Adobe Analytics テクニカルドキュメントのアップデート

2019年1月以降の Adobe Analytics ドキュメントセットのアップデートについて説明します。

主なドキュメントのアップデートの詳細

2022

機能 説明
2022年11月
同意管理変数 専用のページ 同意管理のオプトイン および 同意管理のオプトアウト.
複数通貨の更新 前後のページ 複数通貨のサポート が更新されました。
2022年10月
Data Workbench 提供終了のお知らせ
クライアントヒント 新規 概要と FAQ.
主要指標の概要 主要指標の概要ビジュアライゼーションに関する新しいトピック
分類セット 新しいユーザー分類セットエクスペリエンスは、分類とルールを管理できる単一のインターフェイスを提供し、顧客が所有する分類データの可視性を向上させます。
モバイルアプリ:カスタム詳細ビュー カスタム詳細ビューに関する新しいトピック
VISTA の基本を説明する新しいページ VISTA ルール.
2022年9月
コンビネーショングラフ コンボグラフのビジュアライゼーションに関する新しいトピック。
更新されたプラグイン getvalonce 実装プラグインの更新済みバージョン。
新しい設定変数 collectHighEntropyUserAgentHints に関するドキュメント
高エントロピーのクライアントヒント アドビが User-Agent に加えてクライアントヒントを使用してデバイス情報を特定している方法に関する新しいトピック。
処理順序 処理順序に関する単一のヘルプトピックを提供するために、様々なヘルプページが集約されています。
2022年8月
Edge コレクション用 XDM でのリスト変数のサポート Experience Edge や Web SDK を介してデータを収集するお客様が XDM を使用してリスト変数のコンテンツを指定できるようにします。詳細情報
製品文字列変数を設定する際の、Edge コレクション用 XDM の SKU フィールドの使用 Experience Edge や Web SDK を介してデータを収集するお客様が SKU 値を使用して、products 変数の product フィールドを設定できるようにします。詳細情報
2022年6月
Edge コレクション用 XDM でのマーチャンダイジング変数 Edge コレクション用 XDM でのマーチャンダイジング変数のサポートに関するドキュメント
Experience Platform Edge ドキュメント Web SDKMobile SDKEdge API 経由の Adobe Analytics の実装に関する新しい記事。
フロービジュアライゼーションのドキュメントを更新しました 新規 UI に基づく
モバイルスコアカードでの注釈の共有に関するドキュメント Analysis Workspace で作成される注釈は、モバイルスコアカードで表示できます。
2022年5月
Experience Edge を通じてライフサイクルディメンションと指標を入力する Experience Edge を介して送信されたモバイルライフサイクルデータが、Analytics レポートに表示されるようになりました。XDM フィールドを既存のモバイルライフサイクルレポートにマッピングする方法について詳しくは、Analytics 変数のマッピングを参照してください。
2022年4月
Adobe Analytics ランディングページの更新 Analysis Workspace と Reports & Analytics の共同ランディングページを更新し、操作性とナビゲーションのしやすさを改善しました。
ページの概要パネルに関する新しいトピック ページの概要パネル
次/前の項目パネルに関する新しいトピック 次/前のディメンション項目パネル
2022年3月
サポートされる HTTPS 暗号化アルゴリズムに関する新しいトピック 暗号セキュリティレベルが「高」に設定されているお客様向けにサポートされている HTTPS 暗号化アルゴリズム
Analysis Workspace での注釈に関する新しいドキュメント Analysis Workspace の注釈 を使用すると、コンテキストデータのニュアンスとインサイトを組織に効果的に伝えることができます。
Adobe Analytics ランディングページの更新 Analysis Workspace と Reports & Analytics の共同ランディングページを 更新 し、操作性とナビゲーションのしやすさを改善しました。
次の項目 または 前の項目ワークスペースパネル このパネルでは、選択したディメンション項目の後に続く項目、または先行する項目を探索できます。
ページの概要ワークスペースパネル このパネルでは、選択したページに関する詳細な分析結果を提供します。
古い予定レポートの一時停止に関する新しいトピック 2022年4月15日(PT) より、アドビは、 作成日が 2 年を超える予定レポートをすべて一時停止 する予定です。
2022年2月
モバイルスコアカードプロジェクトのプレビューモード プレビューモード では、スコアカードを保存して共有する前に、エクスペリエンスをプレビューできます。
API プロジェクトエンドポイント API を使用して、Analysis Workspace プロジェクトを追加、編集または削除します。詳細情報
過去のスケジュール済み Report Builder タスクの一時停止に関する更新されたトピック 2022年4月15日(PT) より、アドビは、 2 年以上前に作成されたすべてのスケジュール済み Report Builder タスクを一時停止 する予定です。

2021

機能 説明
2021年10月
2021年10月21日(PT) Analysis Workspace の クイックセグメント に関する新しいドキュメントが公開されました
2021年10月21日(PT) Analysis Workspace の メディア再生滞在時間 パネルに関する新しいドキュメントが公開されました。
2021年10月7日(PT) モバイルスコアカードのビジュアライゼーション に関する新しいドキュメント
2021年8月
2021年8月18日(PT) トップレベルの構造を改訂し、1 つの ランディングページ に統合しました。
2021年8月18日(PT) A4T と仮想レポートスイート に関する新しいトピック
2021年8月18日(PT) アトリビューションのベストプラクティス に関する新しいトピック
2021年8月5日(PT) 繰り返しインスタンスのカウント に関する新しいトピック
2021年8月5日(PT) 新しい分類アーキテクチャで有効になっているレポートスイートに使用できないオプションを示すために、テンプレートブラウザーインポート および ブラウザーエクスポート に関する分類ドキュメントを更新しました。
2021年8月2日(PT) Adobe Experience Platform Launch のリブランディングを反映するように複数のページを更新しました
2021年7月
2021年7月23日(PT) マーチャンダイジング eVar に関する新しい詳細な説明
2021年7月15日(PT) 新しいAdobe Analytics ランディングページに新しいドキュメントを追加しました
2021年6月
2021年6月15日(PT) マーケティングチャネルのベストプラクティスを更新しました
2021年6月3日(PT) データフィードの実装についての詳細な説明のドキュメントとこちらを更新しました。
2021年5月25日(PT) レポートで eVar の大文字と小文字の区別に関するドキュメントを更新しました。
2021年5月13日(PT) Data Warehouse API リクエストを更新しました。「Hours」をサポートするようになりました。
2021年3月
2021年3月、4月 Adobe Analytics ダッシュボードエグゼクティブガイドおよびキュレーターガイドの更新
2021年3月25日(PT) コンポーネント/ユーザー環境設定ページに関する新しいドキュメント。これにより、ユーザーの Analysis Workspace 設定と関連コンポーネントを管理できます。ユーザー環境設定は、すべての新しいプロジェクトおよびパネルに適用されます。
注意: 次の設定は、ユーザー環境設定ページに移動しました。
  • レポート設定:3 桁ごとの区切り記号(現在は​数値形式​と呼ばれる)
  • レポート設定:CSV 区切り記号
  • ワークスペースプロジェクト:ヘルプ/ヒントを有効にする
  • ワークスペースプロジェクト:空のパネル「このパネルを使用して新しいプロジェクトを開始」オプション
2021年3月25日(PT) ヒストグラムスマートバケット予測は、データ分散に使用するバケットの正しい幅と数を自動的に識別することで、カーディナリティ指標の高いヒストグラムの処理に役立ちます。低カーディナリティ指標の場合、ビジュアライゼーションは以前と同じように動作します。
2021年3月25日(PT) データ修復 API の更新(URL、クエリ文字列、記号などでのフィルタリング)
2021年3月25日(PT) 新しい使用ログ API ドキュメント
2021年2月
2021年2月4日(PT) コンポーネントの選択:クイックインサイトにあるドロップダウン/ドロップゾーンコンポーネントは、ワークスペースのすべてのドロップゾーンに追加されました。この機能強化により、互換性のあるコンポーネントのドロップダウンリストから選択したり、スペースをドロップゾーンとして引き続き使用したりできます。
2021年1月
2021年1月14日(PT) Analytics ダッシュボードのドキュメントに言語選択オプションを追加しました。
2021年1月14日(PT) 公開画像 URL を参照して、画像を ワークスペースプロジェクトに追加する方法に関するドキュメントを追加しました。
2021年1月14日(PT) ワークスペースのビジュアライゼーションのソースマネージャーと設定マネージャーの結合:ビジュアライゼーションの データソース マネージャー(ドット)と設定マネージャー(歯車)が単一のポップオーバーに結合し、一箇所でソースと設定を簡単に管理できます。

2020

機能 説明
2020年12月
2020年12月7日(PT) 「adobedc.net」エンドポイントを含めるか代用するすべての関連ページを修正しました。
2020年12月8日(PT) ワークスペースの新しいプロジェクトを作成ページを更新しました。
2020年11月
2020年11月24日(PT) ワークスペースのパネルの概要ページを更新しました。
2020年11月24日(PT) 新しい実装レビューのドキュメント:
2020年11月24日(PT) Analysis Workspace の ビジュアライゼーションの概要 ページを更新しました。
2020年11月12日(PT) 継承された Adobe Analytics の実装の新しいページ。
2020年11月2日(PT) FTP の分類に関するドキュメントを更新しました。
2020年10月
2020年10月23日(PT) ワークスペースの線のビジュアライゼーション:移動平均トレンドラインオプション:この設定は、 折れ線グラフ のビジュアライゼーションのトレンドライン設定に追加されました。移動平均は、ローリング平均とも呼ばれ、特定数のデータポイント(「期間」セクションで決定される)を使用して、それらを平均し、その平均値を折れ線グラフのポイントとして使用します。
2020年10月23日(PT) ワークスペースパフォーマンスヘルプページには、プロジェクトのパフォーマンスに影響を与える様々な要因と最適化のためのヒントへのリンクが示されています。
2020年10月23日(PT) Adobe Analytics ダッシュボードのドキュメントに機能強化を追加しました。ワークスペースのモバイルスコアカードで、スコアカードのスタイルがアプリと一致するようになりました。
2020年9月
2020年9月17日(PT) 単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロード:セグメントとフィルターが適用されたフリーフォームテーブルで、単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロードできるようになりました。これにより、Analysis Workspace 外の 400 行を超えるデータにアクセスできます。
2020年9月17日(PT) 折れ線グラフのビジュアライゼーションの強化:
  • 線 の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、特に、線の視覚化がよりコンパクトな場合に役立ちます。
  • 任意の折れ線グラフのビジュアライゼーションに最小値と最大値のラベルを重ねて、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰トレンドラインを折れ線グラフのビジュアライゼーションに重ねて、データのトレンドをより簡単に確認できます。「線形」、「対数」、「指数」、「累乗」、「多項式」などのオプションがあります。
2020年9月17日(PT) ワークスペースの新しい日付範囲:5 つの新しい日付範囲を追加しました。これにより、今日の日付の部分データを含まない日付範囲(過去 7 日間、過去 14 日間、過去 30 日間、過去 60 日間、過去 90 日間)から選択できます。
2020年9月17日(PT) ワークスペースのメディア同時ビューアパネルに関する新しいドキュメント
2020年8月
2020年8月31日(PT) クロスデバイス分析のフィールドベースのステッチドキュメントに機能強化を追加しました。
2020年7月
2020年7月21日(PT) クロスデバイス分析の主なアップデートとリビジョン。フィー ルドベースのステッチを追加しました。
2020年7月16日(PT) ワークスペースの新しい日付範囲プリセット。今週/月/四半期/年(今日を除く)の 4 つの新しい日付範囲を追加しました。これにより、今日の日付の部分データを含まない日付範囲から選択できます。
2020年6月
2020年6月25日(PT) ワークスペースのクイックインサイトパネルに関する新しいドキュメント。これは、Analysis Workspace のアナリスト以外のユーザーと新規ユーザーに対して、ビジネスの質問に素早く簡単に答える方法を学ぶためのガイダンスを提供します。
2020年6月25日(PT) ワークスペースの Analytics for Target パネルに関する新しいドキュメント。上昇率と信頼性を使用して、Adobe Target のアクティビティとエクスペリエンスを分析できます。
2020年6月18日(PT) Attribution IQ:アルゴリズムアトリビューションに関する新しいドキュメント
2020年6月18日(PT) Attribution IQ:カスタムルックバックウィンドウに関する新しいドキュメント
2020年6月18日(PT) 共有 ワークスペースプロジェクトのプロジェクトの役割に関する新しいドキュメント。ワークスペースプロジェクトを共有する際は、受信者を、使用するプロジェクトエクスペリエンスに応じて、編集、複製、表示の 3 つのプロジェクトの役割のいずれかに受信者を配置できるようになりました。
2020年6月18日(PT) 「表示のみ」の ワークスペースプロジェクトに関する新しいドキュメント。プロジェクトは、「表示可能」としてのみユーザーと共有できます。「表示」受信者が共有プロジェクトを開くと、左側のパネルが表示されず、操作が制限された状態となる、より制限が厳格なプロジェクトエクスペリエンスが提供されます。
2020年6月18日(PT) 共有 ワークスペースプロジェクトのプロジェクトの役割に関する新しいドキュメント。ワークスペースプロジェクトを共有する際は、受信者を、使用するプロジェクトエクスペリエンスに応じて、編集、複製、表示の 3 つのプロジェクトの役割のいずれかに受信者を配置できるようになりました。
2020年6月18日(PT) ワークスペースプロジェクトの共同編集に関する新しいドキュメント。「編集可能」の役割に追加された受信者は、それらのユーザーと共有されているプロジェクトを上書き保存できます。これは、管理者と非管理者の両方に適用されます。
2020年5月
2020年5月31日(PT) 一括データ挿入 API に関する新しいドキュメント
2020年5月21日(PT) Adobe Analytics ダッシュボードに関する新しいドキュメント
2020年5月21日(PT) Analysis Workspace のアクセシビリティの向上に関する新しいドキュメント。キーボードナビゲーション、カラーコントラスト、スクリーンリーダーのサポートの向上が含まれます。
2020年4月
2020年4月28日(PT) コンテンツ速度指標に関するドキュメントを追加しました。
2020年4月16日(PT) 空白の状態からフリーフォームテーブルを自動的に作成する方法に関するドキュメント。以前は、空のプロジェクトや空のパネルにコンポーネントを直接ドロップすることはできず、最初にフリーフォームテーブルを追加する必要がありました。空のプロジェクトまたはパネルにコンポーネントを直接ドロップできるようになりました。フリーフォームテーブルは推奨される形式で自動的に作成されます。また、空のフリーフォームテーブルにドロップした場合の混合コンポーネントタイプ(ディメンションや指標など)の処理方法も改善されました。
2020年3月
2020年3月12日(PT) Experience Cloud へのセグメントの公開にアップデートを追加しました。
2020年3月12日(PT) CDA のステッチ待機時間のアップデート。
2020年3月12日(PT) ワークスペースでの複数のレポートスイートのサポート. 複数のレポートスイートのデータを単一のプロジェクトに取り込み、並べて表示できるようになりました。詳細情報…
2020年3月12日(PT) ワークスペースのテンプレートトレーニングチュートリアル。この新しい標準テンプレートでは、ワークスペースで最初の分析を作成するための一般的な用語と手順を順に説明します。これは、「新規プロジェクト」モーダルの標準テンプレートとして利用可能であり、リストに他のプロジェクトがない新規ユーザーのために現在用意されているサンプルプロジェクトの代わりになるものです。詳細情報…
2020年2月
2020年2月27日(PT) Adobe Analytics Labs に関するドキュメントを追加しました。
2020年2月25日(PT) useLinkTrackSessionStorage 変数を追加しました。
2020年2月20日(PT) クロスデバイス間分析を使用する組織向けの新しいワークスペーステンプレート. このテンプレートは、CDA による訪問の関連付けと、CDA 専用のディメンションと指標に関する教育の有効性を示します。CDA を使用するレポートスイートが必要です。詳しくは、 クロスデバイス分析の設定 を参照してください。
2020年2月20日(PT) ワークスペースの新しいホットキー:
  • すべてのパネルを折りたたむ/展開する:alt + m
  • アクティブパネルを折りたたみ/展開: alt + ctrl + m
  • 左パネルを検索: ctrl + /
  • 次のパネルに移動: alt + Right Key
  • 前のパネルに移動: alt + Left Key
詳細情報…
2020年2月20日(PT) ワークスペースの機能強化:
  • パネルまたはビジュアライゼーションを ワークスペースにドロップすると、左パネルがコンポーネントへと自動的に切り替わり、よりシームレスなワークフローが実現するようになります。
  • テンプレートコンポーネントに対するアクションを実行できるようになりました(例:タグ付け、お気に入りに登録、承認)。
  • フィルター適用済みの指標およびセグメントリストには、必要な項目が見つからない場合に新しいコンポーネントを追加するボタンが表示されます。
2020年2月20日(PT) ワークスペースデバッガーがヘルプメニューに追加され、ワークスペースリクエストのデバッグがよりシームレスに有効化できるようになりました。詳細情報…
2020年2月18日(PT) writeSecureCookies 変数を追加しました。
2020年2月12日(PT) マーケティングチャネルドキュメントのアップデートと再編成。
2020年2月12日(PT) この ワークスペースページに新しいホットキーを追加しました。
2020年2月7日(PT) クロスデバイス分析のセットアップFAQ のアップデート。
2020年2月4日(PT) 実装ユーザーガイドを完全に書き直しました。
2020年1月22日(PT) フリーフォームテーブルページを更新し、新しいフリーフォームテーブルビルダーの情報を含めました。
2020年1月
2020年1月24日(PT) ワークスペースの行設定ページを更新しました。
2020年1月16日(PT) フリーフォームテーブルビルダーに関する新しいドキュメント。Table Builder を有効にすれば、多くのディメンション、分類、指標およびセグメントをドラッグ&ドロップして、より複雑なビジネスの質問に回答するテーブルを作成できます。データはすぐには更新されません。代わりに、「ビルド」をクリックした後に更新がおこなわれ、どのテーブルを作成したいかがわかると時間を節約することができます。さらに、この機能では次のことが可能です。
  • プレビュー:時間をかけて実際のデータをレンダリングする前に表形式でプレビューできます。
  • 柔軟な行と分類の設定:各ディメンション行に対して行と分類レベルを設定できます。以前は、ワークスペースで適用されたデフォルトは、データが返されるまで変更できませんでした。
  • 位置で分類:ディメンション行を、特定の項目​ではなく常に​位置で分類(デフォルト)するように設定できます。
  • 手動の静的行の並べ替え:静的な行を手動で並べ替え、必要に応じて表示できます。以前は、静的な行は指標の列またはアルファベット順でのみ並べ替えることができました。
2020年1月14日(PT) Adobe Analytics とブラウザーの cookie を追加しました。
2020年1月14日(PT) 使用する Adobe Analytics ツールページを変更しました。

2019 年

機能 説明
2020年12月19日(PT) デフォルトの FTP データ保存制限を 10 GB に変更しました。
2019年11月29日(PT) データフィードのドキュメントを改定しました。
2019年11月25日(PT) IP ログイン制限実施の提供終了に関する新しいトピック.
2019年11月21日(PT) Customer Journey Analytics の新しいドキュメントセット。
2019年11月21日(PT) Audience Analytics ワークフローの FAQ を更新し、LiveStream での可用性を示しました。
2019年10月25日(PT) Adobe Analytics の主要概念ページを更新しました。
2019年10月10日(PT) フリーフォームテーブルの合計の更新:2 つの合計(テーブルの合計​と​総計)が含まれるようになりました。テーブルの合計行は、適用されたレポートフィルターを考慮します。以前は、セグメントのみが合計に影響を与えていました。詳細
さらに、「列設定」に。「合計行を表示」および「総計を表示」オプションが追加されました。
フリーフォーム合計に対するこの変更により、出力された CSV や PDF データだけでなく、依存するビジュアライゼーション(例:リンクされた 概要番号​ビジュアライゼーションなど)も更新されます。
2019年10月10日(PT) ワークスペースでは、「未指定 (なし)」を簡単に削除できる機能がレポートフィルターのオプションとして追加されました。
2019年10月10日(PT) ワークスペースでは、紫色の精度コンポーネント(分、時間、日、週、月、四半期、年)は非推奨(廃止予定)となりました。紫色の時間コンポーネントを以前使用したことがある場合、何もおこなう必要はありません
この変更により、紫色の「日時」セクションの名前が、「日付範囲」に変更されました。
2019年10月1日(PT) ワークスペースの合計に関する新しい記事。
2019年9月28日(PT) JavaScript 実装の設定変数に関する新しい記事を追加しました。
2019年9月19日(PT) 論理グループコンテナについて説明するようにセグメント化に関するドキュメントを改訂しました。
2019年9月12日(PT) Journey IQ:クロスデバイス分析に関する新しい記事を追加しました。
2019年9月12日(PT) 計算指標の合計ドキュメントの更新。
2019年8月28日(PT) Analytics 向けプログレッシブ Web アプリ(PWA)に関する新しい記事を追加しました。
2019年8月8日(PT) 計算指標の合計に関する新しい記事を追加しました。
2019年8月8日(PT) タイムスタンプが有効なセッションデータについて明確化しました。
2019年8月2日(PT) Analytics 用語集を大幅に更新しました。
2019年7月22日(PT) Analysis Workspace テンプレートドキュメントに Magento:マーケティングとコマーステンプレートが追加されました。
2019年7月18日(PT) コホートテーブル設定が更新されました。
2019年7月18日(PT) ワークスペースの左側のパネルに、過去 18 ヶ月の項目を表示​するためのオプションが追加されました。以前は、ルックバック期間は最大 6 ヶ月でした。これにより、昨年のページやキャンペーンとの比較が簡単になります(最大 18 ヶ月前)。
2019年7月18日(PT) Analysis Workspace に追加された、Magento:マーケティングとコマースという新しいワークスペーステンプレートに関するドキュメント。Magento e コマースのお客様向けに特別に設計されたものですが、小売業者のお客様は独自のインサイトを業務に役立てることができます。
2019年6月13日(PT) ワークスペースの左側のパネルの検索に、新しい事前設定済みのフィルターを追加しました。現在表示できるもの(ディメンション、指標、承認済みなど)以外に、計算指標、顧客属性、eVar、Prop、ビデオなどの新しいフィルターが追加され、必要なコンポーネントを探すのがより簡単になります。
2019年6月4日(PT) 新しいガイドサードパーティの分析プラットフォームから Adobe Analytics への移行が作成されました。
2019年5月31日(PT) データフィード列リファレンスが改定されました。
2019年5月9日(PT) フロービジュアライゼーション設定に新しい設定を追加しました:繰り返しインスタンスを含める。フロー設定を参照
2019年4月11日(PT) ワークスペースの最適化のベストプラクティスに関する機能強化:パフォーマンスの最適化
2019年4月11日(PT) ワークスペースのパフォーマンスの最適化が更新されました。
2019年3月14日(PT) 地域データ収集が大幅に更新されました。
2019年2月7日(PT) 一般アカウント設定の「IP アドレスの最後のオクテットを 0 に置き換える」と「IP アドレスの難読化」設定が若干更新されました。
2019年2月1日(PT) getPercentPageViewed 実装プラグインが大幅に更新されました。
2019年1月17日(PT) コホート分析 - コホート分析が大きく改善され、以下の機能が実現しました。
  • セグメントのインクルージョン指標とリターン指標を別々に適用できます。
  • リテンションの代わりにチャーン(離反)を表示できます。
  • 待ち時間テーブル(インクルージョンイベントの前後の変化)を表示できます。
  • コホートディメンションをカスタマイズできます(時間だけでなく eVar の値で訪問者をグループ化できます)。
  • ローリングコホート計算を実行する:元のコホートではなく直前の期間からのリテンション/チャーンを計算します。
  • セグメントの適用に加え、インクルージョンフィールドとリターンフィールドに複数の指標を追加できます(計算指標はサポートされません)。
2019年1月17日(PT) 表示密度. この新しい設定を使用すると、左側のパネル、フリーフォームテーブルおよびコホートテーブルでの垂直方向のパディングを減らし、1 画面に表示されるデータの量を増やすことができます。プロジェクト/プロジェクト情報および設定から利用できます。
2019年1月17日(PT) Attribution IQ における複数値の変数のサポート. Analytics の一部のディメンションでは、1 回のヒットに複数の値(listVar、product 変数、listProp、マーチャンダイジング eVar など)を含めることができます。Analysis Workspace において、このような変数にヒットレベルで Attribution IQ を適用できるようになりました。

このページ