ロガー (Python)

説明

条件 SDK の初期化options["logger"] オブジェクトはオプションのオブジェクトです。 デフォルトでは、INFO レベルのロガーが adobe.target 名前空間。 ただし、問題が発生した場合にログレベルやデバッグを効果的にカスタマイズするには、 logger オブジェクトは、SDK の初期化時に指定できます。

The logger オブジェクトには debug() および error() メソッド。 適切なロガーが提供された場合、 Target リクエストと応答がログに記録されます。

Python

logger = logging.getLogger("org.logger")
logger.setLevel(logging.DEBUG)

client_options = {
  "client": "acmeclient",
  "organization_id": "1234567890@AdobeOrg",
  "logger": logger
}
target_client = TargetClient.create(client_options)

コンソールに要求と応答が印刷されています。

recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3