処分する dispose

Video360 ビューアの JavaScript API リファレンス。

dispose()

ビューアのロジックで使用されるすべてのリソースを解放し、ビューアが実行時に作成した内側のオブジェクトとコンポーネントをすべて削除して、このビューアインスタンスを破棄します。

また、Web ページコードでビューアのインスタンス変数を削除して、Web ブラウザーのメモリからビューアを完全に削除する必要があります。

Web ページコードで、ビューアが使用するビューア SDK コンポーネントに直接イベントリスナーが登録されている場合、またはそのようなコンポーネントへの外部参照が格納されている場合は、Web ページコードによって明示的に登録解除する必要があります。 また、dispose() を呼び出す前に、このような外部コンポーネント参照を削除する必要があります。

dispose() の呼び出し後は、ビューア API にアクセスしないでください。

パラメータ section-ad069aaaf4f145f2b50ae5ac89ca1ed2

なし

戻り値 section-1d3cf85bc7cc4dfe9670e038d02b9101

なし

section-9e9332aa86b74a5fb321375c03fdc5b3

<instance>.dispose()
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8