支援技術のサポート assistive-technology-support

すべてのビューアコンポーネントは、ARIA(アクセシブルなリッチインターネットアプリケーション)の役割と属性をサポートし、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーとの統合を強化します。

最上位レベルのビューア要素には、デフォルトでビューア名に設定されている役割regionaria-label属性があります。 ラベルはContainer.LABELローカリゼーション記号で制御できます。

ボタンには、役割buttonと、aria-label属性で設定された説明テキストが含まれます。 aria-label属性の値は、ボタンのローカライゼーション記号の値から設定されます。 ボタンが無効になると、それに応じてaria-disabled属性が設定されます。

メインビューには役割applicationがあります。 メインビューの簡単な説明は、 aria-roledescriptionに、対応するメインビューコンポーネントのROLE_DESCRIPTIONローカライゼーション記号で定義された値と共に提供されます。 キーボードユーザーのナビゲーションヒントは、aria-describedbyを使用して提供されます。使用ヒントのテキストは、USAGE_HINTローカライゼーション記号から取得されます。 アセットのUserDataフィールドにラベルが定義されている場合、aria-label属性にはそのラベルの値が設定されます。

ホットスポット、領域、および画像マップには、役割buttonaria-label属性で設定された説明テキストが割り当てられ、ホットスポットまたは画像マップラベルの値が割り当てられます。 ユーザーがホットスポットや画像マップにフォーカスを置くと、キーボードユーザーのナビゲーションヒントがaria-describedbyを使用して提供され、使用ヒントのテキストはUSAGE_HINTローカライゼーションシンボルから取得されます。

サムネールには、ThumbnailGridView.LABELローカライゼーションシンボルで制御されるdialog属性が付いた役割aria-labelがあります。 個々のサムネールには役割buttonがあります。 サムネールを選択すると、aria-selected属性がtrueに設定されます。

スウォッチを表示するコンポーネントの役割listboxは、aria-label属性がそのコンポーネントのLABELローカライゼーションシンボルの値に設定されています。 個々のスウォッチには、セット内のスウォッチの位置を表すoption属性とaria-setsize属性が割り当てられています。 aria-posinsetスウォッチを選択すると、aria-selected属性がtrueに設定されます。

ドロップダウンリストは、追加のaria-haspopup属性がtrueに設定されたボタンと、実際のドロップダウンパネル要素を参照するaria-controls属性を持つボタンによってアクティブ化されます。 ドロップダウンパネル自体には、役割menuが割り当てられ、役割menuitemを持つサブ要素が割り当てられます。 各メニュー項目には、aria-label属性が指定されています。

検索ユーザーインターフェイスは、役割searchを持つ要素内にグループ化されます。 検索入力フィールドは役割searchboxを持ち、aria-describedby属性を持つSearchPanel.INFO_PROMPTローカリゼーションシンボルによって制御される情報ラベルを参照します。

モーダルダイアログボックスには、役割dialogがあります。 ダイアログボックスのヘッダー要素はaria-labelledby属性で参照されます。

recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8