Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2024年5月21日(PT)

TIP
この Experience PlatformAPI ドキュメント がインタラクティブになりました。 ドキュメントページから直接 API エンドポイントを調べて、すぐにフィードバックを取得し、技術実装を高速化します。 詳細情報 新しい機能について

Experience Platformの既存の機能に対するアップデート:

Adobe Experience Platformのその他のアップデート:

カタログサービス catalog-service

カタログサービスは、Adobe Experience Platform 内のデータの場所と系列のレコードのシステムです。Experience Platformに取り込まれるすべてのデータはファイルおよびディレクトリとして Data Lake に保存されますが、カタログには、参照や監視のために、これらのファイルおよびディレクトリのメタデータと説明が保持されます。

新機能または更新された機能

機能
説明
一括アクション
データセットインベントリで一括アクションがサポートされるようになりました。 データ管理プロセスを合理化し、一括アクションでデータセットを効率的に管理できるようにします。 一括アクションを使用すると、多数のデータセットに対して複数のアクションを同時に実行することで時間を節約できます。 一括アクションには次のものがあります フォルダーに移動, タグを編集、および 削除 データセット。
データセット UI ワークスペースでの一括アクション。 {width="100" modal="regular"}
この機能について詳しくは、 データセット UI ガイド.

ダッシュボード dashboards

Adobe Experience Platform では、毎日のスナップショットで得られた、組織のデータに関する重要なインサイトを確認できる複数のダッシュボードを提供しています。

新機能または更新された機能

機能
説明
拡張アプリレポート用のカスタマイズ可能なインサイト
シームレス sql 分析の出力を、わかりやすいビジネスに適したビジュアル形式に変換. カスタム SQL クエリを使用すると、正確なデータ操作や、様々な構造化データセットからの動的グラフの作成を行えます。 Query pro モードを使用して、SQL で複雑な分析を実行し、カスタムダッシュボード上のグラフを通じて技術者以外のユーザーとこの分析を共有したり、CSV ファイルに書き出したりできます。

データガバナンス governance

Adobe Experience Platform データガバナンスは、顧客データを管理し、データの使用に適用される規制、制限、ポリシーへの準拠を確保するために使用される一連の戦略とテクノロジーです。これは、Experience Platform において様々なレベルで重要な役割を果たします。例えば、カタログ作成、データ系列、データ使用のラベル付け、データアクセスポリシー、マーケティングアクションのデータに関するアクセス制御などです。

新機能

機能
説明
HTTP API 宛先とAdobe Journey Optimizer カスタムアクションの mTLS サポート
相互トランスポート層のセキュリティ(mTLS)プロトコルの強化されたセキュリティ対策で、顧客の信頼を構築します。 この Experience PlatformHTTP API の宛先 および Adobe Journey Optimizerのカスタムアクション 設定済みのエンドポイントにデータを送信する際に、mTLS プロトコルをサポートするようになりました。 カスタムアクションや HTTP API 宛先で mTLS を有効化するための追加設定は必要ありません。このプロセスは、mTLS が有効なエンドポイントが検出された場合に自動的に実行されます。 次のことができます Adobe Journey Optimizer公開証明書をここからダウンロードします および Destinations Service 公開証明書はこちらから.
を参照してください。 Experience Platformデータ暗号化ドキュメント データをサードパーティ製システムに書き出す際のネットワーク接続プロトコルについて詳しくは、こちらを参照してください。

宛先 destinations

Destinations は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、事前定義済みの出力先プラットフォームとの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新機能または更新された機能

機能
説明
バッチ宛先のマッピングフィールドの並べ替え
にマッピングフィールドをドラッグ&ドロップして、CSV 書き出しの列の順序を変更できるようになりました マッピングステップ. UI でマッピングされたフィールドの順序は、書き出された CSV ファイルの列の順序で上から下に反映されます。一番上の行は CSV ファイルの左端の列です。
マッピングの並べ替え方法の表示。 {width="100" modal="regular"}
バッチ宛先のデフォルトの書き出しスケジュールがあらかじめ選択されています
Experience Platformは、各ファイル書き出しのデフォルトのスケジュールを自動的に設定するようになりました。 のドキュメントを参照してください。 オーディエンス書き出しのスケジュール設定 デフォルトスケジュールの変更方法については、こちらを参照してください。
バッチ宛先の複数のオーディエンスアクティベーションスケジュールを編集
からバッチ(ファイルベース)宛先に書き出された複数のオーディエンスのアクティベーションスケジュールを アクティベーションデータ タブ 宛先の詳細ページ.
複数のオーディエンスを選択し、ファイル書き出しスケジュールを編集する方法の表示。 {width="100" modal="regular"}
オンデマンドでの複数オーディエンスのバッチ宛先への書き出し
を通じて、複数のオーディエンスを選択してバッチ宛先に書き出すことができるようになりました オンデマンドでのファイルの書き出し 機能。

宛先の一般的な情報については、宛先の概要を参照してください。

クエリサービス query-service

クエリサービスを使用すると、標準 SQL を使用して Adobe Experience Platform Data Lake でデータに対してクエリを実行できます。任意のデータセットを Data Lake から結合し、クエリの結果を新しいデータセットとして取得することで、レポートや Data Science Workspace で使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできます。

更新された機能

機能
説明
従来のエディターの廃止
従来のエディターは非推奨(廃止予定)となり、使用できなくなりました。 その代わりに、を使用できます クエリエディターの機能強化 クエリを記述、検証および実行するには、次の手順を実行します。
クエリ実行遅延
クエリ実行の遅延に関するアラートを設定して、計算時間を制御します。 特定の期間が経過してもクエリステータスが変化しない場合に、アラートを受け取るように選択できます。 Platform UI で目的の遅延時間を設定し、クエリの進行状況を常に把握できるようにします。 UI でこのアラートを設定する方法については、を参照してください。 クエリスケジュールのドキュメント または インラインクエリアクションのガイド.
効率的なクエリログインベントリ

で、改善されたトラブルシューティング効率とタスク監視を使用できるようになりました 効率化されたクエリログ UI:

  • Platform UI は、デフォルトで「ログ」タブからすべての「システムクエリ」を除外するようになりました。
  • チェックを解除してシステムクエリを表示 システムクエリの除外.

クエリ UI ワークスペースの「ログ」タブ {width="100" modal="regular"}
効率化されたクエリログ UI を使用すると、よりフォーカスのあるビューが表示され、関連するログをすばやく識別して分析できます。

データベースセレクター
新規データベースセレクタードロップダウンメニューを使用して、次の操作を行います Power BIまたは Tableau からCustomer Journey Analyticsのデータビューに簡単にアクセス. Platform UI から目的のデータベースを直接選択して、BI ツールをよりシームレスに統合できるようになりました。
クエリ UI ワークスペースの「資格情報」タブ。 {width="100" modal="regular"}

セグメント化サービス segmentation

Segmentation Service を使用すると、Experience Platform に保存されている、個人(顧客、見込み客、ユーザー、組織など)に関連するデータをオーディエンスにセグメント化できます。オーディエンスは、セグメント定義または Real-Time Customer Profile データの他のソースを通じて作成できます。これらのオーディエンスは Platform で一元的に設定および管理されており、Adobe ソリューションから簡単にアクセスできます。

更新された機能

機能
説明
外部で生成されたオーディエンスのインポート
外部で生成されたオーディエンスの読み込みには、「オーディエンスを読み込み」権限が必要になりました。 権限について詳しくは、 権限 UI ガイド.

ソース sources

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

Experience Platformのソースを使用すると、Adobeアプリケーションまたはサードパーティのデータソースからデータを取り込むことができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
の OAuth2 クライアント資格情報認証 Salesforce ソース
OAuth2 クライアント資格情報を使用して、 Salesforce Experience Platformのアカウント。 を読み取る Salesforce ソース API ガイド および UI ガイド を参照してください。
のサンプルデータフローのサポート Marketo Engage ソース
この Marketo Engage ソースでサンプルデータフローがサポートされるようになりました。 サンプルデータフロー設定を有効にして取り込み率を制限してから、大量のデータを取り込まずにExperience Platform機能を試してください。 詳しくは、のガイドを参照してください。 のデータフローの作成 Marketo Engage UI 内.
IP アドレス許可リストの更新
ストリーミングソースを正常に使用するには、場所に応じて、新しい IP アドレスのセットを許可リストに追加する必要があります。 新しい IP アドレスの包括的なリストについては、 IP アドレス許可リストガイド.

新規ドキュメントまたは更新されたドキュメント

ドキュメントの更新
説明
のドキュメントの更新 Google PubSub
この Google PubSub ソースドキュメントが更新されて、包括的な前提条件ガイドが追加されました。 新しい「前提条件」の節を使用して、サービスアカウントの作成方法、トピックまたは購読レベルでの権限の付与方法、の使用を最適化するための設定方法を確認してください Google PubSub ソース。 を読み取る Google PubSub の概要 を参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要.

ドキュメントの更新 documentation-updates

インタラクティブExperience PlatformAPI ドキュメント interactive-api-documentation

この Experience PlatformAPI ドキュメント がインタラクティブになりました。 すべての API リファレンスページに、 試してみる ドキュメント web サイトページで直接 API 呼び出しをテストするために使用できる機能。 必要な認証資格情報の取得 次に、機能を使用して API エンドポイントを探索します。

この新しい機能を使用して、API エンドポイントへのリクエストと API エンドポイントからの応答を調べ、即座にフィードバックを取得し、技術実装を高速化します。 例えば、 ID サービス API または スキーマレジストリ API 新しいを調べるエンドポイント 試してみる 右側のパネルに表示される機能。

ドキュメント web サイトから直接実行された API 呼び出しを示す画面録画。

CAUTION
ドキュメントページでインタラクティブ API 機能を使用すると、エンドポイントに対して実際の API 呼び出しを行うことになります。 実稼動用サンドボックスを使用して実験する際は、このことに注意してください。

パーソナライズされたインサイトとエンゲージメント personalized-insights-engagement

の新しいエンドツーエンドのユースケースドキュメントページ 1 回限りの値からライフタイム値への進化 現在はライブです。 Real-Time CDPとAdobe Journey Optimizerを使用して、web プロパティへの散発的な訪問者を常連客に変換する方法については、このドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
76ad3ef1-9c0e-417b-8891-a4c7034d8bac