ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーション localization-of-user-interface-elements

スピンビューアに表示されるコンテンツには、ズームボタンやフルスクリーンボタンなど、ローカライゼーションの対象となるものもあります。

ビューア内のテキスト内のローカライズ可能なコンテンツは、SYMBOL と呼ばれる、特別な Viewer SDK 識別子で表されます。 SYMBOL には、英語のロケール ( "en") には、標準のビューアが付属しています。 また、必要な数のロケールに対して、ユーザ定義の値を設定することもできます。

ビューアが起動すると、現在のロケールがチェックされ、ロケールでサポートされる各シンボルに対してユーザ定義の値があるかどうかが確認されます。 ある場合は、ユーザー定義の値を使用します。それ以外の場合は、標準のデフォルトテキストにフォールバックされます。

ユーザ定義のローカリゼーションデータは、ローカライゼーション JSON オブジェクトとしてビューアに渡すことができます。 このようなオブジェクトには、サポートされるロケールのリスト、各ロケールの SYMBOL テキスト値、およびデフォルトロケールが含まれます。

このようなローカライゼーションオブジェクトの例を次に示します。

{
"en":{
"CloseButton.TOOLTIP":"Close",
"ZoomInButton.TOOLTIP":"Zoom In"
 },
 "fr":{
"CloseButton.TOOLTIP":"Fermer",
"ZoomInButton.TOOLTIP":"Agrandir"
},
defaultLocale:"en"
}

上記の例では、ローカリゼーションオブジェクトで 2 つのロケール ( "en" および "fr") を参照し、各ロケールで 2 つのユーザーインターフェイス要素のローカライゼーションを提供します。

Web ページコードでは、ローカリゼーションオブジェクトをの値としてビューアのコンストラクターに渡す必要があります。 localizedTexts 設定オブジェクトのフィールド。 別のオプションとして、 setLocalizedTexts(localizationInfo) メソッド。

次のシンボルがサポートされています。

記号
ツールチップの表示…
Container.LABEL
トップレベルのビューア要素の ARIA ラベル。
SpinView.ROLE_DESCRIPTION
メインビューコンポーネントの ARIA ロールの説明。
SpinView.USAGE_HINT
ARIA キーボードユーザー向けの使用ヒント。
CloseButton.TOOLTIP
「閉じる」ボタン。
ZoomInButton.TOOLTIP
ズームインボタン。
ZoomOutButton.TOOLTIP
ズームアウトボタン。
ZoomResetButton.TOOLTIP
ズームのリセットボタン。
FullScreenButton.TOOLTIP_SELECTED
フルスクリーンボタン(通常の状態)
FullScreenButton.TOOLTIP_UNSELECTED
フルスクリーン状態のフルスクリーンボタン。
PanLeftButton.TOOLTIP
左にスピンボタン。
PanRightButton.TOOLTIP
右へスピンボタン。
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8