フルスクリーンボタン full-screen-button

ユーザーが選択した場合に、ビューアがフルスクリーンモードに入るか、終了します。 ビューアがポップアップモードで動作し、システムがネイティブのフルスクリーンをサポートしていない場合、このボタンは表示されません。 CSS を使用して、このボタンのサイズ、スキン、および配置を設定できます。

メインビューア領域の CSS プロパティ

ボタンの外観は、以下の CSS クラスセレクターを使用して制御します。

.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton
CSS プロパティ
説明
トップ
パディングを含む上の境界線からの位置。
パディングを含む右の境界線からの位置。
パディングを含む左の境界線からの位置。
パディングを含む下の境界線からの位置。
width
ボタンの幅。
height
ボタンの高さ。
background-image
ボタンの特定の状態に対して表示される画像。
background-position

CSS スプライトを使用する場合は、アートワークスプライト内に配置します。

詳しくは、 CSS スプライト.

NOTE
このボタンは、 state および selected 属性セレクター。ボタンの状態ごとに異なるスキンを適用するのに使用できます。 特に selected='true' 「フルスクリーン」状態に対応し、 selected='false' は、「通常」の状態に対応します。

ボタンのツールチップはローカライズできます。 詳しくは、 ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーション を参照してください。

例 — 32 x 32 ピクセルで、ビューアの上および右端から 6 ピクセルの位置に配置するフルスクリーンボタンを設定するには、次のように記述します。 選択時と未選択時の 4 つのボタンの状態ごとに異なる画像を表示する必要があります。

.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton {
top:6px;
right:6px;
width:32px;
height:32px;
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='up'] {
background-image:url(images/enterFullBtn_up.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='over'] {
background-image:url(images/enterFullBtn_over.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='down'] {
background-image:url(images/enterFullBtn_down.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='false'][state='disabled'] {
background-image:url(images/enterFullBtn_disabled.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='up'] {
background-image:url(images/exitFullBtn_up.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='over'] {
background-image:url(images/exitFullBtn_over.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='down'] {
background-image:url(images/exitFullBtn_down.png);
}
.s7basiczoomviewer .s7fullscreenbutton [selected='true'][state='disabled'] {
background-image:url(images/exitFullBtn_disabled.png); }
}
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8