クラウドのインポートおよびエクスポートアカウントの設定

NOTE
アカウントを作成および編集する際は、次の点に注意してください。
  • システム管理者は、の説明に従って、ユーザーによるアカウントの作成を制限できます。 ユーザーがアカウントを作成できるかどうかを設定. この節で説明するようにアカウントを作成できない場合は、システム管理者にお問い合わせください。
  • アカウントは、作成したユーザーまたはシステム管理者のみが編集できます。

次の目的の一部またはすべてに使用するクラウドアカウントを設定できます。

Cloud アカウントにアクセスするために必要な情報をAdobe Analyticsに入力する必要があります。 このプロセスでは、この記事の説明に従ってアカウント(Amazon S3 Role ARN、Google Cloud Platform など)を追加および設定し、次に説明に従ってアカウント内の場所(アカウント内のフォルダーなど)を追加および設定します クラウドの読み込み場所と書き出し場所の設定.

既存のアカウントを表示および削除する方法については、を参照してください Locations manager.

クラウドのインポートまたはエクスポートアカウントを設定するには:

  1. Adobe Analyticsで、を選択します。 Components > 場所.

  2. 日 場所 ページで、 場所アカウント タブ。

  3. (条件付き)システム管理者は、次を有効にできます すべてのユーザーのアカウントの表示 組織内のすべてのユーザーが作成したアカウントを表示するオプション。
    すべてのユーザーのアカウントを表示

  4. 新しいアカウントを作成するには、を選択します アカウントを追加.

    この 場所アカウントの詳細 ダイアログが表示されます。

    または

    既存のアカウントを編集するには、編集するアカウントを見つけ、 詳細を編集 ボタン。

    この アカウントを追加 ダイアログが表示されます。

  5. 次の情報を指定します。 |フィールド |関数 | |---------|----------| | 場所アカウント名 |場所アカウントの名前。 この名前は、場所の作成時に表示されます | | 場所アカウントの説明 |アカウントの簡単な説明を入力して、同じアカウントタイプを持つ他のアカウントとの区別に役立てます。 | | 組織内のすべてのユーザーがアカウントを使用できるようにする | 注意: この機能は、リリースの限定的テスト段階にあり、お使いの環境ではまだ使用できない可能性があります。 このメモは、機能が一般入手可能になったら削除されます。Analytics リリースプロセスについて詳しくは、Adobe Analytics 機能リリースを参照してください。

    組織内の他のユーザーがアカウントを使用できるようにするには、このオプションを有効にします。

    アカウントを共有する際は、次の点に注意してください。

    • 共有しているアカウントの共有を解除することはできません。
    • 共有アカウントは、そのアカウントの所有者のみが編集できます。
    • 共有アカウントの場所は誰でも作成できます。

    | | アカウントタイプ | クラウドアカウントタイプを選択します。 アカウントタイプごとに 1 つのアカウントを作成し、そのアカウント内で必要に応じて複数の場所を使用することをお勧めします。

    システム管理者は、の説明に従って、ユーザーが作成できるアカウント タイプを制限することができます。 ユーザーがアカウントを作成できるかどうかを設定. この節で説明するようにアカウントを作成できない場合は、システム管理者にお問い合わせください。

    |

  6. が含まれる アカウントのプロパティ セクションで、選択したアカウントの種類に固有の情報を指定します。

    設定手順については、に対応する以下のセクションを展開してください アカウントタイプ を選択しました。 (追加の従来のアカウントタイプも使用できますが、推奨されません。)

    アカウントタイプ

    accordion
    Amazon S3 Role ARN

    Amazon S3 Role ARN アカウントを設定するには、次の情報を指定します。

    table 0-row-2 1-row-2 layout-auto
    フィールド 機能
    役割 ARN アドビが Amazon S3 アカウントへのアクセス権を取得するために使用できる役割 ARN(Amazon リソースネーム)を指定する必要があります。これを行うには、ソースアカウントの IAM 権限ポリシーを作成し、そのポリシーをユーザーに関連付けてから、宛先アカウントの役割を作成します。詳しくは、この AWS ドキュメントを参照してください。
    accordion
    Google Cloud Platform

    Google Cloud Platform アカウントを設定するには、次の情報を指定します。

    table 0-row-2 1-row-2 layout-auto
    フィールド 関数
    プロジェクト ID お客様の Google Cloud プロジェクト ID。プロジェクト ID の取得に関する Google Cloud ドキュメントを参照してください。
    accordion
    Azure SAS

    Azure SAS アカウントを設定するには、次の情報を指定します。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 layout-auto
    フィールド 関数
    アプリケーション ID 作成した Azure アプリケーションからこの ID をコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「概要」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームにアプリケーションを登録する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    テナント ID 作成した Azure アプリケーションからこの ID をコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「概要」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームにアプリケーションを登録する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    Key Vault URI

    Azure Key Vault 内の SAS トークンへのパス。Azure SAS を設定するには、Azure Key Vault を使用して SAS トークンをシークレットとして保存する必要があります。 詳しくは、Azure Key Vault で秘密鍵を設定および取得する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。

    Key Vault の URI が作成されたら、Key Vault にアクセスポリシーを追加して、作成した Azure アプリケーションに権限を付与します。 詳しくは、Key Vault アクセスポリシーの割り当て方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。

    Key Vault シークレット名 Azure Key Vault にシークレットを追加する際に作成したシークレット名。 Microsoft Azure では、この情報は、作成した Key Vault の Key Vault 設定ページ。 詳しくは、Azure Key Vault で秘密鍵を設定および取得する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    場所アカウントの秘密鍵 作成した Azure アプリケーションからシークレットをコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「証明書とシークレット」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームでのアプリケーション登録方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    accordion
    Azure RBAC

    Azure RBAC アカウントを設定するには、次の情報を指定します。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 layout-auto
    フィールド 関数
    アプリケーション ID 作成した Azure アプリケーションからこの ID をコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「概要」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームにアプリケーションを登録する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    テナント ID 作成した Azure アプリケーションからこの ID をコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「概要」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームにアプリケーションを登録する方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    場所アカウントの秘密鍵 作成した Azure アプリケーションからシークレットをコピーします。Microsoft Azure では、この情報はアプリケーション内の「証明書とシークレット」タブにあります。詳しくは、Microsoft ID プラットフォームでのアプリケーションの登録方法に関する Microsoft Azure ドキュメントを参照してください。
    accordion
    メール
    note note
    NOTE
    電子メール アカウントは次のアカウントでのみ使用できます データフィード. (メールアカウントはではサポートされていません) Data Warehouse または 分類セット)に設定します。

    Azure RBAC アカウントを設定するには、次の情報を指定します。

    table 0-row-2 1-row-2 layout-auto
    フィールド 関数
    受信者 レポートの送信時に、特定のユーザーにメール通知を送信できます。単一のメールアドレスまたはメールアドレスのコンマ区切りのリストを指定します。

    従来のアカウントタイプ

    これらのレガシーアカウントタイプは、でデータを書き出す場合にのみ使用できます データフィード および Data Warehouse. でデータをインポートする場合、これらのオプションは使用できません 分類セット.

    accordion
    FTP

    データフィードデータは、Adobeまたは顧客がホストする FTP ロケーションに配信できます。 FTP ホスト、ユーザー名、パスワードが必要です。パスフィールドを使用して、フィードファイルをフォルダーに配置します。フォルダーが既に存在する必要があります。指定されたパスが存在しない場合、フィードはエラーをスローします。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 layout-auto
    フィールド 関数
    ホスト 目的の FTP 宛先 URL を入力します。 例:ftp://ftp.omniture.com
    パス 空白のままにすることができます。
    ユーザー名 FTP サイトにログインするためのユーザー名を入力します。
    パスワードとパスワードの確認 FTP サイトにログインするためのパスワードを入力します。
    accordion
    SFTP
    データフィードの SFTP サポートを利用できます。SFTP ホスト、ユーザー名、および宛先サイトに有効な RSA または DSA 公開鍵が含まれている必要があります。フィードの作成時に、適切な公開キーをダウンロードできます。
    accordion
    S3

    ウェアハウスデータは Amazon S3 バケットに直接送信できます。この宛先タイプには、バケット名、アクセスキー ID および秘密キーが必要です。詳しくは、Amazon S3 ドキュメント内の Amazon S3 バケットの命名要件を参照してください。

    データウェアハウスのデータをアップロードするために指定するユーザーには、次の権限が必要です。

    • s3:GetObject
    • s3:PutObject
    • s3:PutObjectAcl

    以下の 16 の標準 AWS 地域がサポートされます(必要に応じて適切な署名アルゴリズムを使用)。

    • us-east-2
    • us-east-1
    • us-west-1
    • us-west-2
    • ap-south-1
    • ap-northeast-2
    • ap-southeast-1
    • ap-southeast-2
    • ap-northeast-1
    • ca-central-1
    • eu-central-1
    • eu-west-1
    • eu-west-2
    • eu-west-3
    • eu-north-1
    • sa-east-1
    note note
    NOTE
    Cn-north-1 地域はサポートされていません。
    accordion
    Azure Blob

    Data Warehouse は、Azure Blob 宛先をサポートします。 コンテナ、アカウント、およびキーが必要です。Amazon は保存データを自動的に暗号化します。データをダウンロードすると、自動的に復号化されます。詳細については、Microsoft Azure ドキュメント内の「ストレージアカウントの作成」を参照してください。

    note note
    NOTE
    データウェアハウス宛先のディスク領域を管理するには、独自のプロセスを実装する必要があります。アドビはサーバーからデータを削除しません。
  7. 保存」を選択します。

  8. 続行 クラウドの読み込み場所と書き出し場所の設定.

recommendation-more-help
46b8682c-fda6-4669-9355-1a44923e549e