setAsset setasset

インタラクティブビデオビューアの JavaScript API リファレンス。

setAsset(asset[, data])

新しいアセットとオプションの追加アセットデータを設定します。 このパラメーターは、いつでも(前後に)呼び出すことができます init(). 次の後に呼び出された場合: init()を指定した場合、ビューアは実行時にアセットを入れ替えます。

関連トピック init.

asset
{ 文字列 } 個の新しいアセット ID。
データ

{ JSON } 次のオプションフィールドを含む JSON オブジェクト(大文字と小文字が区別されます):

  • 事後的な — ビデオの再生開始前の最初のフレームに表示する画像。 詳しくは、 VideoPlayer.posterimage.
  • caption — 新しいキャプションファイルの場所。 指定しなかった場合、キャプションボタンはユーザーインターフェイスに表示されません。
  • ナビゲーション - WebVTT ナビゲーションコンテンツの URL またはパス。 WebVTT ファイルは画像サービングから提供される必要があります。
  • interactiveData - WebVTT インタラクティブデータコンテンツの URL またはパス。 WebVTT ファイルは画像サービングから提供される必要があります。

戻り値 section-1d3cf85bc7cc4dfe9670e038d02b9101

なし

section-9e9332aa86b74a5fb321375c03fdc5b3

<instance>.setAsset("/content/dam/mac/aodmarketingna/dm-viewers-content/video/Glacier.mp4")
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8