Audience Manager ソース接続の作成に関するガイドを参照してください。
Adobe Analytics データ準備
Analytics ソース接続を作成する際に Data Prep 機能を使用すると、ユースケースに必要のないデータをフィルターで除外できます。Data Prep を使用して、どの属性/列をプロファイルに公開する必要があるかを定義できます。また、条件文を記述して、データをプロファイルに公開するのか、それとも data lake にだけ公開するのかを Platform に通知できます。詳しくは、Analytics ソース接続の作成に関するガイドを参照してください。
プロファイル用データセットの有効化/無効化のサポート
リアルタイム顧客プロファイルにデータを取り込むには、プロファイルストアで使用するデータセットを有効にする必要があります。 そうすることで、Addressable Audience と Profile Richness の使用権限が追加されます。データセットが顧客プロファイルのユースケースで不要になったら、そのデータセットのプロファイルへの統合を無効にして、データが確実にライセンスへの準拠を維持するようにできます。詳しくは、プロファイル用データセットの有効化および無効化に関するガイドを参照してください。
Web SDK と Mobile SDK のデータ除外
Web および Mobile SDK によって収集されるデータには、自動的に収集されるデータと、お客様の開発者が明示的に収集するデータの 2 つのタイプがあります。ライセンスのコンプライアンスをより適切に管理するために、コンテキスト設定により、SDK の設定で自動データ収集を無効にすることができます。また、カスタムデータは、開発者が削除したり、設定しないことも可能です。
サーバーサイド転送のデータ除外
サーバーサイド転送を使用して Platform にデータを送信する場合、ルールアクションのマッピングを削除してすべてのイベントにわたって除外するか、ルールに条件を追加して特定のイベントでのみデータを送信するようにすることで、送信するデータを除外できます。詳しくは、イベントおよび条件に関するドキュメントを参照してください。
ソースレベルでのデータのフィルタリング
接続を作成してデータをExperience Platformに取り込む前に、論理演算子と比較演算子を使用してソースから行レベルのデータをフィルタリングできます。 詳しくは、API を使用したソースの行レベルのデータのフィルタリングに関するガイドを参照し Flow Service ください。

プロファイルストア profile-service

プロファイルストアは、次のコンポーネントで構成されます。

プロファイルストアコンポーネント
説明
プロファイルフラグメント
個々の顧客プロファイルは、その顧客に対する単一のビューを形成する複数の​ プロファイルフラグメント ​で構成されます。例えば、顧客が複数のチャネルをまたいで自社のブランドとやり取りを行う場合、1 人の顧客に関連する複数の​ プロファイルフラグメント ​が複数のデータセットに表示されます。これらのフラグメントが Platform に取り込まれると、それらのフラグメントが ID グラフを使用してステッチされ、その顧客用に単一のプロファイルが作成されます。プロファイルフラグメント ​は、識別子としての ID 名前空間と、関連付けられたレコードデータや時系列データで構成されます。
レコードデータ(属性)
プロファイルとは、多数の​ 属性レコードデータ ​とも呼ばれる)で構成される主体、組織または個人を表したものです。例えば、製品のプロファイルには SKU と説明が含まれ、人物のプロファイルには名、姓、電子メールアドレスなどの情報が含まれる場合があります。レコードデータ ​は、通常、量は小/中程度ですが、長期間にわたって価値があります。
時系列データ(行動)
時系列データ ​は、ユーザー行動に関する情報を提供します。時系列データは、標準スキーマクラスのエクスペリエンスデータモデル(XDM)ExperienceEvent で表され、イベント(買い物かごへの追加、リンククリック、ビデオ視聴など)を示すことができます。行動の価値は、時間と共に減少する可能性があります。
ID 名前空間(ID)
統合された顧客データは、ID 名前空間 ​を使用して単一のプロファイルに結合され、ユーザーに関してより多くの情報が得られるにつれて、これらの ID をステッチできます。詳しくは、ID 名前空間の概要を参照してください。

プロファイルストア構成レポート

プロファイルストアの構成を理解するのに役立つ、様々なレポートが用意されています。 これらのレポートは、ライセンス使用状況をより最適化するために、エクスペリエンスイベントの有効期限を設定する方法と場所について、情報に基づいた決定を支援します。

  • Dataset Overlap Report API:アドレス可能なオーディエンスに最も貢献するデータセットを公開します。このレポートを使用して、どの ExperienceEvent データセットに有効期限を設定するかを特定できます。 詳しくは、データセット重複レポートの生成に関するチュートリアルを参照してください。
  • Identity Overlap Report API:アドレス可能なオーディエンスに最も貢献する ID 名前空間を公開します。詳しくは、ID 重複レポートの生成に関するチュートリアルを参照してください。

偽名プロファイルデータの有効期限 pseudonymous-profile-expirations

この機能を使用すると、古くなった偽名プロファイルをプロファイルストアから自動的に削除できます。 この機能について詳しくは、 偽名プロファイルデータの有効期限の概要を参照してください。

エクスペリエンスイベントの有効期限 event-expirations

この機能を使用すると、ユースケースにとって価値のなくなったプロファイル対応データセットから行動データを自動的に削除できます。 このプロセスをデータセットに対して有効にすると機能する方法について詳しくは、 エクスペリエンスイベントの有効期限に関する概要を参照してください。

ライセンス使用状況のコンプライアンスに関するベストプラクティスのまとめ best-practices

次に、ライセンス使用権限の順守をより確実にするために従うことのできる、推奨されるベストプラクティスのリストを示します。

機能の概要と可用性 feature-summary

このドキュメントで概要を説明するベストプラクティスとツールは、Adobe Experience Platformでのライセンス使用権限をより適切に管理するのに役立ちます。 このドキュメントは、すべての Experience Platform のお客様に可視性と制御を提供するための追加機能がリリースされるたびに更新されます。

次の表に、ライセンス使用権限をより適切に管理するために、現在、自由に使用できる機能のリストを示します。

機能
説明
プロファイル用のデータセットを有効/無効にする
リアルタイム顧客プロファイルへのデータセット取り込みを有効または無効にします。
エクスペリエンスイベントの有効期限
プロファイル対応データセットに取り込まれるすべてのイベントに有効期限を適用できます。 この機能を有効にするには、Adobeアカウントチームまたはカスタマーケアにお問い合わせください。
Adobe Analytics データ準備フィルター
Kafka フィルターを適用して、不要なデータを取り込みから除外します
Adobe Audience Manager ソースコネクタフィルター
Audience Manager ソース接続フィルターを適用して、不要なデータを取り込みから除外します
イベント転送データフィルター
サーバーサイド Kafka フィルターを適用して、不要なデータを取り込みから除外します詳しくは、タグルールに関するドキュメントを参照してください。
ライセンス使用状況ダッシュボード UI
Experience Platform に関する組織のライセンス関連データのスナップショットを表示します
Dataset Overlap Report API
アドレス可能なオーディエンスに最も貢献するデータセットを出力します
Identity Overlap Report API
アドレス可能なオーディエンスに最も貢献する ID 名前空間を出力します
recommendation-more-help
5741548a-2e07-44b3-9157-9c181502d0c5