Python SDK の初期化

説明: create メソッドを使用して、Python SDK を初期化し、 Target クライアント 電話をかける Adobe Target 実験とパーソナライズされたエクスペリエンスの場合。

メソッド

作成

TargetClient.create(options)

パラメーター

options は次の構造を持ちます。

名前
タイプ
必須
デフォルト
説明
client
str
None
Adobe Target client ID
organization_id
str
None
Experience Cloud組織 ID
timeout
int
×
3000
タイムアウト(ミリ秒)
server_domain
str
×
client.tt.omtrdc.net
secure
bool
×
true
HTTP スキームを強制するには設定を解除します
logger
object
×
INFO ロガー
target_location_hint
str
×
None
Target ロケーションヒント
property_token
str
×
None
Target プロパティトークン。 ここで指定した場合、すべての get_offers 呼び出しでこの値が使用されます。
decisioning_method
str
×
サーバーサイド
使用する判定方法を決定します (オンデバイス、サーバー側、ハイブリッド )
polling_interval
int
×
300000(5 分)
のポーリング間隔 オンデバイス判定ルールアーティファクト (ミリ秒)
artifact_location
str
×
None
の完全修飾 URL オンデバイス判定ルールアーティファクト. 内部的に決定された場所を上書きします。
artifact_payload
object
×
None
の JSON ペイロード オンデバイス判定ルールアーティファクト. 指定した場合、URL からリクエストする代わりに使用されます。
events
判決 <str callable="">
×
None
イベント名キーとコールバック関数値を持つオプションのオブジェクトです。
environment_id
int
×
実稼動
The Target 環境 ID
環境
str
×
実稼動
The Target 環境名
cdn_environment
str
×
実稼動
CDN 環境名
telemetry_enabled
bool
×
True
False に設定した場合、テレメトリデータは次の場所に送信されません: Adobe
version
str
×
None
この SDK のバージョン番号

Python

from target_python_sdk import TargetClient

def client_ready_callback(ready_event):
    # make calls to Adobe Target

client_options = {
    "client": "acmeclient",
    "organization_id": "1234567890@AdobeOrg",
    "events": {
        "client_ready": client_ready_callback
    }
}
target_client = TargetClient.create(client_options)
recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3