サポートされる機能の概要

Adobe Targetのサーバー側 SDK は、デベロッパーが、パフォーマンスと決定のためのデータの鮮度を柔軟に選択できるようにします。 つまり、機械学習を通じて最も関連性が高く、パーソナライズされたコンテンツを配信することが最も重要な場合は、ライブサーバー呼び出しをおこなう必要があります。 ただし、パフォーマンスがより重要な場合は、デバイス上での判断が必要です。 の場合 オンデバイス判定 機能するには、次のサポートされる機能のリストを参照してください。

  • アクティビティのタイプ
  • オーディエンスのターゲティング
  • 配分方法

アクティビティのタイプ

次の表に、どの アクティビティタイプ を使用して作成 フォームベースの Experience Composer は、サポートされているか、サポートされていません オンデバイス判定.

オーディエンスのターゲティング

次の表は、どのオーディエンスルールがサポートされているか、またはサポートされていないかを示しています オンデバイス判定.

オーディエンスルール
オンデバイス判定
地域
ネットワーク
×
モバイル
×
カスタムパラメーター
オペレーティングシステム
サイトのページ
ブラウザー
訪問者プロファイル
×
トラフィックソース
×
時間枠
Experience Cloudオーディエンス (Adobe Audience Manager、Adobe Analytics、Adobe Experience Managerのオーディエンス
×

の地域ターゲット設定 オンデバイス判定

のほぼゼロの遅延を維持するために オンデバイス判定 アクティビティと地域ベースのオーディエンスの間では、Adobeは、 getOffers. これをおこなうには、 Geo オブジェクトを Context リクエストの。 つまり、サーバーは各エンドユーザーの場所を判断する方法が必要になります。 例えば、サーバーが、設定したサービスを使用して IP-to-Geo ルックアップを実行する場合があります。 Google Cloud など、一部のホスティングプロバイダーは、各 HttpServletRequest.

Node.js
code language-csharp line-numbers
const CONFIG = {
    client: "acmeclient",
    organizationId: "1234567890@AdobeOrg",
    decisioningMethod: "on-device"
};

const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);

targetClient.getOffers({
    request: {
        context: {
            geo: {
                city: "SAN FRANCISCO",
                countryCode: "US",
                stateCode: "CA",
                latitude: 37.75,
                longitude: -122.4
            }
        },
        execute: {
            pageLoad: {}
        }
    }
})
Java
code language-javascript line-numbers
public class TargetRequestUtils {

    public static Context getContext(HttpServletRequest request) {
        Context context = new Context()
            .geo(ipToGeoLookup(request.getRemoteAddr()))
            .channel(ChannelType.WEB)
            .timeOffsetInMinutes(330.0)
            .address(getAddress(request));
        return context;
    }

    public static Geo ipToGeoLookup(String ip) {
        GeoResult geoResult = geoLookupService.lookup(ip);
        return new Geo()
            .city(geoResult.getCity())
            .stateCode(geoResult.getStateCode())
            .countryCode(geoResult.getCountryCode());
    }

}

ただし、お使いのサーバーで IP-to-Geo 検索を実行する機能を持っていないのに、 オンデバイス判定 対象: getOffers 地域ベースのオーディエンスを含むリクエストもサポートされます。 このアプローチの欠点は、リモートの IP-to-Geo ルックアップを使用し、各 IP-to-Geo ルックアップに遅延が追加されることです getOffers を呼び出します。 この待ち時間はリモートの待ち時間よりも短くする必要があります getOffers を呼び出します。サーバーの近くにある CDN をヒットするからです。 指定できるのは ipAddress フィールド Geo オブジェクトを Context を取得する必要があります。 他のフィールド ( ipAddress が指定されている場合、 Target SDK は解決のために位置情報メタデータを取得しません。

Node.js
code language-csharp line-numbers
const CONFIG = {
    client: "acmeclient",
    organizationId: "1234567890@AdobeOrg",
    decisioningMethod: "on-device"
};

const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);

targetClient.getOffers({
    request: {
        context: {
            geo: {
                ipAddress: "127.0.0.1"
            }
        },
        execute: {
            pageLoad: {}
        }
    }
})
Java
code language-javascript line-numbers
public class TargetRequestUtils {

    public static Context getContext(HttpServletRequest request) {
        Context context = new Context()
            .geo(new Geo().ipAddress(request.getRemoteAddr()))
            .channel(ChannelType.WEB)
            .timeOffsetInMinutes(330.0)
            .address(getAddress(request));
        return context;
    }

}

配分方法

次の表に、でサポートされている割り当て方法とサポートされていない割り当て方法を示します。 オンデバイス判定.

recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3