getComponent getcomponent

ビデオビューアの JavaScript API リファレンス

getComponent(componentId)

ビューアで使用される Viewer SDK コンポーネントへの参照を返します。 Web ページでは、この方法を使用して、標準提供ビューアの動作を拡張またはカスタマイズできます。 このメソッドを呼び出すのは、 initComplete ビューアのコールバックが実行された。実行されなかった場合、ビューアのロジックによってコンポーネントがまだ作成されていない可能性があります。

パラメータ section-4fb77a645fdd45b3aaa5079c31e3bb05

*componentID* - {String} ビューアで使用されるビューア SDK コンポーネントの ID。 このビューアでは、次のコンポーネント ID がサポートされています。

コンポーネント ID
ビューア SDK のコンポーネントのクラス名
parameterManager
s7sdk.ParameterManager
コンテナ
s7sdk.common.Container
mediaSet
s7sdk.set.MediaSet
zoomView
s7sdk.image.ZoomView
スウォッチ
s7sdk.set.Swatches
setIndicator
s7sdk.set.SetIndicator
zoomInButton
s7sdk.common.ZoomInButton
zoomOutButton
s7sdk.common.ZoomOutButton
zoomResetButton
s7sdk.common.ZoomResetButton
fullScreenButton
s7sdk.common.FullScreenButton
closeButton
s7sdk.common.CloseButton

SDK API を操作する場合は、「完全修飾 SDK 名前空間を使用する」が重要です ( Viewer SDK の名前空間.

特定のコンポーネントについて詳しくは、 Viewer SDK API のドキュメントを参照してください。

戻り値 section-1d3cf85bc7cc4dfe9670e038d02b9101

{Object} — ビューア SDK コンポーネントへの参照。 メソッドはを返します。 null ( componentId はサポートされていないビューアコンポーネントです。または、ビューアのロジックによってコンポーネントがまだ作成されていない場合も同様です。

section-9e9332aa86b74a5fb321375c03fdc5b3

<instance>.setHandlers({
 "initComplete":function() {
  var zoomView = <instance>.getComponent("zoomView");
}
})
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8