偽名プロファイルデータの有効期限

Adobe Experience Platformでは、偽名プロファイルの有効期限を設定できます。これにより、有効でなくなったデータや、ユースケースで役に立たなくなったデータをプロファイルストアから自動的に削除できます。

偽名プロファイル pseudonymous-profile

次の条件を満たす場合、偽名データの有効期限についてプロファイルが考慮されます。

  • ステッチプロファイルの ID 名前空間は、偽名または不明な ID 名前空間として顧客が指定した名前空間と一致します。
    • 例えば、プロファイルの ID 名前空間が ECIDGAID または AAID である場合。 ステッチされたプロファイルには、他の ID 名前空間の ID がありません。 この例では、ステッチプロファイルにはメールまたは CRM ID が​ ありません
  • ユーザー定義の時間内にアクティビティは発生しませんでした。 アクティビティは、取り込まれる任意のエクスペリエンスイベントか、プロファイル属性に対して顧客が開始した更新によって定義されます。
    • 例えば、新しいページビューイベントやページ属性の更新はアクティビティと見なされます。 ただし、ユーザーが開始しないオーディエンスメンバーシップの更新はアクティビティとは​ 見なされません。現在、データの有効期限を計算するために、プロファイルレベルでのトラッキングは、エクスペリエンスイベントのイベント時間とプロファイル属性の取り込み時間に基づいて行われます。

アクセス access

偽名プロファイルデータの有効期限は、Platform UI または API を使用して設定することはできません。 代わりに、この機能を有効にするにはサポートに問い合わせる必要があります。 サポートに問い合わせる際は、次の情報を用意してください。

  • 偽名プロファイルの削除で考慮される ID 名前空間。
    • 例:ECID のみ、AAID のみ、または ECIDAAID の組み合わせ。
  • 偽名プロファイルを削除するまでの待機時間。 顧客に対するデフォルトのレコメンデーションは 14 日です。 ただし、この値は、使用事例によって異なる場合があります。

よくある質問 faq

次のセクションでは、偽名プロファイルデータの有効期限に関するよくある質問を示します。

偽名プロファイルデータの有効期限と、エクスペリエンスイベントデータの有効期限の違い

偽名プロファイルデータの有効期限とエクスペリエンスイベントデータの有効期限は、補完的な機能です。

精度

偽名プロファイルデータの有効期限は、サンドボックス ​レベルで機能します。 その結果、データの有効期限はサンドボックス内のすべてのプロファイルに影響を与えます。

エクスペリエンスイベントデータの有効期限は、データセット ​レベルで機能します。 その結果、各データセットで異なるデータ有効期限設定を使用できます。

ID タイプ

偽名プロファイルデータの有効期限では、顧客が選択した ID 名前空間を含む ID グラフを持つプロファイル(例えば、ECIDAAID、またはその他の種類の cookie)のみ ​が考慮されます。プロファイルに、顧客が選択したリストには​ 存在しない任意の ​追加 ID 名前空間が含まれている場合、プロファイルは削除​ されません

エクスペリエンスイベントデータの有効期限は、イベントレコードのタイムスタンプに基づいて​ のみ ​イベントを削除します。 含まれる ID 名前空間は、有効期限のために​ 無視されます

削除された項目

偽名プロファイルデータの有効期限は、イベントとプロファイルレコードの​ 両方 ​を削除します。 その結果、プロファイルクラスデータも削除されます。

エクスペリエンスイベントデータの有効期限は、イベント​ のみ ​を削除し、プロファイルクラスデータは削除​ しません。 プロファイルクラスデータが削除されるのは、すべての ​データセットにわたってすべてのデータが削除され、そのプロファイルにプロファイルクラスレコードが​ 残っていない ​場合のみです。

偽名プロファイルデータの有効期限をエクスペリエンスイベントデータの有効期限と組み合わせて使用する方法。

偽名プロファイルデータの有効期限とエクスペリエンスイベントデータの有効期限は、互いを補完するために使用できます。

既知の顧客に関するデータを保持する必要に応じて、データセットにエクスペリエンスイベントデータの有効期限を​ 常に ​設定する必要があります。 エクスペリエンスイベントデータの有効期限が設定されると、偽名プロファイルデータの有効期限を使用して、偽名プロファイルを自動的に削除できます。 通常、偽名プロファイルのデータの有効期限は、エクスペリエンスイベントデータの有効期限より短くなります。

一般的な使用例では、既知のユーザーデータの値に基づいてエクスペリエンスイベントデータの有効期限を設定し、偽名プロファイルのデータ有効期限をはるかに短い期間に設定して、偽名プロファイルの Platform ライセンスコンプライアンスへの影響を制限できます。

偽名プロファイルデータの有効期限を使用する必要があるユーザーは誰ですか。

  • Web SDK を使用して Platform に直接データを送信する場合。
  • 未認証の顧客にまとめて応対する web サイトがある場合。
  • データセットに過剰なプロファイル数があり、この過剰なプロファイル数が匿名の cookie ベースの ID 名前空間が原因であることを確認した場合。
    • これを判断するには、 ID 名前空間の重複レポートを使用する必要があります。 このレポートについて詳しくは、プレビューサンプルステータス API ガイドの ID 重複レポートセクションを参照してください。

偽名プロファイルデータの有効期限を使用する前に注意すべき点は何ですか。

  • 偽名プロファイルデータの有効期限は、サンドボックス ​レベルで機能します。実稼動サンドボックスと開発用サンドボックスに異なる設定を選択できます。
  • この機能を有効にすると、プロファイルは​ 完全に ​削除されます。削除したプロファイルをロールバックまたは復元する方法は​ ありません
  • これは 1 回限りのクリーンアップジョブ​ ではありません。偽名プロファイルデータの有効期限は、1 日に 1 回実行され、顧客の入力に一致するプロファイルが削除されます。
  • 偽名プロファイルとして定義された​ すべての ​プロファイルは、偽名プロファイルデータの有効期限の影響を受けます。 プロファイルがエクスペリエンスイベントのみか、プロファイル属性を含むだけの場合でも​ 関係ありません
  • このクリーンアップはプロファイルで​ のみ ​実行されます。 プロファイルに 2 つ以上の偽名の ID(例えば、AAIDECID)が関連付けられている場合、クリーンアップ後も ID サービスは削除された ID をグラフ内に表示し続ける場合があります。この不一致は今後対処される予定です。
  • 偽名プロファイルデータの有効期限 ではない すぐに実行します。処理に最大 3 日かかる場合があります。

偽名プロファイルデータの有効期限は、ID サービスデータのガードレールとどのようにやり取りしますか?

  • ID サービス 「先入れ先出し」削除システム id サービスに保存されている ID グラフから ECID を削除できる。
  • この削除動作により、ECID のみのプロファイルがリアルタイム顧客プロファイル(プロファイルストア)に保存される場合、偽名プロファイルデータの有効期限は、プロファイルストアからこのプロファイルを削除します。
recommendation-more-help
54550d5b-f1a1-4065-a394-eb0f23a2c38b