SDK イベント (Node.js)

説明

条件 SDK の初期化options.events オブジェクトは、イベント名キーとコールバック関数値を持つオプションのオブジェクトです。 SDK 内で発生する様々なイベントをサブスクライブする場合に使用できます。 例えば、 clientReady イベントは、SDK がメソッド呼び出しの準備ができたときに呼び出されるコールバック関数と共に使用することができます。

コールバック関数が呼び出されると、イベントオブジェクトが渡されます。 各イベントには type イベント名に対応します。 一部のイベントには、関連情報を含む追加のプロパティが含まれます。

Events

イベント名(タイプ)
説明
追加のイベントプロパティ
clientReady
アーティファクトがダウンロードされ、SDK が次の準備ができたときに発生します。 getOffers 呼び出し。 オンデバイス判定方法を使用する場合に推奨されます。
artifactDownloadSucceeded
新しいアーティファクトがダウンロードされるたびに発生します。
artifactPayload, artifactLocation
artifactDownloadFailed
アーティファクトのダウンロードが失敗するたびに発生します。
artifactLocation, error

Node.js

const targetClient = TargetClient.create({
    client: "acmeclient",
    organizationId: "1234567890@AdobeOrg",
    decisioningMethod: "on-device",
    events: {
        clientReady: onTargetClientReady,
        artifactDownloadSucceeded: onArtifactDownloadSucceeded,
        artifactDownloadFailed: onArtifactDownloadFailed
    }
});

function onTargetClientReady() {
    // make getOffers requests
    targetClient.getOffers({...})
}

function onArtifactDownloadSucceeded(event) {
    console.log(`The artifact was successfully downloaded from '${event.artifactLocation}'`);
    // optionally do something with event.artifactPayload, like persist it
}

function onArtifactDownloadFailed(event) {
    console.log(`The artifact failed to download from '${event.artifactLocation}' with the following error message: ${event.error.message}`);
}
recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3