機能フラグを使用して A/B テストを実行する

手順の概要

  1. 有効にする オンデバイス判定 (組織の)
  2. の作成 A/B テスト アクティビティ
  3. A と B を定義する
  4. オーディエンスを追加
  5. トラフィックの配分を設定
  6. トラフィックの配分をバリエーションに設定
  7. レポートの設定
  8. KPI を追跡するための指標を追加
  9. 機能フラグを使用して A/B テストを実行するコードを実装する
  10. 機能フラグを使用して A/B テストを有効化
NOTE
例えば、フォールテーマによるホームページの再設計が、ユーザーにとって適切に受け取られるかどうかを判断する必要があるとします。 で A/B 実験を実行して、テストすることにします。 Adobe Target. また、ユーザーエクスペリエンスが悪くなったり遅くなったりして結果を歪曲しないように、実験が優れたパフォーマンスで配信されるようにする必要があります。

1.有効にする オンデバイス判定 (組織の)

オンデバイス判定を有効にすると、A/B アクティビティがほぼゼロの待ち時間で実行されます。 この機能を有効にするには、次に移動します。 管理 > 実装 > アカウントの詳細 in Adobe Target、を有効にします。 オンデバイス判定 切り替え

<!— image-odd4.png を挿入 —>
代替画像

NOTE
管理者または承認者が必要です ユーザーロール :「オンデバイス判定」切り替えを有効または無効にします。

を有効にした後 オンデバイス判定 トグル、 Adobe Target クライアントのルールアーティファクトの生成を開始します。

2. A/B テスト アクティビティ

In Adobe Targetをクリックし、 アクティビティ ページ、「 」を選択します。 アクティビティを作成 > A/B テスト.

代替画像

Adobe Analytics の A/B テストアクティビティの作成 モーダルのままにします。デフォルトのままにします。 Web オプションが選択されている (1)、 フォーム experience composer (2) として、「 」を選択します。 デフォルトのワークスペース いいえ プロパティの制限 (3) をクリックし、 次へ (4)。

代替画像

3. A と B を定義する

  1. Adobe Analytics の エクスペリエンス アクティビティを作成する手順で、アクティビティの名前を指定し (1)、2 つ目のエクスペリエンス(エクスペリエンス B)を追加します。それには、 エクスペリエンスを追加 (2) ボタン。 A/B テストを実行するアプリケーション内の場所の名前 (3) を入力します。 次の例では、ホームページはエクスペリエンス A 用に定義された場所です(エクスペリエンス B 用に定義された場所でもあります)。

    エクスペリエンス A は、現在のホームページデザインであるコントロールを定義します。

    代替画像

    エクスペリエンス B は挑戦者を定義し、再設計されたホームページを表します。 クリックしてデフォルトのコンテンツを変更します (1)。

    代替画像

  2. エクスペリエンス B で、「 」をクリックして、次の場所からコンテンツを変更します。 デフォルトコンテンツ を選択して再設計したコンテンツに追加する JSON オファーを作成 (1) に示すように。

    代替画像

  3. フラグとして使用される属性を使用して JSON を定義し、実稼働環境の現在のホームページではなく、新しく再設計されたホームページをビジネスロジックでレンダリングできるようにします。

    note note
    NOTE
    条件 Adobe Target バケットを作成してユーザーにエクスペリエンス B(再設計されたホームページ)を表示させると、例で定義されている属性を持つ JSON が返されます。 コードでは、属性値を確認して、ビジネスロジックを実行して再設計されたホームページをレンダリングするかどうかを決定する必要があります。 この JSON 応答では、名前、値、属性の数を定義できます。

    代替画像

4.オーディエンスを追加する

最初に、常連客の再設計をテストし、ログインしているかどうかに基づいて識別できるとします。

  1. Adobe Analytics の ターゲット設定 ステップ、クリックして置き換え すべての訪問者 オーディエンスに関連付けられます。

    代替画像

  2. Adobe Analytics の オーディエンスを作成 モーダルを使用する場合は、カスタムルールを定義します。 logged-in = true. ログインしているユーザーのグループを定義します。 アクティビティでこのオーディエンスを使用します。

    代替画像

5.トラフィックの配分を設定する

新しいホームページの再設計をテストするログインユーザーの割合を定義します。 つまり、このテストを展開したいユーザーの割合を示します。 この例では、ログインしているすべてのユーザーにこのテストをデプロイする場合、トラフィックの配分は 100%のままにします。

代替画像

6.トラフィックの配分をバリエーションに設定する

ログインしているユーザーの、ホームページの現在のデザインまたは完全に新しい再設計を表示する割合を定義します。 この例では、トラフィックの配分は、エクスペリエンス A とエクスペリエンス B の間で50/50分割したままにします。

代替画像

7.レポートを設定する

Adobe Analytics の 目標と設定 ステップ、選択 Adobe Target として レポートソース アクティビティの結果を Adobe Target UI、または Adobe Analytics をクリックして、Adobe Analytics UI に表示します。

代替画像

8. KPI を追跡するための指標を追加

を選択します。 目標指標 :A/B テストを測定します。 この例では、成功したコンバージョンは、ユーザーがページの下部に到達したかどうかに基づいておこなわれ、エンゲージメントを示します。 したがって コンバージョン は、ユーザーがページ下部という名前の場所を表示したかどうかに基づいて判断されます。

9.機能フラグを使用して A/B テストを実行するコードをアプリケーションに実装する

Node.js
code language-js line-numbers
const TargetClient = require("@adobe/target-nodejs-sdk");
const options = {
  client: "testClient",
  organizationId: "ABCDEF012345677890ABCDEF0@AdobeOrg",
  decisioningMethod: "on-device",
  events: {
    clientReady: targetClientReady
  }
};
const targetClient = TargetClient.create(options);

function targetClientReady() {
  return targetClient.getAttributes(["homepage"]).then(function(attributes) {
    const flag = attributes.getValue("homepage", "feature-flag");
    // ...
  });
}
Java
code language-java line-numbers
import com.adobe.target.edge.client.ClientConfig;
import com.adobe.target.edge.client.TargetClient;
import com.adobe.target.delivery.v1.model.ChannelType;
import com.adobe.target.delivery.v1.model.Context;
import com.adobe.target.delivery.v1.model.ExecuteRequest;
import com.adobe.target.delivery.v1.model.MboxRequest;
import com.adobe.target.edge.client.entities.TargetDeliveryRequest;
import com.adobe.target.edge.client.model.TargetDeliveryResponse;

ClientConfig config = ClientConfig.builder()
    .client("testClient")
    .organizationId("ABCDEF012345677890ABCDEF0@AdobeOrg")
    .build();
TargetClient targetClient = TargetClient.create(config);
MboxRequest mbox = new MboxRequest().name("homepage").index(0);
TargetDeliveryRequest request = TargetDeliveryRequest.builder()
    .context(new Context().channel(ChannelType.WEB))
    .execute(new ExecuteRequest().mboxes(Arrays.asList(mbox)))
    .build();
Attributes attributes = targetClient.getAttributes(request, "homepage");
String flag = attributes.getString("homepage", "feature-flag");

10.機能フラグを使用して A/B テストをアクティブ化する

代替画像

recommendation-more-help
6906415f-169c-422b-89d3-7118e147c4e3