Marketo Engage コネクタ

Adobe Experience Platform を使用すると、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付けおよび拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーの各ステージを通じてエンゲージメントをおこなうことで顧客体験を変えようとしているリード管理や B2B マーケター向けの完全なソリューションです。

を使用 Marketo Engage ソースコネクタを使用すると、B2B データを Marketo Engage Platform に接続されたアプリケーションを使用して、このデータを Platform に保存し、最新の状態に保ちます。

IMPORTANT
次へのアクセス権が必要です: Adobe Real-time Customer Data Platform B2B エディション を使用したセグメント化にすべてのMarketoデータセットを使用するには リアルタイム顧客プロファイル. Real-Time CDP B2B Edition を使用しない場合でも、Marketoソースを使用して、ユーザーやアクティビティのデータセットからリアルタイム顧客プロファイルにデータを取り込み、セグメント化をおこなうことができます。

このドキュメントでは、 Marketo Engage ソースコネクタ(コネクタの認証方法、マッピング方法に関する情報を含む) Marketo Engage Experience Data Model(XDM) に対するフィールドと、コネクタのデータ待ち時間。

組織マッピングAdobeの設定

のマッピングセットを確立する前に Marketo Engageを設定する場合は、まず組織マッピングをAdobeする必要があります。 これを完了する方法について詳しくは、 次のAdobe組織マッピングの設定 Marketo Engage.

の認証 Marketo Engage コネクタ

接続するには Marketo Engage を Platform に対して設定する場合、まず munchkinId, clientId、および clientSecret.

詳しくは、 Marketoソースコネクタの認証 ドキュメントを使用して認証情報を取得します。

B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティの設定

次に、B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティを使用して、Platform 開発者コンソールとPostman環境を設定します。 これにより、B2B 名前空間とスキーマを自動入力できます。 詳しい手順については、 B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティの設定

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

XDM は公に文書化された仕様で、サードパーティのソースからデータを取り込んでダウンストリームの Platform サービスで使用するための共通の構造と定義を提供します。

XDM 標準に準拠することで、データを Platform エコシステムに均等に組み込むことができ、データの配信と情報の収集が容易になります。

XDM と Platform での役割について詳しくは、 XDM システムの概要.

次のフィールドマッピング Marketo Engage XDM に

間にソース接続を確立するには Marketo Engage と Platform で、Platform に取り込む前に、Marketoのソースデータフィールドを適切なターゲット XDM フィールドにマッピングする必要があります。

次の間のフィールドマッピングルールの詳細については、以下を参照してください。 Marketo Engage データセットとプラットフォーム:

の予想遅延 Marketo Engage Platform のデータ

次の表に、 Marketo Engage 取り込みの特性と目的の宛先に基づいて、Platform にデータを取り込みます。

宛先
予想される遅延
Real-Time Customer Profile
< 10 分
データレイク
< 60 分
NOTE
上記の待ち時間の数値は、95%の信頼水準での予想を表しています。 実際の待ち時間は異なり、まれに、これらの数値を超えると 50%延長される場合があります。

次の手順とその他のリソース

次のドキュメントでは、 Marketo Engage ソース接続:

recommendation-more-help
337b99bb-92fb-42ae-b6b7-c7042161d089