[ベータ版]{class="badge informative"}

の作成 Pendo ソース接続データフローと UI

NOTE
Pendo ソースはベータ版です。詳しくは、 ソースの概要 ベータラベル付きのソースの使用に関する詳細

このチュートリアルでは、 Pendo Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスを使用したソース接続とデータフロー。

はじめに getting-started

このチュートリアルは、 Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

前提条件 prerequisites

次の節では、 Pendo ソース接続。

のソーススキーマを定義するサンプル JSON Pendo prerequisites-json-schema

を作成する前に Pendo ソース接続の場合は、ソーススキーマを指定する必要があります。 以下の JSON を使用できます。

{
  "accountId": "58f79ee324d3f",
  "timestamp": 1673372516,
  "visitorId": "test@test.com",
  "uniqueId": "166e50cdf40930fe1367e4d44795c9c74d88b83a",
  "properties": {
    "guideProperties": {
  "name": "Guide Conversion Test"
  }
}
}

詳しくは、 Pendo ウェブフックのガイド.

用の Platform スキーマの作成 Pendo create-platform-schema

また、最初に、ソースに使用する Platform スキーマを作成する必要があります。 に関するチュートリアルを参照してください。 Platform スキーマの作成 スキーマの作成方法に関する包括的な手順を参照してください。

Pendo のスキーマ例を示す Platform UI。

Pendo アカウントを接続 connect-account

Platform UI で、「 」を選択します。 ソース 左側のナビゲーションから、 ソース workspace を参照し、Experience Platformで使用可能なソースのカタログを確認します。

以下を使用します。 カテゴリ メニューを使用して、ソースをカテゴリでフィルタリングできます。 または、検索バーにソース名を入力して、カタログから特定のソースを検索します。

次に移動: Analytics 表示するカテゴリ Pendo ソースカード。 最初に、「 」を選択します。 データを追加.

ペンドカード付きの Platform UI ソースカタログ。

データの選択 select-data

The データを選択 の手順が表示され、Platform に取り込むデータを選択するためのインターフェイスが提供されます。

  • インターフェイスの左側には、アカウント内で使用可能なデータストリームを表示できるブラウザーがあります。
  • インターフェイスの右側では、JSON ファイルから最大 100 行のデータをプレビューできます。

選択 ファイルをアップロード をクリックして、ローカルシステムから JSON ファイルをアップロードします。 または、アップロードする JSON ファイルをにドラッグ&ドロップすることもできます ファイルをドラッグ&ドロップ パネル。

ソースワークフローのデータ追加手順。

ファイルがアップロードされると、プレビューインターフェイスが更新され、アップロードしたスキーマのプレビューが表示されます。 プレビューインターフェイスを使用すると、ファイルの内容と構造を検査できます。 また、 検索フィールド スキーマ内から特定の項目にアクセスするユーティリティ。

終了したら、「次へ」を選択します。

ソースワークフローのプレビューステップ。

データフローの詳細 dataflow-detail

The データフローの詳細 手順が表示され、既存のデータセットを使用するか、データフローの新しいデータセットを確立するか、およびデータフローの名前と説明を指定する機会が提供されます。 この手順では、プロファイルの取り込み、エラー診断、部分取り込み、アラートの設定も指定できます。

終了したら、「次へ」を選択します。

ソースワークフローのデータフローの詳細ステップ。

マッピング mapping

マッピング手順が表示され、ソーススキーマのソースフィールドを、ターゲットスキーマの適切なターゲット XDM フィールドにマッピングするためのインターフェイスが提供されます。

Platform は、選択したターゲットスキーマまたはデータセットに基づいて、自動マッピングされたフィールドに対するインテリジェントなレコメンデーションを提供します。 マッピングルールは、ユースケースに合わせて手動で調整できます。必要に応じて、フィールドを直接マッピングするか、データ準備機能を使用してソースデータを変換して計算値を導き出すかを選択できます。マッパーインターフェイスと計算フィールドを使用した包括的な手順については、 データ準備 UI ガイド.

以下に示すマッピングは必須で、 レビュー ステージ。

ターゲットフィールド
説明
uniqueId
The Pendo イベントの識別子。

ソースデータが正常にマッピングされたら、「 」を選択します。 次へ.

ソースワークフローのマッピング手順です。

レビュー review

レビュー ​手順が表示され、新しいデータフローを作成する前に確認できます。詳細は、次のカテゴリに分類されます。

  • 接続:ソースのタイプ、選択したソースファイルの関連パスおよびそのソースファイル内の列の数を表示します。
  • データセットの割り当てとフィールドのマッピング:ソースデータがどのデータセットに取り込まれるかを、そのデータセットが準拠するスキーマを含めて表示します。

データフローをレビューしたら、「終了」を選択し、データフローが作成されるまでしばらく待ちます。

ソースワークフローのレビューステップ。

ストリーミングエンドポイント URL を取得する get-streaming-endpoint-url

ストリーミングデータフローを作成したら、ストリーミングエンドポイント URL を取得できます。 このエンドポイントは、Webhook を購読するために使用され、ストリーミングソースとExperience Platformが通信できます。

Webhook の設定に使用する URL を構築するために Pendo 次を取得する必要があります。

  • データフロー ID
  • ストリーミングエンドポイント

次の手順で データフロー ID および ストリーミングエンドポイント、に移動します。 データフローアクティビティ 作成したデータフローのページを開き、詳細を プロパティ パネル。

データフローアクティビティのストリーミングエンドポイント。

ストリーミングエンドポイントとデータフロー ID を取得したら、次のパターンに基づいて URL を作成します。 {STREAMING_ENDPOINT}?x-adobe-flow-id={DATAFLOW_ID}. 例えば、生成される Webhook URL は次のようになります。 https://dcs.adobedc.net/collection/0c61859cc71939a0caf01123f91b2fc52589018800ad46b6c76c2dff3595ee95

で Webhook を設定します。 Pendo set-up-webhook

次に、次の日にアカウントにログインします。 Pendo ウェブフックを作成します。 を使用して Webhook を作成する手順については、 Pendo ユーザーインターフェイスについては、 Pendo webhook の作成に関するガイド.

Webhook を作成したら、 Pendo Webhook を開き、Webhook の URL を URL フィールドに入力します。

Pendo UI のスクリーンショットに、Webhook エンドポイントフィールドが表示されています。

TIP
様々なイベントカテゴリを購読して、送信するイベントの種類を Pendo インスタンスから Platform へ。 各イベントについて詳しくは、 Pendo ドキュメント.

次の手順 next-steps

このチュートリアルに従うことで、 Pendo データをExperience Platformに送信します。 取り込まれるデータを監視するには、 Platform UI を使用したストリーミングデータフローの監視.

その他のリソース additional-resources

以下の節では、 Pendo ソース。

検証 validation

ソースとが正しく設定されていることを検証するには、以下を実行します。 Pendo メッセージを取り込むには、次の手順に従います。

  • 次の項目を確認できます。 Pendo レポート > チャット履歴 がキャプチャしたイベントを識別するページ Pendo.

Pendo UI のスクリーンショットにチャット履歴が表示されました

  • Platform UI で、「 」を選択します。 データフローを表示 の横に Pendo ソースカタログのカードメニュー 次に、「 データセットをプレビュー で設定した web フック用に取り込まれたデータを検証するには、以下を実行します。 Pendo.

取り込んだイベントを示す Platform UI のスクリーンショット

エラーとトラブルシューティング errors-and-troubleshooting

データフローの実行をチェックする際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 The message can't be validated ... uniqueID:expected minLength:1, actual 0].

エラーを示す Platform UI のスクリーンショット。

このエラーを修正するには、 uniqueID マッピングが設定されました。 追加のガイダンスについては、 Mmpping 」セクションに入力します。

詳しくは、 Pendo ヘルプセンター.

recommendation-more-help
337b99bb-92fb-42ae-b6b7-c7042161d089