Apple Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.x

Intelligent Tracking Prevention(ITP) は、Safari ユーザーのプライバシーを保護するためのAppleの取り組みです。 ITP の最初のリリース(2017 年)では、サードパーティ Cookie の使用を対象としていました。実際、Apple は、サードパーティ Cookie を完全にブロックしましたが、サードパーティ Cookie は、訪問者の追跡および訪問者データの収集に一般的に使用されていたので、広告技術およびマーケティング技術会社にとって深刻な頭痛の種となりました。現在、Apple は、Safari 内でのファーストパーティ Cookie の使用方法に制限や制約を課すことに移行しています。

ITP のこれらのバージョンには、次の制限が含まれています。

バージョン
詳細
ITP 2.1
document.cookie API を使用してブラウザーに配置されたクライアント側 Cookie の有効期限の上限は 7 日間になりました。
2019 年 2 月 21 日にリリースされました。
ITP 2.2
7 日間の有効期限の上限が 1 日に大幅に短縮されました。
2019 年 4 月 24 日にリリースされました。
ITP 2.3
localStorage の使用や JavaScript の使用など、いくつかの回避策を排除 Document.referrer property.
2019 年 9 月 23 日にリリースされました。
Safari 14、macOS Big Sur、Catalina、Mojave、iOS 14 および iPadOS 14 でリリースされた、ITP に対する CNAME クローキングの防御機能。 サードパーティの CNAME クロークされた HTTP 応答で作成されたすべての cookie は、7 日後に期限切れに設定されます。
2020 年 11 月 12 日に発表。

Adobe As a にとっての影響 Target お客様?

Target は、をページにデプロイするための JavaScript ライブラリを提供し、 Target は、訪問者に対してリアルタイムのパーソナライゼーションを提供します。 3 つあります Target JavaScript ライブラリ at.js 1.x、at.js 2.x、 Adobe Experience Cloud Web SDK クライアント側の Target を介して訪問者のブラウザーに表示される cookie document.cookie API. その結果、 Target cookie は、Appleの ITP 2.1、2.2 および 2.3 の影響を受け、7 日後 (ITP 2.1) または 1 日後(ITP 2.2 および ITP 2.3)に期限が切れます。

Apple ITP 2.x の影響 Target 次の領域では、

影響
詳細
個別訪問者数が増加する可能性
有効期限が 7 日間 (ITP 2.1) および 1 日間(ITP 2.2 および ITP 2.3)に設定されているので、Safari ブラウザーからの個別訪問者が増加している可能性があります。 訪問者が 7 日後 (ITP 2.1) または 1 日後(ITP 2.2 および ITP 2.3)にドメインに再訪問した場合、 Target は、新しい Target cookie の有効期限が切れた Cookie の代わりに、ドメイン上で cookie を使用するように設定します。 新しい Target Cookie は、ユーザーが同じであっても、新しい個別訪問者と解釈されます。
Target アクティビティのルックバック期間の短縮
Target アクティビティの訪問者プロファイルは、決定のためのルックバック期間が短縮した可能性があります。Target Cookie は、訪問者を特定するために活用され、パーソナライゼーション用にユーザープロファイル属性を格納します。それを考えれば Target Cookie は、Safari 上で 7 日後 (ITP 2.1) または 1 日後(ITP 2.2 および 2.3)に期限切れになる場合があります(ITP 2.3 および 2.3)。パージされた Target cookie は判定には使用できません。
サードパーティ ID に基づくプロファイルスクリプト
有効期限が 7 日間 (ITP 2.1) および 1 日間(ITP 2.2 および ITP 2.3)に設定されていることにより、 プロファイルスクリプト 3rdPartyID cookie に基づく Cookie は、有効期限が切れると機能しなくなります。
iOS デバイスでの QA/プレビュー URL
有効期限が 7 日間 (ITP 2.1) および 1 日間(ITP 2.2 および ITP 2.3)に設定されていることにより、 QA/プレビュー URL URL が 3rdPartyID cookie に基づいているので、有効期限が切れると、の機能が停止します。

現在の Target の実装は影響を受けますか?

Experience CloudID(ECID) ライブラリを使用している場合は、 Target JavaScript ライブラリの場合、実装はこの記事に示す方法の影響を受けます。 Safari ITP 2.1 がAdobe Experience CloudおよびExperience Platformのお客様に与える影響.

recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3